2020年07月13日

博多祇園山笠2020番外編(#3)祇園饅頭

はじめに、『令和2年7月豪雨』で被災された皆様にお見舞いを申し上げます。


さて、コロナがなければ、7月12日は追い山ならし、今日7月13日は集団山見せが行われていたであろう、博多祇園山笠…今年は山笠がないので、ひとしおの寂しさはあります。


ところで、山笠の期間中(7月1日~14日)にだけしかお目見えしない、お茶請けにぴったりなお菓子をご存知でしょうか。


それが、『祇園饅頭』。
博多祇園山笠2020番外編(#3)祇園饅頭

祇園饅頭は、本来、山笠の期間中に神棚にお供えをして、祭りの無事を願うためのもので、山笠の期間中にしか発売されません。
発売されているのは、石村萬盛堂と鈴懸、そして、松屋と、博多の名だたる老舗和菓子店でしか扱っていません。
しかも、その3店いずれも、微妙に中身と味が違うので、正直に言いまして…好みがはっきりと分かれるかもしれません。
(自分はどこも好きです。(無類の甘党))


今年は山笠がないので祇園饅頭はどうなるのかな~と思っていましたが、石村萬盛堂と鈴懸では、ともに、櫛田神社に通年展示されている飾り山の下絵(中村信喬さんと弘峰さんによるもの)を使用して、包み紙にしたり、ポストカード添えたりといった、今年だけの仕様になっています。

好みも分かれるのでどこにしようかなと悩んだのですが、鈴懸にしました。
鈴懸はポストカードで、表と見送りの2枚が入っています。石村萬盛堂は包み紙。どちらも、櫛田神社にお祓いを受けられていますので、パワーを感じます。
博多祇園山笠2020番外編(#3)祇園饅頭


鈴懸の祇園饅頭といえば、中のこし餡。その色もさることながら、甘さ控えめです。
博多祇園山笠2020番外編(#3)祇園饅頭
博多祇園山笠2020番外編(#3)祇園饅頭


5個入りで648円。1個あたり129円とお高めですが、ポストカードがついていたりもするので、単価は安くなるはずです。
日持ちしないですが、パクパク行けます。


毎年、祇園饅頭を手にして食べるたびに、山笠の撮影を事故なく最後まで頑張ろうってなるものです。


中村信喬さんと弘峰さん親子による下絵。タッチが似ていますね~。(弘峰さんのほうはちょっとずんぐりむっくりしていますが…)
博多祇園山笠2020番外編(#3)祇園饅頭



同じカテゴリー(撮影)の記事
 鉄道ファン2021年12月号 (2021-10-23 10:00)
 九州鉄道記念館のキハ07が国の重要文化財に! (2021-10-16 10:00)
 当時の資料から見る福岡の発展史(#1)天神地下街 (2021-10-14 10:00)
 福岡市地下鉄3000A系が陸上げされました!(20210927) (2021-09-28 10:00)
 【情報発信基地】イムズの最後を見る【20210831閉館】 (2021-09-01 10:00)
 【ランパスdeランチ】パニックバーガー【テイクアウト】 (2021-08-21 10:00)