2019年09月24日

人を運ぶドローン「eHANG216」が日本初公開

2019年9月21日に福岡市役所西側広場で開催された※『THE CREATORS』で、福岡市と友好都市を締結している中国・広州市(今年で締結40周年)のドローンメーカー「eHANG社」が世界に先駆けて発表した、人を乗せて運べる自立飛行ドローン「eHANG216」が日本で初公開されました。(※2日目の22日は台風接近で中止)

人を運ぶドローン「eHANG216」が日本初公開


2016年に開催された国際家電ショー(CES)で世界初となる低空域・近距離輸送用の自律飛行型ドローン(AAV)を発表。
これまで様々な状況でテスト飛行を複数実施し、ドーハ、アルステルダム、ウィーンや中国各都市での飛行実績があるという。
2018年には人を運ぶドローンの社会実験をする中国初の企業として中国民用航空局から認可を受けました。

操縦は指揮管理調整センターによって一括管理されているためパイロット不要で、その自動操縦システムにより、乗客は離陸ボタンを押すだけで、選択した行き先に移動することができるのだとか。

人を運ぶドローン「eHANG216」が日本初公開
人を運ぶドローン「eHANG216」が日本初公開


ドローンって手のひらサイズからありますが、こちらは人間用。定員2名まで乗れて、さらに荷物(トランクケースくらいまで)も一緒に積めるというから驚きです。

日本で飛び交う日も近いかもしれませんね。

人を運ぶドローン「eHANG216」が日本初公開
人を運ぶドローン「eHANG216」が日本初公開

eHANG216について…
【全長】5.61m 【全高】1.76m 【定員】2名
【最高速度】160km/h 【巡航速度】130km/h



eHANG社は2014年に設立されたスタートアップ企業とはいえ、一気にドローン界を席巻するまでに成長しています。
すでに2つのギネス記録も持っているのもすごいですね。

21日には、同社の張副総裁がステージに登壇されて、「eHANG216」の概要等を説明されました。
人を運ぶドローン「eHANG216」が日本初公開
人を運ぶドローン「eHANG216」が日本初公開


なお、「eHANG216」は、期間限定で、福岡市役所1階にて展示公開されています。係員の指示で中に入ることもできるようです。



同じカテゴリー(撮影)の記事
 九州鉄道記念館のキハ07が国の重要文化財に! (2021-10-16 10:00)
 当時の資料から見る福岡の発展史(#1)天神地下街 (2021-10-14 10:00)
 福岡市地下鉄3000A系が陸上げされました!(20210927) (2021-09-28 10:00)
 【情報発信基地】イムズの最後を見る【20210831閉館】 (2021-09-01 10:00)
 【ランパスdeランチ】パニックバーガー【テイクアウト】 (2021-08-21 10:00)
 ななつ星in九州のDE10重連牽引を見る(202107) (2021-08-10 10:00)