2012年12月28日

キハ47形広島色

今年の撮影から。
今回は、下関総合車両所のキハ47形。


キハ47形は、1977年に新製された、国鉄時代を代表する形式。
当時は、大型の車体にも関わらず、エンジン出力がよくない車両でした。

……と、解説は割愛。(^^)


キハ47形はいまでもトップナンバーの1番編成が、JR西日本の豊岡鉄道部で活躍しています。

下関総合車両所にも1977年製造の車両がいて、画像の11番編成がそうです。


キハ47形広島色


すでに外観はリニューアルされているので、原型は留めてはいません。

黄色と白をベースに、グレーのラインが入った広島色です。

ワンマン標が掲げてあるように、ワンマン改造も施されています。


製造から35年…。
モノを大切にしているJR西日本だけに、これからも末永い活躍に期待したいです。



同じカテゴリー(撮影)の記事
 博多祇園山笠2019(#8_番外編)山にのぼせた有名人を探せ (2019-07-16 10:00)
 博多祇園山笠2019(#7)追い山 (2019-07-15 15:00)
 博多祇園山笠2019(#6)集団山見せ (2019-07-14 10:00)
 博多祇園山笠2019(#5)追い山ならし (2019-07-13 10:00)
 博多祇園山笠2019(#4)中洲流の他流舁き (2019-07-12 10:00)
 博多祇園山笠2019(#3)中洲流の流舁き (2019-07-11 10:00)

Posted by けいたん at 09:00 │撮影