2014年10月03日

福岡ソフトバンクホークスが3年ぶりのリーグ優勝


(c) SoftBank HAWKS


まずは、福岡ソフトバンクホークスさん、リーグ優勝おめでとうございます!(・∀・)

みんなで盛り上がった、大一番!



ずばり、“ 10.2決戦 ”!!


(写真は、現地観戦していないので、過去記事からの流用です。)



昨日10月2日。
ゲーム差なしで、今季最後、本拠地のヤフオクドームで迎えたオリックスとの首位決戦試合!

ホークスが勝てば、優勝。
一方、オリックスが勝てば、オリックスにマジック1が点灯。
引き分けても、オリックスにマジック2が点灯するという、ホークスにとっては危機的な試合でした。


先発は、ホークスがオリックスに2勝の大隣、オリックスがホークスに2敗のディクソン。



まず、スコアはこんな感じ!

オ 000 000 100 0 =1
ソ 010 000 000 1× =2



2回裏、ホークス細川が犠牲フライでホークス先制!
7回表、オリックス原拓也のタイムリーヒットで、同点!


引き分けのまま延長に突入で、このままではオリックスに有利な展開…

しかし、劇的なドラマは10回裏に待っていた!


オリックスはピッチャーを平野佳からマエストリに交代

先頭打者、柳田がフォアボールを選んで、1塁。

今宮が見事送りバントを成功させ、柳田が2塁へ。1アウト。

内川が敬遠で勝負を避けられて出塁、1、2塁。

イデホがストレートのフォアボールで出塁し、満塁。

オリックスはピッチャー交代:マエストリ→比嘉

松田が。1ボール、2ストライクからレフトへのサヨナラヒット!
ホークス2点目で、試合終了!

よっ!お祭り男、松田!
この瞬間、福岡ソフトバンクホークスが3年ぶりの優勝を決めました!


秋山監督は歓喜の涙、オリックスは伊藤らが悔し泣き崩れる…。。


秋山監督は、胴上げで7回宙を舞いました。




レギュラーシーズン全144試合。144試合目でのリーグ優勝!
78勝60敗6分、勝率 .565!

マジック点灯なしでの優勝…過去にもあったんですね。
名勝負と言われていたのは、のちに『10.8決戦』ともいわれた、
1994年10月8日、セ・リーグで巨人と中日がともにこれまで69勝60敗で迎えた、大一番がありました。 (当時のセ・リーグは、全130試合で26回総当たり戦)

今回の試合も、ほとんど同じ。
ただし、ゲーム差は同じでも、勝率が微妙にホークスが上回る状況。
ちなみに、オリックスがこのあと、楽天に2連勝しても勝率でホークスを上回ることができない。



しかし、今季のオリックスは本当に強かった!
最後まで、1996年以来の優勝が見えていたもの!


ホークスは昨日の優勝を迎えるまでに、思わぬ失速でこのあろ最多の5連敗。
大隣の前々回、9月16日のオリックスとの対決の登板から考えると、9敗…。

もう、怒り心頭で優勝を諦めきっていたファンもいたと思います。


昨日、大隣は6回4安打6奪三振無失点で切り抜けました。
そこからは、森、五十嵐、サファテの勝利の方程式。
森が1失点して、大隣に勝ち投手の権利は消えたものの、10回裏に打線が仕事し、サファテが勝ち投手になりました!

先発陣の武田や飯田が控えに入っていましたが、登板なし。


限られた選手の数のなかで、勝ってくれた。すごく大きな勝利です。


今度は、クライマックスシリーズのファイナルステージ!
そして、日本シリーズと続きます!

2011年以来の日本一を目指して、十分に調整をしていただきたいです!


ホークスさん、本当に優勝おめでとうございました!(・∀・)



同じカテゴリー(スポーツ)の記事
 ホークスが2年ぶり8度目の日本一! (2017-11-05 10:00)
 4横綱揃い踏み!住吉神社で横綱奉納土俵入り(20171102) (2017-11-03 10:00)
 ホークスのリーグ優勝と楽天の失速を振り返る (2017-09-17 10:00)
 ダイエー戦士だった井口資仁選手の引退 (2017-08-29 10:00)
 おかえりムネリン!6年ぶりにホークス復帰へ! (2017-04-02 10:00)
 オープン戦で和田と杉内の同級生対決が実現!(20170316_H-G) (2017-03-17 10:00)

Posted by けいたん at 09:00 │スポーツ