2017年03月22日

西鉄9000形を見る

3月20日、西鉄天神大牟田線の新型車両である9000形が運行を開始しました。
3000形同様に、5両で運転されるのが、現時点では基本となりそうです。

運行開始当日は祝日だったこともあって、現場が混乱の恐れもあるだろうと判断。もっとも、生憎の天気だったこともあり、予定を回避し、昨日21日に乗ってきました。

車内は、7050形以来のオールロングシートを採用しています。
3000形同様に車体幅もわずかに広くなっているので、白を基調とした明る車内というもあり、窮屈さを感じさせず、広々しています。


赤モケットで、1人分が広めにとられていて、9人掛けになっています。クッション性も悪くないです。(JR九州の817系のロングシートと比べて…ですがw)


ステンレスの無塗装の乗降ドア。
扉の開閉注意のランプが付けられ、巻き込み防止の黄色い識別も施されています。
なお、ドアの上には、2つの旅客案内モニターがついています。片方は停車駅等の案内(4か国語にも対応)、もう片方は広告(現時点)。



車内の車番表記も一新されていました。
昨秋に落成し、筑紫車両基地へ搬入されていますが、2017の表記…。



車外の行先表示。LED方式・カラー表示で、4か国語にも対応。
最近のLEDの宿命か、シャッタースピードは遅めにしていないと、まともに写りません。(写真は、1/160s)


西鉄二日市駅にて
西鉄9000形を見る

こちらもシャッタースピードは1/160sでしたが、行先表示が少し切れてしまっています…。(西鉄小郡駅にて)
西鉄9000形を見る


5000形とのすれ違い。実に40余年の差…。(薬院駅にて)
西鉄9000形を見る


ということで、個人的にも乗る機会がちょくちょくありそうです。(^o^)



同じカテゴリー(撮影)の記事
 鉄道ファン2021年12月号 (2021-10-23 10:00)
 九州鉄道記念館のキハ07が国の重要文化財に! (2021-10-16 10:00)
 当時の資料から見る福岡の発展史(#1)天神地下街 (2021-10-14 10:00)
 福岡市地下鉄3000A系が陸上げされました!(20210927) (2021-09-28 10:00)
 【情報発信基地】イムズの最後を見る【20210831閉館】 (2021-09-01 10:00)
 【ランパスdeランチ】パニックバーガー【テイクアウト】 (2021-08-21 10:00)

Posted by けいたん at 10:00 │撮影西鉄(電車)