2021年03月29日

鹿島本館が解体される【福岡市初の国の登録有形文化財!】

福岡市博多区冷泉町。
櫛田神社の参道沿いに建つ「鹿島本館」。

2006年12月、福岡市内の建造物では初めて、国の登録有形文化財の指定を受けています。
大正末期から昭和初期に旅館建物として建てられた数寄屋造りの建物3棟が、その指定対象です。

コロナ禍前は、内装や中庭などが、外国人観光客の宿泊先としても好評を博していました。全盛期は修学旅行生なども宿泊に利用していたそうですね。
なによりも、宿泊代金も比較的リーズナブルだったからそうですが…。



自分は何度も近くを通るのですが、久しぶりに通ると…白い防音シートで覆われていました。
付随する「コーポ鹿島」が解体され、「鹿島本館」も、一部分がすでに解体が進んでいました。




▼現場に貼られている書類の写しをみると、解体工事のようです。


3月16日からとあるので、まだ2週間弱しか経っていませんね。
突然のことにちょっと驚きです。



▼昨年撮影した鹿島本館



▼「国の登録有形文化財」の銘板



コロナ禍で経営悪化でしょうか。改装工事だとしても配慮はすると思いますよね。
それに、その建築に係わる旨の看板が立つはずですものね。

ここ数年、全国各地の国の登録有形文化財も同じように解体されることが続いています。
やはり、建物の老朽化、後継者がいなかったり、もっとも修繕など維持費などもかかります。何より、いまはコロナ禍…。


繰り返しになりますが、福岡市で初めての国の登録有形文化財に指定された建造物だけに、建物だけは残してしてほしかったですが…ただただ残念です。



☆ 福岡市博多区冷泉町3-11  


Posted by けいたん at 10:00撮影地域情報博多コネクティッド

2019年12月23日

【博多コネクティッド】西日本シティ銀行本店ビルが建て替えへ!

福岡市が推進する、博多駅の活力と賑わいをさらに周辺につなげていくプロジェクト「博多コネクティッド」。


その「博多コネクティッド」において、博多駅前の一等地に位置する西日本シティ銀行本店ビルが建て替えられることが、同銀行から発表されました。




いやぁ~びっくりですね~。
西日本シティ銀行本店ビルは、磯崎新氏によるデザイン、設計で1971年に竣工しました。
ということは、博多駅が現在地に移転した当初は、まだ更地だったのですねぇ。
とてつもなくデカイ建物として見ていましたが…いつしか博多駅(現在の4代目の駅ビル)より小さく感じるまでに…。


そして、建物の老朽化による耐震対策等の大規模改修も必要としている時期に差し掛かっていましたが、まさか建て替えを発表するとは思いもしませんでした。
また、大博通りに面する別館ビル(同銀行福岡支店)と、隣接する事務本部ビルも建て替えも実施されるそうです。


発表された内容によれば、まず、2020年6月頃に現本店ビルの解体に着手し、2022年7月頃に新本店ビル着工→2025年2月頃に新本店ビル竣工とのこと。
その後2025年5月頃に別館ビルと事務本部ビルの解体に着手、2028年9月頃にその跡地に新ビルが竣工という流れになっています。

来年上半期には早速動くとは…思ったより早いですね。


また現本店ビルの意匠については、一部を移設・保存する予定だそうです。モニュメントやらもありますから、それを新しい本店ビルでも見れたらいいですよね。


博多コネクティッドでは、他にも、博多区役所の建て替えや福岡東合同庁舎の再開発、博多駅筑紫口の再整備なども進んでいきますね。  


Posted by けいたん at 10:00撮影地域情報博多コネクティッド