2021年02月05日

櫛田神社の節分豆配りと櫛田会館の改築(20210203)

2021年2月3日。天気は晴れ。風は冷たし。

例年、節分大祭で年男年女らによる豆まきが行われる櫛田神社ですが、今年はコロナ禍により中止となりました。。

その代わり、参拝者に節分豆の配布が清道内で行われ、氏子らがその配布を担いました。




(櫛田のやきもち※のおっちゃんなど、顔なじみの方がいらっしゃいましたね〜。(^ω^)ヾ )
※お店は緊急事態宣言により暫く休業です

幟…よーくみると、「厄除大祭」の文字が入っています。



(ちなみに、レジ袋に結構な量の節分豆の小袋が入っていました。豆まきではいつもごった返して争奪戦になりますが、それもないので安全ですね。)


来年こそは豆まきが復活できますように〜。




ところで櫛田神社はいま、令和7年の式年遷宮に際し、神社境内の各所で小変化、動き出しています。
その一つが、櫛田会館の改築です。



(画像は2021年2月3日現在)
すでに工事は始まっていて、建物の内部の解体を終え、いまでは外観も防音シートで覆われていました。


↓ 解体工事着手直前の櫛田会館(2020年12月17日撮影)



ここで博多祇園山笠の総会や直会などが毎回行われていましたね。(いまは清道横にある恵比須会館にて行っているそうです)
自分も選挙の時のお手伝いを含めて何度か中に入ったことがありますが、畳敷きの立派な大広間でしたね。撮っていないのが悔やまれます…。
新たに2階建てになるという計画があるのですが、どうなるかも気になるところですね〜。
一気に解体させていないので、旧来のものも受け継いでほしいですけどね。

そういえば先日、博多祇園山笠振興会の総会が行われ、今年は山笠を開催したいという意見というか考えが出ました。
県外からの参加者を見送るなども検討されているそうですが…流によって人数で差が開くでしょうから、一層大変かもしれませんね。  


Posted by けいたん at 10:00撮影地域情報イベント関連

2021年02月01日

クラシックカメラ博で望遠レンズ購入+試し撮り

博多阪急で1月21日〜25日まで開催されていた『クラシックカメラ博』。

福岡(博多阪急)でのクラシックカメラ博は2年連続開催でした。それ以前にも岩田屋でもありましたが、今回で第2回と題しているので実質別のものになっていますね。
コロナ禍ではありますが、万全の対策のもとで…お客さんも昨年より少なめでしたけど。


そのクラシックカメラ博で、デジイチで使用するレンズを新たに購入しました。

ペンタックスの「smc PENATX-FA 80-320 F4.5-5.6」という望遠レンズです。



これがまさかのジャンクで売られるとは…

(キャップ類はなしですが、すでに持っているので代用できるのがいいですね。フロントキャップは新しく買いましたがw)

しかも、売っていたのがゴゴー商会だったから驚き。(ФωФ)
ゴゴー商会さんは御存知の通り、冷泉公園そばにある、知る人ぞ知る老舗のカメラ屋です。

自分も時々お世話になっていますが、このレンズがジャンクで売られていたなんて…このために掘り出してきたのかなと思えたり…うん。(^^;


で、レンズの話に戻って…

FAなのでフィルム時代のペンタックスのオートフォーカスレンズです。
そうはいっても、デジタルでもそのまま使えるのがペンタックスのKマウントの強みですね。

このレンズは中古で売られているのを実店舗やネットで見かけますし、レビューされている方のブログも見かけます。

ジャンクだからオートフォーカス機構が壊れていてもおかしくありませんが、そこはきちんと作動しました。
ジャンク判断の査定としては、おそらく、レンズの中にボツボツが見えましたからそれかなと。写りにはほとんど影響もないかなと思いますよっと。

地元でなおかつ安心できるゴゴーさんで買えたのは個人的にも嬉しいです。
ジャンク品は返品はできないといっても、カメラのことなど相談には乗ってくれますからね。なんと言っても冷やかし歓迎ですしw


200ミリ(APS-Cで300ミリ相当)までは開放絞りの4.5、まあまあ明るいです。

望遠端320ミリはAPS-Cで480ミリ相当になるので、ちょっと得した気分になります。
野球とかを撮るには良いかもです。(ペイペイドームなら内野席からが一番撮りやすいです。)


最短撮影距離は1.5mと長いですが、とりわけ、撮り鉄でも走行中の編成写真などでは列車から離れて撮るわけだから大丈夫です。

当日、もってきていた*ist DL2につけましたが、カメラのブラック×レンズのブラックなのでかっこいいですね〜。



ということで、ざっくりと試し撮りへ。
JR博多シティの大時計を。望遠端の320ミリ(F5.6)にて。写りは悪くはないですね。



他にも色々撮りましたが、開放だと被写体の距離によっては少し甘い写りになる場面が見られました…。

デジイチの出番は相変わらず控えめですが、機会があればこのレンズとともに持ち出せそうですね。
シグマの70-300ミリのレンズより軽いのですよ。300ミリと320ミリの違いもいつか取り上げられたらとは思っています。  


Posted by けいたん at 10:00ステーション撮影イベント関連

2021年01月25日

エヴァ風の緊急事態宣言下のお願いが西鉄福岡駅のDSでお目見え!

福岡県製作のエヴァンゲリヲン風の緊急事態宣言下のお願いが、西鉄福岡(天神)駅北口コンコースのデジタルサイネージ(DS)にお目見えしました。


…はい、そのまんまです。駅のデジタルサイネージを見た一瞬、エヴァンゲリヲンかと思いました。
多分、意識してつくったんだとおもいますけどね。

ネットニュースで取り上げられているのを見て、見逃すまいと行ってきたのでした。近くって本当に便利です。(ベシッ


先日、緊急事態宣言が発出されましたが、依然として陽性者数は減ることがありません。
外出自粛要請も、前回より気が緩くなってきているともいわれていますが、たしかに、天神や博多駅では前回より人が多く感じられます。







スロー(ハイスピード)で撮ってみましたよ〜。実際は15秒ピタリですが、スローだとピタリ1分になるみたいですね。ゆっくりすぎると見飽きそうですから、やっぱり等倍がいいかもしれませんね。

ということで、どういう内容が表示されているかを、ゆっくりと、あらゆる角度から、動画で見ていただければと思います。


(エヴァの予告の曲は勝手につかえないので無音声で…w)

いつまで掲出されるかはわかりませんが、解除される日まではありでしょう。

撮影中に某局に取材を食らいました。今朝のローカル番組…もしかしたらうつっ……(執筆時点で言えることは自分は放送内容を見ていないですw  


2020年11月04日

JR九州×鬼滅の刃コラボ列車「SL鬼滅の刃」が走る!

人気漫画で、また映画が上映されたちまち社会ブームを呼んだ「鬼滅の刃」。

JR九州と鬼滅の刃のコラボが実現しました。

通常はSL人吉で運行される58654号蒸気機関車(通称ハチロク)と50系客車を使った臨時列車「SL鬼滅の刃」が期間限定で運行されています。

蒸気機関車正面のナンバープレート部分を「無限」の文字が入ったプレートに交換し、劇場版の「無限列車」風に仕立てています。あわせて、SL人吉のヘッドマークも外されています。

運行区間は、鹿児島本線の熊本→博多です。しかも、上りの片道のみも運行とあって、指定席券は発売日当日の即完売するなどしています。(!)

そもそも、ハチロクが小倉車両センターでの整備による回送以外で、少なくとも、博多まで臨時列車として走るのは19年ぶり…かなり久しぶりですねぇ。


運行にあたって、試運転もなかったはずなのでぶっつけ本番ですね。




運行初日だった11月1日は…


南福岡~笹原間の陸橋から撮影してきました。(以前に或る列車を撮影したところからです)



通過は13時前。それにあわせて、一目見ようと陸橋にも人がたくさん来ました。
ここは逆光になりやすいポイントではありますが、通過時間を考えても致し方がありません。
もっともSLって曇りだと映えないですしね。


上空ではヘリコプターが旋回していました。これもある程度は目安になりました。


速度を抑えて通過~。下り列車とは被らずにすみました。



やや逆光気味ですが、8月のときと太陽の高度や向きが違うため、まあいい感じです。
陸橋からの俯瞰撮影なのでやっぱり縦撮りしかありません。


煙をもくもく吐くところを期待していたのですが、都市部を走っているのもあるでしょうし、かなり控え目です。急勾配もほとんどないですし、黒煙はそこまで期待しないほうでいいかもです。もっとも陸橋にいる人たちもオオゴトでしょうけどw


最後尾にはDE10ディーゼル機関車が後部に連結されていました。ほとんどはこいつが推している感じでしょうけどね。




動画のほうが分かりやすいかもです~




博多駅では約1500人近くの人が一目見ようとホームにいたとか。避けて正解でした。というか、駅ではもったいないでしょうね。沿線で見るSLはもっとかっこいいですよ。




運行2回目の11月3日は…


天拝山~二日市間で撮影。パ●ンコ屋の裏にある踏切からです。
やはり沿線も人が多いですね~。この日も変わらずです。


ダイヤが読めないため、JR九州アプリ内のどれどれ(列車の位置情報)で通過状況を確認。約3分遅れでした。許容範囲でしょう。



踏切が鳴り、いよいよ来るというときに下り列車が通過……危うく被られるところでした。
SL自体は速度も出ないため安心しましたけど、本当に冷や汗。。





煙も吐いてくれています。石炭の匂いがまたいいですねぇ~。北西の風でしょうか。。
太陽に雲がかかって少し露出が変になったものの、撮れただけでよしとしましょう。


次回以降の撮影場所…未定です。

このあとは某所へと行きました。。  


Posted by けいたん at 10:00蒸気機関車撮影地域情報イベント関連熊本

2020年10月25日

博多おくんちの御神幸行列

10月23日~24日、櫛田神社の秋季大祭「博多おくんち」が行われました。

24日午後からは博多の町を練り歩く御神幸行列がありました。





今年は新型コロナの影響から規模が縮小され、稚児行列などの参加が見送られましたが、博多どんたくの起源といわれる博多松ばやしの傘鉾が初めて参加しました。



傘鉾に関しては…今年だけなのか、今後も永続するのかは不明ですが、貴重な場面ですね。


いずれにしても、秋晴れの下で無事に行われたことがなによりです。  


Posted by けいたん at 10:00名所めぐり撮影地域情報イベント関連

2020年06月29日

博多祇園山笠2020番外編(#2)師弟関係の親子が作る飾り山笠

今年の博多祇園山笠は、新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、事実上の延期となりましたので、番外編をお伝えしていきます。


櫛田神社で通年展示される飾り山笠。その飾りつけが、6月26日からはじまりました。

櫛田神社の飾り山笠に関しては、マスコミも滅多に取材に来ないのですが、今年は数社見かけました。
今年、飾り山笠が建てられる点では櫛田神社の飾り山が唯一であり、中村信喬さんと弘峰さんの親子が務めるのもあるからでしょうか。
前回も書きましたが、今年の標題は、表が「清正公虎退治誉(せいしょうこうとらたいじのほまれ)」、見送りは「桃太郎鬼退治誉(ももたろうおにたいじのほまれ)」です。

表が父の信喬さん、見送りが息子の弘峰さんが担当。そして、飾りつけには複数の人が関わっていきます。


実の親子であり、人形師としては師匠と弟子の関係です。
弘峰さんも幼い頃から人形師である父の背中を見てきて育ってきたわけです。もちろん、お二人は山笠にも参加されています。





弘峰さんも櫛田神社の飾り山笠のほうは今回がはじめてとあってか、父・信喬さんから時々アドバイスをもらいつつ、飾りつけを進めていきます。








櫛田神社の飾り山笠は今後、6月30日に御神入れが行われ、7月1日から公開となる予定です。





余談…
ちなみに、弘峰さんは自分の1学年上で、どうも同じ中学校の先輩に当たるらしいのです。面識は中学生のときからあったかもしれませんが…記憶にはございません。(^^;  


Posted by けいたん at 10:00撮影博多祇園山笠地域情報イベント関連

2020年06月19日

博多祇園山笠2020番外編(#1)川端商店街に法世さんの山笠イラスト入りのタペストリー

今年の博多祇園山笠は、新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、中止(というより、事実上の延期)となりました。

取り上げることが少なくなるものと思われるため、今年は番外編としていろいろ取り上げていこうと思います。


今回は、タイトル通りです。
川端商店街に、作家や漫画家であり、博多町家ふるさと館の館長でもいらっしゃる長谷川法世さんの山笠イラストが入ったタペストリーがお目見えしました。
掲示期間は、6月17日からはじまり、7月下旬までの予定とのことです。



この山笠のイラストは、コロナウィルスの収束を願ってのものとなっていて、アーケード内に4種類掲げられていています。

ソーシャルディスタンスば守ろうね

(招き板を持った子供たちばい。)

ようと手ば洗いんしゃい

(櫛田神社の手水舎たいね。)


コロナに負けんばい 疫病退散!

(博多が生んだスター、オッペケペー節で有名な川上音二郎の舁き山ばい。)


コロナが早よ収まりますように

(箱崎浜でのお汐井取りの場面たい。)


博多祇園山笠と博多弁を織り混ぜるあたりが、地元らしさを感じさせてくれるたい。


ちなみに、法世さんといえば、同アーケードに常時掲げてある『博多弁番付』のイラストも描かれています。


(^_^) 法世さん傑作ば描かんね?
(`ω ) しぇからしかぁ~!

なーんてね!(^^;;





おまけ

櫛田神社の境内に常設の飾り山笠。新しいものに作り直されることが決まっていて、動き始めました。
先立って6月17日には、山解きが行われました。新しい飾り山笠は例年通り7月1日からお目見えします。


さすがに越年はね…


今年の標題はすでに発表されています。
表が「清正公虎退治誉(せいしょうこうとらたいじのほまれ)」、見送りは「桃太郎鬼退治誉(ももたろうおにたいじのほまれ)」とのことです。

どちらも、退治とつくので、コロナが収束することを願ってのことでしょう。どんなものになるのかはお楽しみに…です、はい!  


2020年05月25日

アーカイブ~過去の西鉄電車まつりでの5005Fを見る~

毎年10月に開催される『西鉄電車まつり』。

今回は、過去の西鉄電車まつりから、気になったものを紹介…。


昨年、西鉄電車まつりではおそらくはじめて、まさにこれから解体される車両から発生する部品の一部をオークション形式で即売し、目の前で取り外ししてもらうということが行われました。


このときの対象となった車両は、5000形の5005F編成で、福岡(天神)側の先頭車両だった5505号車でした。


オークション開始前の姿…




まだ運用に入っていた頃。よく見かけていました。(^^)v




ちなみにですが、5000形は、9000形の導入以降、廃車、解体が出ています。
すでに、5000形のトップナンバーだった5101F編成もすでに解体されていて、現存していません。
一次車は1975年製造で45年…言うまでもないです。





で、この5005F編成なのですが…
過去の西鉄電車まつりで見かけたような~と思い、外付けHDDにバックアップしている過去の画像データを見ていると、、ありましたありました。。


2015年の西鉄電車まつりで、まさに、全般検査を受けているときのでした。



こうしてみると、全般検査からわずか4年で解体というのは想定外なのか、想定内なのか…。

どちらにしても、2015年のときは、全般検査を受けていることだから、まだ先だと思っていました…。



改めて、昨年の…オークションを終えた5505号車の姿。ワイパーやヘッドライトカバーなど細かいパーツが売られるなどしました。

  


Posted by けいたん at 10:00西鉄(電車)撮影イベント関連

2020年04月07日

今年の博多どんたくは中止!松囃子と山笠は?【新型コロナ】


※画像はイメージです


毎年5月3日、4日に行われる『博多どんたく港まつり』。
今年は、新型コロナウイルス感染拡大防止のために中止となるという報道がありました。

例年200万人を超える人出がある、博多どんたく。
例年、雨天によるパレード中止はありますが、開催前から全体的に中止と発表されるのは初めてとのこと…。

パレードに参加するために準備や練習をしていた団体なども残念でなりません。

関係機関におかれても同じで、中止は苦渋の決断だったこととおもいます。200億円を超える経済効果が見込まれるだけに…丸ごとなくなるわけですから、大打撃となるのは大きい…。

福岡商工会議所の藤永会頭は会見にてこうコメントしています。
「開催したい気持ちはいまだに強いが、今準備にかかること自体、集団感染のリスクがある。ビッグイベントを開催する構図はどうしても描くことができない」


西鉄の花自動車の運行も中止になると思います。



なお、博多どんたくの起源ともされる『博多松囃子』はどうなのでしょう。

実施される場合、「感染防止の対策をおこない規模を縮小することになるかもしれない」というのが、博多どんたくの中止の報道時の段階では示されていましたが…
のちに、「感染のリスクがなくなるまでは開催を延期する」こととし、どんたくの日程での実施は中止が決まりました。

『博多松囃子』は本来、小正月(旧正月15日)の行事で、新年を祝う民俗行事であることでも知られています。
博多松囃子の起源については、治承3年(1179年)に没した平重盛を追悼するため始まったとするなどの説があります。
小正月に領主の元へお祝いのため出向いていたようです。小早川隆景が名島城で、正月に松囃子の訪問を受けたとの文献が残っています。その後は、新しい藩主である黒田家の福岡城へ博多から那珂川を渡りお祝いに行きました。

いまでは、博多どんたく港まつりの源流として、どんたくパレードの幕開けを飾るとともに町中を祝って回わります。

『博多松囃子』はまた、国の重要無形民俗文化財へ指定されたばかりだったんですよね。




そして、7月の『博多祇園山笠』に関しても、現時点で中止の方向で検討段階に入っています。(4月5日現在)
開催可否は、20日に正式に発表される予定です。

山笠に関しては、今年もし中止となれば、それこそ、戦時中ならびに戦後に数年中止されて以来、約70年ぶりのことになりますね。
そして、今年の一番山笠を務める恵比須流から続く流の順番は、来年以降にされることにもなります。





4月20日、博多祇園山笠振興会の総会が予定通り行われ、7月の開催を見送ることが正式に決まりました。


博多に山笠のない夏が来るとは…  


2020年02月10日

都心界加盟店が閉店する天神ビブレと天神コアへ垂れ幕で感謝

福岡・天神にある2つの商業施設「天神ビブレ」と「天神コア」。


天神ビブレは明日2月11日をもって閉店、天神コアは3月31日をもって閉店します。

この閉店に際して、天神地区の大型商業施設が加盟する『都心界』が動きだし、1月下旬から、加盟店が揃って、天神ビブレと天神コアへ感謝の垂れ幕(一部はポスターやデジタルサイネージなどで)を掲出しました。


これはYahoo!ニュースにも取り上げられて話題にはなりましたが、果たして内容はどういうものなのか、まとめておきます。(^ω^)




天神岩田屋
心より感謝をこめて




福岡三越
もっと素敵な街に、もっとワクワクのある街に




福岡天神大丸
天神コア 天神ビブレ 44年間、天神をありがとう!!




福岡パルコ
再会、楽しみにしています!




イムズ
コアで(ビ)ブレない天神のライバルよ、永遠に。




ソラリアプラザ
たくさんの思い出をありがとう!
天神のカルチャーを引き継ぎます




ソラリアステージ専門店街
新しい天神でまた会いましょう




新天町(北通り)
44年間、ありがとう




新天町(南通り)
サヨナラ 天神コア、天神ビブレ




天神地下街(地上、地下どちらも同じ)
時を越えて、また天神で巡り会いましょう






天神ショッパーズ福岡
全力で応援しています






天神ビブレ
44年間お世話になりました!
天神の未来に夢をたくします。




天神コア
ありがとう!大好きなまち「天神」
これから大きく生まれ変わります。







どうでしょう。どれも被らないのが素晴らしい。

今回のために作られたロゴ、44 という数字も thanks tenjin の頭文字を取っているのにも気付きます。


都心界は過去にもいろいろ取り組んでいますが、こういうのもありだとおもいます。  


2019年12月10日

佐賀・上峰町「Smileフェス」に大仁田さん登場じゃ~(20191209)

12月8日、佐賀・上峰町にある屋内ゲートボール場「すぱーく上峰」において『Smileフェス』というイベントが行われました。
地元・上峰町に関わる伝統芸能や出店などがあり、多くの町民で賑わいました。

そのSmileフェスの司会進行役には、大仁田厚さんと榎田ほのかさんが務められました。



(榎田さんは福岡のモデル事務所所属です。馴染みのある方もいるかも…。)


大仁田さんは昨年9月の卑弥呼乃湯15周年イベント以来の再会となりました。X回目のプロレス復帰後は初めてです。(試合は福岡でのプロレス参戦がないので見れていません…。)


数メートルほど距離はありましたが、『よぉ、元気してたか?』とお声を掛けていただきました…覚えてくれているものですね。


神埼市に住みながら、ここ最近は全国各地で試合や講演会などで大忙しで、鼻声気味でした。

邪道もリングを降りれば普通の男なんじゃ~。


おそらく、大仁田さん目当てでカメラ構えていたのは自分くらい。他にカメラ構えていた人たちは出演したご当地アイドル目当てでしょう。
熱狂的な大仁田信者がほとんどいないのは寂しい…。しかも現役プロレスラーなのにスポーツ新聞の記者もいない…
こうした表情を見せる大仁田さんも貴重ですしいいものですよ。1日たっぷり楽しめました。






イベントの告知・宣伝ポスター
大仁田さんへのキャッチコピーが『進化続けるレジェンド』…謎です。




大仁田さんへの質問コーナーを動画で。
大仁田さんが行ったり来たりで、構図が安定していませんが、是非。






引退と復帰を繰り返す大仁田さん。
次の引退が本当に最後…となるのか…。(信じるか信じないかはあなた次第)


  


Posted by けいたん at 10:00撮影イベント関連佐賀

2019年11月29日

【期間限定】JR博多駅にジョージア×ガンダムのコラボ「自動販売機型ガンダム」がお目見え

缶コーヒーの「ジョージア エメラルドマウンテンブレンド」と『機動戦士ガンダム』とがコラボレーションした「自動販売機型ガンダム」が、11月25日から12月2日の8日間の期間限定で、JR博多駅 1階 博多口のコンコースに設置されています。




「自動販売機型ガンダム」では、本コラボによる「コラボデザイン缶」が購入できます。
そのほか、購入時に「こいつ、うまいぞ!」、「見せてもらおうか、エメラルドマウンテン豆の性能とやらを」など、アムロやシャアの名言とコラボしたこの自動販売機専用のオリジナルボイスを聞くことができます。
オリジナルボイスは、アムロ5種類、シャア5種類の合計10種類で展開されています。



コラボ自販機は目立つところに設置されているため、買うだけでも注目の的です。(^^)







コラボ缶買いましたよー。
1つの缶に2つのデザイン入り!保管しておきたい人もいることでしょう~。


  


2019年10月01日

熊本DC企画「急行阿蘇」が走る!

熊本デスティネーションキャンペーンもいよいよ終盤。
9月28日~29日、JR西日本の12系客車にて団体列車「急行阿蘇」が広島~熊本間(復路は博多始発)で運行されました。


実は、熊本市中心部で両日開催された「祭アイランド九州」と日程が被るという悩ましい事態が発生…スケジュール管理しているのでわかっちゃいたんですが、悩みに悩んだ結果、撮り鉄にしました。熊本で山笠も見たかったんですけどねぇ…。


28日。午前中は前日までの予報に反して晴れわたり、気温も上がり、汗ばむ陽気でした。
ところが午後からは、次第に雲が厚くなり…原田駅で待ち受けていていたのですが、雷鳴が聞こえだして雨が降ってきました。その後、土砂降りになりました。これはヤバイなぁ~と誰もが思っていたことでしょう。

しかし、神様が舞い降りましたね。12系が来る頃には雨も止みました。

今回の「急行阿蘇」の下りは筑豊本線経由でしたので、1番のりばに入りました。







12系客車もまた、前回のサロンカーなにわの14系とともに希少な存在。今回は広島~熊本間を10時間くらいでしょうか、座席車なので疲れそうです。しかも山陽本線では先行列車の影響で遅延も発生したんだとか。もう、当然のようにグダグダです。(^^;

しかし、なんとか明るい時間帯に無事に撮れたのはよかったです。
機関車にヘッドマークはついていませんでしたが、客車の方向幕が『熊本』になっていました。





29日は、福工大前駅にて。

1時間近く遅れて出発となり、だいぶ待たされました。(^^;
よくみると、機関車の向きが違います。機関車の不具合があったものと思われます。




今回は追っかけませんでした。  


Posted by けいたん at 10:00撮影地域情報イベント関連熊本

2019年09月24日

人を運ぶドローン「eHANG216」が日本初公開

2019年9月21日に福岡市役所西側広場で開催された※『THE CREATORS』で、福岡市と友好都市を締結している中国・広州市(今年で締結40周年)のドローンメーカー「eHANG社」が世界に先駆けて発表した、人を乗せて運べる自立飛行ドローン「eHANG216」が日本で初公開されました。(※2日目の22日は台風接近で中止)




2016年に開催された国際家電ショー(CES)で世界初となる低空域・近距離輸送用の自律飛行型ドローン(AAV)を発表。
これまで様々な状況でテスト飛行を複数実施し、ドーハ、アルステルダム、ウィーンや中国各都市での飛行実績があるという。
2018年には人を運ぶドローンの社会実験をする中国初の企業として中国民用航空局から認可を受けました。

操縦は指揮管理調整センターによって一括管理されているためパイロット不要で、その自動操縦システムにより、乗客は離陸ボタンを押すだけで、選択した行き先に移動することができるのだとか。





ドローンって手のひらサイズからありますが、こちらは人間用。定員2名まで乗れて、さらに荷物(トランクケースくらいまで)も一緒に積めるというから驚きです。

日本で飛び交う日も近いかもしれませんね。




eHANG216について…
【全長】5.61m 【全高】1.76m 【定員】2名
【最高速度】160km/h 【巡航速度】130km/h



eHANG社は2014年に設立されたスタートアップ企業とはいえ、一気にドローン界を席巻するまでに成長しています。
すでに2つのギネス記録も持っているのもすごいですね。

21日には、同社の張副総裁がステージに登壇されて、「eHANG216」の概要等を説明されました。




なお、「eHANG216」は、期間限定で、福岡市役所1階にて展示公開されています。係員の指示で中に入ることもできるようです。  


2019年07月16日

博多祇園山笠2019(#8_番外編)山にのぼせた有名人を探せ

令和最初の博多祇園山笠が無事に終わりましたが……気づきました?


博多祇園山笠とKBC九州朝日放送の結び付きは、櫛田神社に常設展示されている飾り山を奉納したり、境内アナウンスを同局のアナウンサー(現在の担当は長岡大雅アナ)が務めるなど、切っても切れない関係です。
テレビ中継も60年を迎え、同局が誇る山笠の映像データベースは2000件を超えるそうです。

そんななかで、同局の沢田幸二アナ(役員待遇エグゼクティブアナウンサー)が今年の集団山見せでは土居流の台上がりを、そして、追い山中継の司会進行を細谷めぐみアナとともに務められました。アナウンサー歴40年になるベテランです。おすぎさんと番組を持つなど仲が良いことでも知られていますね。

沢田アナ自身ももともと土居流に参加する一員。1993年に番組の企画で土居流下土居町に飛び込みで行ったのがきっかけだそう。以来、流でもいろいろ経験されてきたそうで…。

高島市長が同局のアナウンサー時代に山笠を教えたのも沢田アナだそうです。(高島市長曰く)


細谷アナが手にしているフリップ…若しき頃の沢田アナの写真?(中継見ていないのでわからず)




山笠に参加される有名人といえば、中洲流では、小松政夫さんや博多華丸さんがいます。(華丸さんは今回お見かけできず)
土居流には、「博多っ子純情」などで知られる漫画家で、博多町家ふるさと館の館長でもいらっしゃる長谷川法世さんもいます。

西流には、ローカルタレントの中島浩二さんや九州プロレス所属のプロレスラーの田中純二さんもいます。

そして、チューリップの上田雅利さんもまた西流から参加されていることはご存知のことでしょう。昨日の追い山の櫛田入りの直前にお見かけしました。

ちなみに、ご実家は、上呉服町にある西門蒲鉾本店の営んでいることでも知られていますね。(お兄様でいらっしゃる上田啓蔵さんが3代目です) ※
舁き手で真っ黒のサングラスをかけた人なんて…上田さんくらいでしょう。めっちゃ目立っていますけど、沿道の人が気付いたかどうか…。(ファンだったら当然気付いているでしょうけど、初めて山笠を見に来た人たちはとくに…)


※町割としては旧福神流で、恵比須流の区域に属されているそうですが、上田さんは加勢町としてあらゆる流に参加されています。ここ2年は西流に参加されているようです。

山にのぼせた有名人を探してみるのも面白いかもしれませんね~。そして、沿道から声ばかけちゃらんね~。  


Posted by けいたん at 10:00撮影博多祇園山笠地域情報イベント関連

2019年07月15日

博多祇園山笠2019(#7)追い山

7月15日早朝、博多祇園山笠もいよいよフィナーレ。令和最初の追い山が行われました。
タイムは、櫛田入り、廻り止め(5キロ)のタイムの順です。


一番山笠 千代流
33秒00/29分28秒


二番山笠 恵比須流
32秒29/33分24秒


三番山笠 土居流
34秒76/31分38秒


四番山笠 大黒流
34秒59/30分43秒


五番山笠 東流
32秒74/28分35秒


六番山笠 中洲流
34秒31/34分38秒



七番山笠 西流
30秒31/32分33秒


八番山笠 上川端通
56秒18




櫛田入りのタイムは西流が追い山ならしと同様に(30秒を切ることはできなかったものの30秒台)、また全コースのタイムも東流がダントツで速かったですねぇ~。  


Posted by けいたん at 15:00撮影博多祇園山笠地域情報イベント関連

2019年07月14日

博多祇園山笠2019(#6)集団山見せ

7月13日、舁き山は博多から福岡へ…令和最初の博多祇園山笠・集団山見せが行われました。
(敬称略。各役職等は発表時点のものです。)


一番山笠 千代流
【表】松本忠人(総務)、高島宗一郎(福岡市市長)、小川洋(福岡県知事)


【見送り】松本俊治(顧問)、福田まもる(福岡市議会議員)、関屋泰二(福岡市立千代中学校 校長)



二番山笠 恵比須流
【表】大池正治(総務)、森川康朗(㈱福岡銀行 取締役副頭取)、阿部真之助(福岡市議会議長)


【見送り】日下部浩(建設委員長)、柴田祐司(イオン九州㈱ 代表取締役社長執行役員)、笹栗哲朗(九州朝日放送㈱ 常務取締役)



三番山笠 土居流
【表】江里口直文(総務)、佐々木有三(九州電力㈱ 代表取締役副社長執行役員)、長柄均(福岡市医師会 会長)


【見送り】髙野憲紀(流委員)、沢田幸二(九州朝日放送㈱ 役員待遇 アナウンサー)、西村正徳(ハウス食品㈱ 福岡支店長)



四番山笠 大黒流
【表】大塚茂喜(総務)、髙田聖大(㈱西日本シティ銀行 代表取締役副頭取)、川端淳(㈱福岡魚市場 代表取締役社長)


【見送り】久保田周作(受取町 町総代)、安部文仁(福岡信用金庫 理事長)、岡部裕一(RKB毎日放送㈱ 常務取締役)



五番山笠 東流
【表】坪井治(総務)、近藤勲(九州自動車リース㈱ 取締役会長)、出光泰典(㈱新出光 代表取締役社長兼グループCEO)


【見送り】山田靖人(相談役)、大西秀紀(㈱阪急阪神百貨店 常務執行役員博多阪急店長)、吉村浩(福岡市立博多中学校 校長)



六番山笠 中洲流
【表】清武義孝(総務)、小松政夫(日本喜劇人協会 会長)、堀宏明(㈱電通九州 前代表取締役社長)


【見送り】藤本広之(副総務)、稲員稔夫(福岡市議会議員)、鈴木克明(㈱テレビ西日本 代表取締役社長)



七番山笠 西流
【表】三浦鉄男(総務)、金子達也(トヨタ自動車九州㈱ 取締役会長)、吉田一二三(佐藤㈱ 代表取締役社長)


【見送り】平田登史典(副総務)、落石俊則(福岡市議会議員)、新井眞一(讃合会顧問)



さて明日は、追い山ですよ~  


Posted by けいたん at 10:00撮影博多祇園山笠地域情報イベント関連

2019年07月13日

博多祇園山笠2019(#5)追い山ならし

7月12日、博多祇園山笠・追い山のリハーサルにあたる追い山ならしが行われました。

令和最初の追い山ならし…
西流の櫛田入りのタイムが30秒を切り、計測タイムの発表直後、西流の舁き手のみならず、沿道も大いに沸き上がりました。
全コースのタイムでは、東流がやはり速かったですね。



計測タイムは、櫛田入り、全コース(4キロ)のタイムの順です。


千代流 34秒05/25分26秒


恵比須流 32秒36/28分59秒


土居流 35秒42/26分34秒


大黒流 46秒38/27分36秒


東流 32秒32/25分06秒


中洲流 36秒04/30分02秒


西流 29秒64/28分13秒


上川端通 1分4秒65/ー

  


Posted by けいたん at 10:00撮影博多祇園山笠地域情報イベント関連

2019年07月12日

博多祇園山笠2019(#4)中洲流の他流舁き

7月11日、他流舁きが行われました。

中洲流は例年通り15時からはじまり、櫛田入りの練習を2回行います。




コースも例年と同じなので、山留め地点での2回目の撮影後は先回り。大博通りに出るのに5分くらいですね。実際には交通規制がしっかりとあるのでもっと早くに到達できるものと思われます。



そして、さらに先回りして、御供所通りと疎開道路の交差地点へ。



約1時間かけて、中洲流のスタート地点へと戻ってきました。


中洲流の太鼓。間近で見るのは初めてかもです。


昭和27年と刻まれていることからも、中洲流発足間もないころですね。半世紀以上もこの太鼓を大事にしているのですねぇ。(中洲流が山笠に参加したのは昭和24年からです)
井上貴博相談役(衆議院議員)の祖父・井上吉左衛門さん(博多祇園山笠振興会の二代目会長)やふくやの創業者の川原俊夫さん等の名前も刻まれています。


そうそう、今年も小松政夫さんの姿も見かけましたばい。元気でしたばい。
親分は、今年の集団山見せで台上がりを務められます。(もちろん中洲流ですたい)  


2019年07月11日

博多祇園山笠2019(#3)中洲流の流舁き

7月10日、博多祇園山笠は、静から動へ…『流舁き』が行われました。
数年ぶりに雨中の流舁きとなりました。今年は梅雨入りも遅かったですし、まあ仕方ないかなとも言えます。

中洲流では例年通り、16時にはじまりました。





宮総代の旗も、令和仕様に(^^)




ちなみに、中洲流では、昨年の集団山見せで台上がりを務められた、作家の辻仁成さんの原作ならびに監督を務められる映画『真夜中の子供』の撮影も並行して行われていましたので、撮影スタッフもたくさんでした。
辻さんの姿ももちろん見られました。


雨中の撮影お疲れ様です(..)

もしかしたら、どこかで映ってしまっているかも…。