2015年10月14日

博多駅前にあった巨大な鈴はどこへ?

写真を撮る趣味をしていて、デジタル化してからは外付けHDDやDVD-Rなんかにバックアップを取ることをしているけど、これまで撮影した画像の整理、閲覧していると、懐かしいものが見つかることもしばしばある。

今回紹介するのは、2007年5月に撮影したもの。

博多駅前にあった巨大な鈴はどこへ?

昭和50年に土居流から寄贈されたという、巨大な鈴。
先代の三代目博多駅ビルの駅前広場にあったものだ。

この巨大な鈴は、博多駅の改築工事に伴い、その後撤去された。

撤去当時、この巨大な鈴はJR九州が管理しており、撤去されたあと保管するといわれていたが、撤去されてから今まで、少なくとも現駅ビル(JR博多シティ)の完成して以降、記憶が正しければ、見かけたことがない。

博多駅前にあった巨大な鈴はどこへ?

駅前広場の整備後にふたたび置かれるかと思ったのだが……果たして、どこへ行ったのだろう。
博多駅近くのJR九州の本社に保管されているならばいいが。(^^;



同じカテゴリー(撮影)の記事
 鉄道ファン2021年12月号 (2021-10-23 10:00)
 九州鉄道記念館のキハ07が国の重要文化財に! (2021-10-16 10:00)
 当時の資料から見る福岡の発展史(#1)天神地下街 (2021-10-14 10:00)
 福岡市地下鉄3000A系が陸上げされました!(20210927) (2021-09-28 10:00)
 【情報発信基地】イムズの最後を見る【20210831閉館】 (2021-09-01 10:00)
 【ランパスdeランチ】パニックバーガー【テイクアウト】 (2021-08-21 10:00)