2018年03月22日

熊本の半世紀を見つめてきたコカ・コーラのビル(大学堂ビル)



熊本市中央区の水道町交差点。
屋上の「コカ・コーラ」のネオン広告がある建物が、半世紀の歴史に幕を下ろした。


正式には、大学堂ビルといって、1968年に竣工した5階建てのビル。
コカ・コーラの看板が取り付けられたのは、その翌年or翌々年だそうだ。

しかし、熊本地震で建物が半壊…。
そして今月から、建て替えに向けて、解体工事がはじまっています。

国道3号と電車通りが交差する絶好のスポット。
大学堂ビルというよりも、「コカ・コーラ(の看板)のビル」として、市民らから親しまれてきました。


新しい建物(完成時期などは未定)に、再び、コカ・コーラの看板がお目見えするか気になるところですが、見慣れた風景がまたひとつ消えるとなると、やっぱり、寂しさを感じますね。


大学堂ビル
熊本市中央区水道町1−27



同じカテゴリー(撮影)の記事
 九州鉄道記念館のキハ07が国の重要文化財に! (2021-10-16 10:00)
 当時の資料から見る福岡の発展史(#1)天神地下街 (2021-10-14 10:00)
 福岡市地下鉄3000A系が陸上げされました!(20210927) (2021-09-28 10:00)
 【情報発信基地】イムズの最後を見る【20210831閉館】 (2021-09-01 10:00)
 【ランパスdeランチ】パニックバーガー【テイクアウト】 (2021-08-21 10:00)
 ななつ星in九州のDE10重連牽引を見る(202107) (2021-08-10 10:00)