2021年03月29日

鹿島本館が解体される【福岡市初の国の登録有形文化財!】

福岡市博多区冷泉町。
櫛田神社の参道沿いに建つ「鹿島本館」。

2006年12月、福岡市内の建造物では初めて、国の登録有形文化財の指定を受けています。
大正末期から昭和初期に旅館建物として建てられた数寄屋造りの建物3棟が、その指定対象です。

コロナ禍前は、内装や中庭などが、外国人観光客の宿泊先としても好評を博していました。全盛期は修学旅行生なども宿泊に利用していたそうですね。
なによりも、宿泊代金も比較的リーズナブルだったからそうですが…。



自分は何度も近くを通るのですが、久しぶりに通ると…白い防音シートで覆われていました。
付随する「コーポ鹿島」が解体され、「鹿島本館」も、一部分がすでに解体が進んでいました。

鹿島本館が解体される【福岡市初の国の登録有形文化財!】


▼現場に貼られている書類の写しをみると、解体工事のようです。
鹿島本館が解体される【福岡市初の国の登録有形文化財!】

3月16日からとあるので、まだ2週間弱しか経っていませんね。
突然のことにちょっと驚きです。



▼昨年撮影した鹿島本館
鹿島本館が解体される【福岡市初の国の登録有形文化財!】


▼「国の登録有形文化財」の銘板
鹿島本館が解体される【福岡市初の国の登録有形文化財!】


コロナ禍で経営悪化でしょうか。改装工事だとしても配慮はすると思いますよね。
それに、その建築に係わる旨の看板が立つはずですものね。

ここ数年、全国各地の国の登録有形文化財も同じように解体されることが続いています。
やはり、建物の老朽化、後継者がいなかったり、もっとも修繕など維持費などもかかります。何より、いまはコロナ禍…。


繰り返しになりますが、福岡市で初めての国の登録有形文化財に指定された建造物だけに、建物だけは残してしてほしかったですが…ただただ残念です。



☆ 福岡市博多区冷泉町3-11



同じカテゴリー(撮影)の記事
 【ランパスdeランチ】桜家 (2021-04-15 10:00)
 【ランパスdeランチ】月婷 (2021-03-24 10:00)
 【ランパスdeランチ】担々麺 あづま屋 (2021-03-11 10:00)
 新生飯店に新天町倶楽部その他deランチ! (2021-03-07 10:00)
 櫛田会館は○○の跡地だった!山笠が東長寺前を通る理由もここから! (2021-02-06 10:00)
 櫛田神社の節分豆配りと櫛田会館の改築(20210203) (2021-02-05 10:00)