2019年07月12日

博多祇園山笠2019(#4)中洲流の他流舁き

7月11日、他流舁きが行われました。

中洲流は例年通り15時からはじまり、櫛田入りの練習を2回行います。




コースも例年と同じなので、山留め地点での2回目の撮影後は先回り。大博通りに出るのに5分くらいですね。実際には交通規制がしっかりとあるのでもっと早くに到達できるものと思われます。



そして、さらに先回りして、御供所通りと疎開道路の交差地点へ。



約1時間かけて、中洲流のスタート地点へと戻ってきました。


中洲流の太鼓。間近で見るのは初めてかもです。


昭和27年と刻まれていることからも、中洲流発足間もないころですね。半世紀以上もこの太鼓を大事にしているのですねぇ。(中洲流が山笠に参加したのは昭和24年からです)
井上貴博相談役(衆議院議員)の祖父・井上吉左衛門さん(博多祇園山笠振興会の二代目会長)やふくやの創業者の川原俊夫さん等の名前も刻まれています。


そうそう、今年も小松政夫さんの姿も見かけましたばい。元気でしたばい。
親分は、今年の集団山見せで台上がりを務められます。(もちろん中洲流ですたい)  


2019年07月11日

博多祇園山笠2019(#3)中洲流の流舁き

7月10日、博多祇園山笠は、静から動へ…『流舁き』が行われました。
数年ぶりに雨中の流舁きとなりました。今年は梅雨入りも遅かったですし、まあ仕方ないかなとも言えます。

中洲流では例年通り、16時にはじまりました。





宮総代の旗も、令和仕様に(^^)




ちなみに、中洲流では、昨年の集団山見せで台上がりを務められた、作家の辻仁成さんの原作ならびに監督を務められる映画『真夜中の子供』の撮影も並行して行われていましたので、撮影スタッフもたくさんでした。
辻さんの姿ももちろん見られました。


雨中の撮影お疲れ様です(..)

もしかしたら、どこかで映ってしまっているかも…。  


2019年01月15日

イムズと石村萬盛堂本店の建て替え(201901)

んちゃー!( ^ω^)ノ

2019年に入って、福岡で大きなニュースが飛び込んできましたね。


まず、福岡の中心地・天神の一等地に建つ「イムズ」が、2021年度に閉館し、新たな商業ビルに建て替えられるという話。

地元ニュースでは速報としても伝えられました。その衝撃度はとてつもなく大きかったです。
それもそのはず、イムズができたのは、天神流通戦争が勃発した1989年、30年前のことでした。



イムズは“InterMedia Station”の略称。
文字通り、ライブや落語などが行われるイムズホールをはじめ、三菱地所アルティアム、かつては福岡市情報プラザ(現在は福岡市役所1階に移転)などもありました。
さらに、三菱電機でしか製造されていない日本に数十台しかないスパイラルエスカレーターがあるなど、バブリーな時代が残されているのも特筆すべきところでしょう。

FBS福岡放送で夕方放送される「めんたいワイド」でも、以前は定点中継として使われていましたし、懐かしい思い出が詰まっていますね。

また、天神愛眼ビルが隣接して完成。外観に一体感を持たせて調和も保たれていました。(実は、天神愛眼ビルは当初の計画では違うデザインだったというから興味深い。)

福岡市が進める天神ビッグバンにより、すでに福岡ビル(今年3月末)と天神コアも閉館、建て替えが決まっていますが、完成して30年弱のイムズまでもその流れに乗るとは思ってもいませんでした。なお、天神愛眼ビルがどうなるかは不明です。



もうひとつ。
博多区須崎町。博多祇園山笠の追い山の廻り止め地点(決勝点)にある、石村萬盛堂の本店。




同店が昨日(1月14日)で一時閉店となりました。
こちらもまた、9階建てのビルに2年後の完成を目指して建て替えられるとのこと。建物の老朽化だそうです。外観からはそう見えませんがね…。

昨年まで本店の2階で行われていた、山笠の追い山タイムの計測は継続されるということで一安心。

かつては、コメディアンになる前の小松政夫さんが働いていたことでも有名で、その当時としては破格の給料をもらっていたという。そういう縁もあり、かつては、同名物の一つ、塩豆大福のコマーシャルに出演されるなどしていましたね。

石村萬盛堂はもともと、当地の近くにあった、明治の喜劇王で名を馳せた川上音二郎の生家のあったところで創業。
いまでは、先述のとおり、博多祇園山笠の追い山の廻り止め地点としても知られる場所にあります。

また、ホワイトデーの発祥とも言われています。

新しく建て替えられるビルには、博多の文化などに触れられる施設も出来るという計画があります。
ここ数年でまた移り変わりゆく博多の町で、昔ながらの博多の良さも発信してほしいものですね。

なお、建て替えに伴い、本店にかわる店舗は、2月に土居通りに出来るとのことです。


ばいちゃー!(^ω^)  


2018年02月06日

川端商店街に山小屋の形をした多言語の案内看板がお目見え

まもなく、中国などでは春節がやってきます。日本でいうお正月ですね。
といっても、福岡はクルーズ船が定期的に寄港して外国人観光客を毎日見かけるので、実感が薄いですけどね。


春節を控えて、福岡市博多区の川端商店街に、多言語の案内看板が設置されました。
英語、韓国語、中国語によるの説明と、パンフレットが置かれています。日本語では説明をすこしだけ触れていただけなので、いかに外国人観光客向けというのがわかります。



ちなみに、川端商店街では、通行客の約1割が外国人観光客ということで、こうした案内看板を設置するとともに、フリーWi-Fiスポット(『Fukuoka City Wi-Fi』が利用可)の整備も実施されたそうです。ますます国際化ですね。


ところで、この案内看板、ちょっと一風変わった形をしていることに気づかれましたか?




そう!
博多祇園山笠で見かける、飾り山の山小屋の形をしています!(^o^)

造りもしっかりしています。足元は滑車がつけられているので、移動も楽です。(^^;;

春節は、思い思い楽しんでほしいですね。
  


2017年07月12日

博多祇園山笠2017(#3)中洲流の他流舁き(2017711)

博多祇園山笠。舁き山が動き出して2日目。
昨日は昼過ぎから、中洲流、千代流、大黒流、東流で、順次、他流舁きが行われました。

中洲流では櫛田入りの練習が3回あり、清道を廻って、祝いめでたも3回歌われました。

平日ということもあり、先導の子どもたちは少なめです。


1回目と3回目は井上博行さん、2回目は井上貴博総務と、兄弟で棒さばきというのも、他流舁きならではの見ものでした。






境内で小松親分を見かけました。ついでに華丸さんもその後の道中で見かけましたが撮影できず。
山笠はこれがあるからいいんですよね。(^^)


(小松さん、白髪が増えられた印象を受けます。)

3回目の櫛田入りのあとは、このまま町へ繰り出しました。
  


2017年07月11日

博多祇園山笠2017(#2)中洲流の流舁き(2017710)

まず、朝倉市や東峰村、日田市他で先週発生した豪雨災害の御見舞い申し上げます。
日田祇園の曳山行事は中止が決まりましたが、博多祇園山笠は台風が来ようと中止になることはありません。きっと、勇気づけられると思っています。

…………

博多祇園山笠は、『静』から『動』へ。
昨日は夕方から各流で流舁きが行われました。

今年の一番山笠である中洲流も、例年通り、16時からスタートしました。

年々、舁き山の人形に圧倒と迫力を感じられますが、今年も見ごたえがあります。








今日は、15時から他流舁き。中洲流では、道中で、櫛田入りの練習が行われる予定になっています。
今年は祝いめでたを歌うために時間に余裕があるといっても、練習はいつも通りでかわりはないことでしょう。

ユネスコ無形文化遺産に指定されて初めて行われる博多祇園山笠。(5月の特別巡行を除く)
今年は、15日の追い山が土曜日にあたるため、多くの人出も予想されます。余裕を持っていきたいですね。  


2017年07月01日

博多祇園山笠2017(#1)舁き山一覧(掲載完了)

2017年度の博多祇園山笠の舁き山笠一覧です。
撮影次第、随時更新していきます。(^^)


一番山笠 中洲流
「一喝百雷如」(いっかつひゃくらいのごとし)


二番山笠 西流
「肥後虎不屈逆境」(ひごのとらぎゃっきょうにくっせず)



三番山笠 千代流
「天晴継承譽之鬼退治」(あっぱれけいしょうほまれのおにたいじ)



四番山笠 恵比須流
「三級浪高魚化龍」(さんきょうなみたかくしてうおりゅうとかす)



五番山笠 土居流
「決戦大江山」(けっせんおおえやま)



六番山笠 大黒流
「神威佛光契」 (じんいぶっこうのちぎり)



七番山笠 東流
「○△□宏仁照花」(まるさんかくしかくこんじんははなをてらす)



八番山笠 上川端通
(表) 「決戦俱利伽羅峠」(けっせんくりからとうげ)


(見送り) 「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」(スター・ウォーズ さいごのジェダイ)




7/1 中洲流、上川端通をアップしました!
7/4 東流をアップしました!
7/8 西流、土居流、大黒流をアップしました!
7/9 千代流、恵比須流をアップしました!  


2016年12月22日

春吉橋の架け替え工事(#5)2016年3月~8月編

春吉橋架け替え工事レポート。今回は今年3月から8月までをお伝えします。

2016年5月5日






2016年6月8日
中央部の橋脚が完成に近づいています。周囲の鋼板の撤去作業も進んでいました。




2016年6月18日
中央部の橋脚はほぼ完成。
建設の足場の撤去作業が進んでいました。







2016年6月30日


2016年8月22日
今後、この上に路面部が架けられることになりそうです。




ここから数ヵ月は、作業もありませんでした。  


2016年12月20日

春吉橋の架け替え(#4)2016年2月~4月編

春吉橋架け替え工事レポート。今回は今年2月から4月までをお伝えします。
解説はいらないかもしれませんが。(^^;

2016年2月14日
川底の地中深くの柱の部分の築造がはじまっています。







2016年2月26日


2016年3月8日
柱の部分はほぼ完成したのか、橋脚部分の築造に着手です。川の水が流れ込まないよう、周囲が鋼板でせき止められてのがわかります。




2016年4月8日
橋脚部分に沿って無数の鉄骨がとげが生えたように露出、埋め込まれています。これからコンクリートが流し込まれることでしょう。






  


2016年12月19日

春吉橋の架け替え(#3)2015年12月~2016年1月編

春吉橋架け替え工事レポート。1年以上ぶりですが、その間にも時間を見つけて撮影してまいりました。ついでにカテゴリーも追加。(^^)

今回は昨年12月から今年1月までに撮影した写真をピックアップして紹介していきますー。(^^)


2015年12月7日
このときは、クレーン用の足場が組まれているようでした。




2015年12月12日




2015年12月26日
仮設橋の真ん中の橋脚の架設工事を前にして、周囲を鋼板で覆う作業が進んでいます。



2016年1月3日



2016年1月14日
鋼板で覆う作業はもうすぐで完了といったところです。


2016年1月30日
橋脚の架設工事がはじまっているようでした。



こうしてみると、あっという間に過ぎていくものですね。  


2015年11月22日

春吉橋の架け替え(#2_20151121)

今月から始まった、春吉橋の架け替え工事。現在、仮橋の建設が着実に進んでいます。

昨日(11月21日)、通りがかったときには、西中洲側から着手しているのを確認。

高玉(割烹料理屋)の前、かつては雪印の広告塔(かなり前に撤去済みw)があったところにクレーン車が止まっていて、橋脚部の基礎(鉄骨)を築造していました。







那珂川には資材台船も横付けされています。







おまけ☆

今月はじめ(11月5日)に撮影した写真も。ほぼ同一地点からです。




しかしまあ、1ヶ月も経たぬうちに、見慣れた風景も一変するものですねぇ。
  


2015年10月26日

春吉橋の架け替え(#1_2015101)




福岡市の国道202号線、天神と中洲を結ぶ、那珂川に架けられている『春吉橋』が今月下旬から架け替え工事に入ります。



春吉橋は昭和36年に完成した、国道202号線が通る4車線道路。
河口から近く、損傷や塩害が進んでいるほか、基礎の部分が木の杭でできているということで、大地震では耐えられないおそれもあるとされています。
また、橋脚の間隔も狭く、川幅も狭いことから、大雨で那珂川が氾濫する原因になるともされています。




工事ではまず、迂回路となる仮設の橋の建設からはじめなければなりませんが…。ただでさえ福岡市の東西を往く幹線道路。果たしてどうなることやら。

今後の計画では、新しい春吉橋の完成後も仮設の橋をそのまま残して、水上広場として整備するとされています。

新しい春吉橋は、平成32年度の完成を目指して工事が進められていくこととなりそうです。
一方、地下では地下鉄のトンネル掘削工事と、同時並行する感じですね。
仮設の橋の建設にともない、春吉橋そばにあった西中洲の屋台数軒は、今月から那珂川沿いの清流公園南側に移転済みです。



猿田彦大神と庚申塔、紀元二千六百年記念碑はどこかへ移設されるのだろうか…。

  


2015年04月03日

菜種梅雨の中休みもやっぱりサクラ

菜種梅雨の中休みとなった昨日、福岡は夏日になり、汗ばむ陽気でした。(^^;
貴重な晴れ間のお花見日和となったでしょうね。


福岡市役所の食堂で昼食をとったあと、アクロス福岡のステップガーデン(アクロス山)を登ることにしてみました。
平日は頂上部の展望台は開放されていませんが、その手前まで行けます。




ひと休みしたあと下山。
中腹あたりで、眼下の天神中央公園のソメイヨシノ並木道が見渡せます。

彩度をいじるとよりいっそう綺麗ですね。


さらに下りていくと。見る高さでこんなに違うのですね。




所用のあと、中洲の清流公園へ。
こちらにもソメイヨシノがあります。





川岸には色とりどりのチューリップが植えられていて、春らしさを演出しています。



今日からふたたび雨予報。
こうして撮れるのも最後かなとおもいます。  


2015年03月09日

佐渡たらい舟が博多川に浮かぶ

おととい、昨日の2日間、博多区の博多川において、新潟県佐渡市(佐渡島)のたらい舟の試乗イベントが、新潟の物産キャンペーンの一環で行われました。




たらい舟が考案されたのは明治の始めごろ。洗濯桶から改良に改良を重ねて、現在のたらい舟になったといわれています。
小舟より安定感があり、小回りがきき自由に操作できるように考案されたのがはじまり。
ワカメやサザエ、アワビ採りのために、現在も漁船として使われているそうです。





今回福岡で試乗に使われたものは、少し小ぶりとのことですが、女性の船頭さんと大人が3人乗っても大丈夫。(^^)


実際に乗ってみると、たしかに前後左右に揺られるのですが、沈むこともなく。オールが欠かせない理由も何となくわかる気がします。

ギリギリ…(^^;



ふとおもったのですけど、博多座の六月歌舞伎の前に行われる船乗り込みで歌舞伎役者陣は、こんな感じで眺めているんでしょうね。(船乗り込みは屋形船ですけどね。)


観光の役目として、いつまでも残してほしいものです。  


Posted by けいたん at 09:00イベント関連福岡市博多区中洲

2015年02月19日

花関ビルからプラート中洲へ

福岡の方、主に、明治通りを通って、中洲方面を通過されている方はご存じでしょうけど、大正期に建てられた『花関ビル』。
花関ビルは2012年に解体されて、その跡地はいったんは更地になっていましたが、昨年、その跡地に、『prato NAKASU (プラート中洲)』というビルが建てられました。

10階建てで、主に飲食店が入居できるテナントビルになっています。

1階には、イートインスペースもあるファミリーマートが、昨年秋にオープンしています。

それ以外はまだテナント募集中なのか、寂しい状況…。




これからの発展を見守るしかなさそうです。(^^)



▼在りし日の花関ビル (過去記事からの再掲(^^; )


  


Posted by けいたん at 09:00福岡市博多区中洲

2013年10月06日

中洲まつりに福岡黒田武将隊

さて、一昨日の中洲まつりの、ホテルリソル前のステージ。
ここでは、演歌やカラオケ大会などが行われました。

そのステージに、8月に結成された『福岡黒田武将隊』が見参!

2014年大河ドラマ「軍師官兵衛」と福岡市を盛り上げていくために結成されました。
そんな神出鬼没の福岡黒田武将田隊が、見事な演舞を披露してくれました。





出没情報などは、ホームページをチェック。
日頃は、福岡城にいるmという目撃情報もあるみたい。
神出鬼没やけんのぅ。w


動画ではアップしていませんが、時々、3人の会話のリズムがグタグタになり、そこもまた面白いです。(^^;

カメラを写真機、Twitterをつぶやき、Facebookは顔本…
懸命に、日本語に直そうとする努力も…(^^;


ステージに上がる前にパチリ!いやー、カッコイイ。



左から)黒田長政、黒田官兵衛、銀次の3人

ん?銀次ってだれ?w
ここだけの話、黒田家を慕う架空の人物だそう。



前回は昼に見かけたので、夜はまた違った表情に。

頑張ってほしいでございまする!(^^)  


Posted by けいたん at 09:00福岡市博多区中洲

2013年10月05日

中洲まつりの中洲國廣女みこし

昨日と今日の2日間、福岡の繁華街・中洲地区で行われている『中洲まつり』。
今年で38回を迎えます。


そんな、中洲まつりのメインといっていいのが
『中洲國廣女みこし』ですね。(^^)






『國廣』とは、中洲の商売繁昌を祈願する國廣神社から名前を授かったもの。

そこから『國廣女みこし』として、博多祇園山笠に対抗して創設されたもの。
毎年初秋のこの時期に、総勢500名の女性たちが神輿を担いで、中洲地区を練り歩きます。


今年も多くの女性が参加されました。

山笠ののぼせもんもよかけど、みこしの女性たちもよかねぇ!


スタート地点の國廣神社前~途中カットしてw~清流公園まで密着しました。(^^;


神輿が上がる瞬間は、担いでいる女性たちはもちろん、台上がりしている女性も緊張そのもの!





『ソイヤ!』の掛け声で進んでいきます。


動画で見てもらうと、わかると思います。(^^)






見ていて、カッコイイですねぇー!(^-^)/
いつまでも継承していただきたいものです。  


Posted by けいたん at 09:00福岡市博多区中洲

2012年12月11日

花関ビルのいま(#2)

花関ビル近況。

前回からしばらく経ち……




花関ビルは解体作業がほぼ終了し、今までベールに包まれていた中洲大洋ビルの裏側が、あらわに。
千曲家の明太子の巨大看板があるビルとは屈折する形で連なっていたのですかね?

歴史ある敷地だけに、跡地の活用も気になります。  


Posted by けいたん at 09:00福岡市博多区中洲

2012年09月08日

花関ビルのいま





花関ビルのいま…。

これまで進展はなかったものの、いつしかホームレスが立ち退き、足場が組まれて、気づいたときには、ご覧のような感じになりました。

明らかに解体作業と見られますが、周囲に隣接する建物が密集しているためか、はっきりとわかりません。


歴史ある建造物がなくなってしまうのは、さびしいですね。  


Posted by けいたん at 09:00福岡市博多区中洲

2012年05月07日

川端商店街に七夕飾り(#2)




今年もまた、川端商店街に仙台から七夕飾りが飾られています。
いまのところ、リバレイン側でのみの取り付けを確認できました。

商店街に風が通るたびに、七夕飾りもふわりと揺られて、気持ちいいんです。


どんたく隊も昨年に引き続き、パレードに参加されていましたね。


東北の被災地は、復興に向けて、未だに作業が行われています。
ともに頑張っていきましょう。  


Posted by けいたん at 09:00福岡市博多区中洲