2021年07月05日

長崎から大分へ転属したキハ220形を見る

今年春のダイヤ改正では、全国各地の鉄道会社が、コロナ禍ということもあり、運行本数の減少や終電の繰り上げなどが実施されました。

ダイヤだけが変わったわけではなく、運行される車両にも少しずつ変化が訪れています。


そのなかでも、JR九州のキハ200形とキハ220形が長崎地区から撤退し、新型車両のYC-1系に一部が置き換えられました。
キハ200形とキハ220形が撤退…YC-1系と共通運用されるものと思っていただけに、これにはちょっと驚きでした。


キハ200形とキハ220形はどこへ行ったのか…どうも、大分と熊本に分かれて転属したそうなのです。

大分に転属したキハ220形を……鳥栖駅で見ることができました。(SL人吉の撮影ついでです)
現況、長崎地区で見られた「シーサイドライナー」カラーのままです。(^ω^)


5月はキハ220−209


6月はキハ220−1101



キハ220のシーサイドライナーカラーはこの2編成だけだったはずで…運良く見ることができました。
次回全般検査時には赤色に塗り替わる可能性がありますけどね。


そして6月末には、同じく長崎地区で最後まで残っていたキハ66・67形も運行が終了し、YC-1系に完全に置き換えられました。(キハ66・67形は一部がすでに疎開しているようですけど。)


おもえば20年前、福北ゆたか線(篠栗線・筑豊本線)の電化開業でキハ66・67形が筑豊地区から長崎地区へ転属したときも、キハ28・58形やキハ47形が大分に転属していったことがあったとおもいます。
そのときもシーサイドライナーカラーのキハ28・58形があったんですよね。
今回もそれとよく似たようなものでしょう。  


Posted by けいたん at 10:00ローカル線(JR線)撮影佐賀

2021年07月02日

七隈線延伸区間の中間駅の駅名が決まる!

七隈線延伸事業を進め、令和4年度開業を目指している、福岡市地下鉄七隈線延伸区間(天神南〜博多間)。

このたび、延伸区間に建設中の中間駅の駅名が決定し、2021年7月1日に発表されました。


櫛田神社前駅


読み:くしだじんじゃまええき  (英語表記 : Kushida Shrine)

選定の理由:
“お櫛田さん”の愛称で、市民に広く親しまれているほか、櫛田神社に毎年奉納されている「博多祇園山笠」は、ユネスコ無形文化遺産に登録されているなど、観光客をはじめ、多くの来街者が訪れる場所である。駅の名称とすることで、利用者の利便性向上、ひいては地下鉄の利用促進に繋がることが期待できる


ということです。


中間駅の駅名に際しては、「キャナルシティ前」だのいろいろ言われてきましたが、正式に駅名が「櫛田神社前」と決まったのは良かったですね〜。
副駅名に、キャナルシティがつくかどうかを期待しましょう。



櫛田神社前駅の地上部というか、はかた駅前通りの祇園西交差点の現況。



駅の地上出入り口の築造も進んでいます。(おそらくあっているとおもう。)




ついでに、七隈線延伸に合わせて、新型車両が4編成導入されることが決まっています。
形式は「3000A系」。
今秋にまずは2編成が橋本車両基地へ搬入され、冬頃には運行を開始する予定です。
見た目は3000系と同じもデザインに小変化、車内はシートの色が変わるなどいろいろ変化が見られそうです。  


2021年06月21日

鳥栖駅でSL人吉を撮る!

昨年11月と12月に運行されたJR九州の臨時列車「SL鬼滅の刃」。
臨時列車でありながら、熊本から鹿児島本線を北上して博多までSLが乗り入れるという、20年ぶりの出来事でもありました。
もちろんいろんなところで撮影していきました。多くはブログに載せていないだけですけど…。載せるほどでもないかなと。(^^;


肥薩線の復旧の目処がたたない今、去就がきになっていたハチロク(58654号機)ですが…
今年も、5月から土日祝の期間限定で、今度は本来の「SL人吉」の姿で再び鹿児島本線にて運行が始まりました!
運行区間は(熊本~)鳥栖までに縮小されていますけど。(^^;;

当初の計画では6月まででしたが、9月まで運行されることが決定しています。夏休み期間中は増便されるようです。


SLが先頭につくのは往路の上りのみで、後ろにDE10(ディーゼル機関車)がプッシュで牽引となっています。
復路の下りはDE10が先頭になるので、事実上「DL人吉」状態です。まあ、機回しできるところがないですから仕方がないですものね…。

なにより、今回も煙はあまり期待できませんです。

運行開始してからというものの、自分自身がなかなか時間に余裕がなかったり、緊急事態宣言が出てから自粛気味だったのですが…5月に1度撮影しに行きましたが、6月も撮影へ。梅雨の晴れ間で天気もよかったんですけどね~。

2回とも鳥栖駅にて撮影しました。到着〜回送としての発車までの間もじっくり撮れます。(^ω^)


今回はいつも使っているネオイチのCOOLPIX B500とともに、ペンタックスのお古デジイチの*istDL2で撮影する二刀流体制にしました。(掲載画像は*istDL2で撮影したもの)

逆光なのですが、RAWで撮影、後で補正すればいいわけでして。ちょいと色味をつけてみました。(^ω^;;



鬼滅の刃のときは「無限」でしたが、本来の「58654」とSL人吉のヘッドマーク。
やっぱりこっちですよね~!

5月に撮影しに行ったときにはなかったのですが、DE10の方にもヘッドマークがついていました。
ヘッドマークがなかったことが不満だったのかもしれませんね。




あと何回かは撮りに行きたい、できれば他の駅、沿線で…そう考えているところです。
ただ今年も暑い夏になりそうがして、そこも心配ですがね。  


Posted by けいたん at 10:00

2021年06月11日

【ランパスdeプレミアムランチ】セイロン

ランチパスポートは掲載されたメニューが500円になるのでお得にランチするのに役立っています。
しかし、緊急事態宣言が出てから、臨時休業や時短営業などで使えなくなっているお店もちらほら…


そんななかで、500円になるメニューもいいですが、1000円になるプレミアムランチも忘れてはいけませんよ。


今回はそのプレミアムランチから、大名にある「セイロン」を紹介します。一風堂大名本店のそばにあります。
セイロンはスリランカカリーを中心に出されているお店です。店主さんもスリランカ人です。日本語OKですよ〜。


ランパスでは、カレープレートに、カタリス(スリランカ風コロッケ)、マンゴーラッシーがついたメニューとなります。


マンゴーラッシーが先着です。
(食後に飲むために残したので氷が溶けてしまっていますがw)




程なくして、カレーが到着〜。


福岡市内ではスリランカカリーを出すお店は多くありますが(殆どはツナパハの流れ)、本場のスリランカ同様に、自分で、プレートに盛られた具材にルーをかけて混ぜて食べるタイプはなかなかないかもです。
ライスを島にしてルーを全部かけるのもいいですが、少しずつかけて具材を混ぜながら味合うのもありかもです。そのへんはお好みで…。(だから、かけたあとのは載せません。)
(ランパスにはカレープレートのルーは5種から、ライスかヌードルかなどを選べるとあるのですが…まあ最初なのでデフォでいいです。ルーはチキンカレーです。)


食後には、デザートもついてきました。他のスリランカカリーを出すお店のデザートはフローズンヨーグルトアイスが多いのですが、こちらはチョコアイスでした。辛いもののあとには甘いもの…いいですね〜。



スリランカカリーといえばなんと言っても見た目がすごくいいですし、なによりも日本人の口に合うのはなぜでしょう。サラサラしているけど腹持ちもあります。
お店は日当たりもいいですし、これで1000円になるならお得ですね〜。

今年の夏もこうしたのを食べれば乗り切れますね!



セイロン
福岡市中央区大名1−13−12  


2021年05月23日

【天神ビッグバン】福岡市役所北別館前にあるヴィクトリア時代の街灯【移設のため撤去】

福岡市天神・福岡市役所北別館前に1つだけ異彩を放つ街灯があるのはご存知だろうか。



これは、アメリカのオークランドから贈呈されたものだ。

現地の案内にはこうある。


福岡・オークランド姉妹都市提携十三周年を記念して、オークランド市民は、福岡エキスポ75において展示されたヴィクトリヤン時代の街灯を、エキスポ終了後に福岡市民に贈ることにいたしました。この街灯は、1925年以来レーキ・メリット公園の周辺を首飾りのように美しく彩った装飾の一つであります。
1975年3月25日 贈呈



ということで、寄贈されてここに設置以来45年近くもの間、毎日灯し続けていたということだろう。



周囲を柵に囲まれていて、中に入って休憩するにはちょっと恥ずかしいスペースまであるw



夜になると、暖かみのあるオレンジ色の明かりが灯り、一際目立つのだ。




この街灯が、天神ビッグバンによる市役所北別館の再開発で、一足先に撤去され、移設されることになった。
(移設先は把握していません…m(__)m)


実は、2021年5月22日にその撤去工事を目の当たりにすることができました。
すでに街灯は掘り起こされてトラックの荷台に…。(半分に分解されていますね)




その数時間後には何もかもなくなっていた。





ところで、オークランドにあるレーキ・メリット公園ってどこにあるんだろうと調べてみました。
レーキ・メリットは英語で「lake merritt」と書くそうで、Googleマップで検索すると、「メリット湖」というところにピンが刺さりました。
オークランドの中心部にあって、周囲は公園になっているそうなので、まさに福岡市でいう大濠公園みたいなところでしょうね。

Googleマップのローカルガイドの投稿写真を見ていると、いくつの写真において、同じヴィクトリア時代の街灯がいまも残っているのを見つけました。これにはいまも姉妹都市だけに感動しました。




さて、どこに移設されるか気になりますね〜。追って紹介できればと思います。