2016年11月16日

博多駅前通りの陥没箇所が仮復旧(20161115)

11月8日に起きた博多駅前通りの陥没事故で一部通行止めになっていた箇所が仮復旧し、15日午前5時に規制が解除、通行が再開されました。
事故発生からちょうど1週間。急ピッチで復旧作業が進められましたが、その早さに驚かされます。

ほんの一部ですが、復旧までのレポートです。

事故当日、博多駅~キャナルシティ方面の行き来は、周辺道路へ迂回しなければなりませんでした。

発生からまだ数時間しか経っていないときに現場へ向かいましたが、迂回する途中にもガスの臭いがしたほどで、火気の使用を禁止する呼び掛けもありました。



ポッカリと開いた穴を見るだけでも衝撃的でした。



ガス漏れ発生のため、博多駅前から博多区役所南口交差点まで通行止め。報道陣もここから終始撮影。


(前回の記事も参照)


当日昼過ぎには復旧に向けて前進、セメントなどを混ぜた特殊な土を陥没した場所に投入する工法がとられ、その作業は翌日(9日)も続いていました。
この工法のメリットは、固くなる性質をもちつつ、掘り起こすことも容易とのこと。今回の作業は仮復旧ですから、本復旧が今後行われることになっています。



ミキサー車が複数台。規模が大きいことを示しているよう。


JR博多シティの屋上から見上げると、蟹の脚のように見えます。



作業は順調に進み、12日には、クレーン車が穴があったところに踏み入れているのと、下水管が接続されようとしているところも確認できました。



クレーン車は下水管を敷設するためのものだったのですね。そこまで必要だとは。




この通行止めによって、西鉄バスの駅前三丁目のバス停は、事故当日から一時使用停止になっていました。




そして、15日早朝に仮復旧。境目がくっきりわかります。いちおう、1時間おきに安全確認のための監視が行われることになっているそうです。



ベローチェ前の通常のタイル張りの歩道タイルと仮復旧のアスファルトの境目。後者は点字ブロックも新しくなっています。




  


2016年09月23日

筑豊を行く(#6)後藤寺バスセンターの最期

筑豊を行くシリーズ、久しぶりです。最近の訪問から。
田川市にある後藤寺バスセンターへ行ってきました。

鉄筋コンクリート3階建ての建物で、2階部分には1959年から1988年まで、『ターミナル会館』と呼ばれていた、座席数700を誇る大型の映画館があり、川崎町の炭鉱主・上田一族がオーナーの朝映観光が営業を行っていました。(※建物所有権はいまも同社が持っています。)

映画館が閉館したあとも、『ターミナル会館』の看板はそのままで、バスセンターが残りました。
しかし、老朽化によってコンクリートの落下等が発生していことから、西鉄は再三にわたり建物の所有者※に対して施設の修繕を要請していたそうですが、要請に応じなかったため、今年6月24日に開かれた、田川市議会の建設経済委員会において、今月末をもって、西鉄が同バスセンターから撤退することが正式発表された形になりました。

なお、同バスセンターからの撤退で、「後藤寺」バス停は、近くのところへ移設されます。(天神・博多駅方面の特急・急行バスの発着も同様)

いずれ、建物も解体されてしまうのではないでしょうかね、さすがに…。その費用などどうするのか。駅前と一帯とした再開発があるのかも、注目しておきたいですね。

というわけで、バスセンターが閉鎖される前なので、行ってきたというわけです。いつ以来かー。


外観1
バスセンターへ乗り入れるバスはここから進入します。





構内
あえて、レトロ風に。
明るい時間帯ということもあるせいか、蛍光灯も部分的に灯されているだけ。それがかえって、いい感じです。
すでに窓口業務は廃止されており(後藤寺営業所に移行済)、構内アナウンスなどもなく、待合用のベンチが残されているのみです。(トイレと自動販売機はあり)









外観2(322号線側から)





JR田川後藤寺駅までは歩いてすぐのところに立地しますが、筑豊ってどこへいっても、やはり寂しい印象を受けます。  


Posted by けいたん at 10:00撮影西鉄バス田川

2016年08月16日

連接バス(福岡都心循環BRT)に乗ってきました!

猛暑日が続いています。お盆で暑さも一段落するといいのですが、まだまだ暑さも厳しそうです。

さて、先週から天神・博多駅~博多港国際ターミナル間で試行運行を実施している、連接バス(福岡循環BRT)に乗ってきましたよ。

☆乗車は、中ドアと後ドアからです。
☆降車は、前ドアと後ドアからです。
となっています。
後ドアの近くには、乗車用と降車用それぞれのICカード読み取り機が設置されていますので、お間違いのないようにタッチしてください。

さて、フロントは一面ガラスになっていて、運転のしやすさがよくわかります。そしてなによりも、前面展望が楽しめます。(^^)


運転席にはモニターもつけられています。
それより気になったのは非常口で、上部にあります。はしごをよじ登って逃げるスタイルなのでしょうけど、日本ではまず、あまり馴染みのないことです。



そしてなによりも、連接バスの楽しみは、後方の車両でしょう。
博多駅~博多港国際ターミナル間のバスでは、いちおう、アテンダントが添乗しています。




交差点などで曲がるとき、連結部が動きます。
幌周りはキノコ型といいましょうか。


車窓から見えるその光景も見ものです。


乗ってみることをおすすめします。(^o^)  


Posted by けいたん at 10:00撮影西鉄バスイベント関連

2016年08月10日

連接バス(福岡都心循環BRT)の試行運行が始まりました!

連接バス※(福岡都心循環BRT)の試行運行が、8月8日より開始されました。運行は、西鉄が担当です。

第1弾として、まずは、天神・博多駅~博多港国際ターミナル間で、天神・博多駅発着ともに、1日6往復運行されます。
ダイヤも組まれていますが、道路事情で遅れるので、あまりアテにならないかもしれませんね。
運賃は、通常の一般路線バス同じで、天神発着が190円、博多駅発着が230円となっています。(大人・片道)

試運転のときの車体は白ベースでしたが、黄色がアクセントに入れられています。

中央ふ頭内のバス待機場にて。(^^)
全長が約18メートルということもあり、駐車方法も通常の一般路線バス(大型車で全長約11m)と異なるところも、見ていておもしろい。






今回の試行運行に使用されている2台が並びました。
左が0101、右が0102。どちらも、愛宕浜営業所の所属です。



行先の表示フォント(というよりフォーマット)は一般路線バスと同じですが、行先番号はなしですね。



天神橋口交差点にて


博多港国際ターミナルにて


交差点で曲がるときは、この曲がり具合。巻き込みに注意ですよー。


本運行開始時には運行台数を増やし、運賃もそのときに決めるとしています。えっーと思いつつ、お得に乗るのは、今のうちというところでしょうか。


※西鉄では “連節”バスと表記とされていますが、拙ブログでおいては“連接”バスと表記しています。
  


Posted by けいたん at 10:00撮影西鉄バス地域情報

2016年08月06日

電車もバスもワンピースラッピング!

みなさんいかがお過ごしでしょうか。福岡は連日暑い日が続いていますね。日焼け止めや熱中症の対策をしていても、汗かきな自分にとっては対策するに越したことはないのですが、居心地はよくないです。(^^;

さて、いま世間では『ポケモンGO』や『シンゴジラ』が流行っています。

アニメ、ワンピースの劇場版『ワンピースフィルムゴールド』も忘れてはいけません。(^^)

ワンピースフィルムゴールドとのタイアップしたラッピングが、西鉄天神大牟田線(西鉄電車)と西鉄高速バスに展開されています。同時というのは珍しいですねぇ。
(念のために…映画宣伝でもありますし、どちらも期間限定です。)

西鉄電車
3000形5両固定編成(3010F)なので、日中は主に、福岡(天神)~小郡・花畑間で、急行として運行されています。



西鉄電車のラッピング車は、9月28日まで運行される予定です。


西鉄高速バス
福岡(西鉄天神高速バスターミナル)~北九州(砂津)間の路線で運行されています。

(北高7826)




(北高7827)



西鉄高速バスのラッピングは、9月30日まで運行される予定です。

西鉄福岡(天神)駅⇔西鉄天神高速バスターミナルで、ワンピースラッピング同士でうまく乗り継げるといいのですが………たぶん無理です。(^ω^)


そういえば、西鉄バス北九州の市内路線バスにもラッピング車両が走っているのだとか。気になります。

ワンピース好きのみなさーん!撮影するなら、お早めにです~。

(いやぁ、金持ちの会社は違いますなぁー。全国でも同じようなラッピングがあるのだとか。。)  


Posted by けいたん at 10:00西鉄(電車)撮影西鉄バスイベント関連

2016年03月29日

太宰府ライナーバス『旅人』の撮影会



3月27日、太宰府市の太宰府駐車センターにおいて、博多バスターミナル~太宰府を結ぶ、太宰府ライナーバス『旅人』の撮影会が行われました。
太宰府の名所のラッピングが施された6台が一同に揃いました。

2660 太宰府天満宮


9382 九州国立博物館


2661 太宰府政庁跡


9444 竈門神社


9244 観世音寺


9243 水城跡



(全車両、甘木営業所に所属)

1時間という限られた時間でしたが、後半からは一風変わったことを行われたりしました。



太宰府市の公用車(軽ワゴン車)の1台が、旅人に倣って旅人を作っていました。ちょっと改造すれば、タクシーにもなりそうな。(^^;



並んでも、たいした違和感なしです。


太宰府駐車センターは、筑紫台高校前にある、一般車はもちろん、観光バスが止められる、太宰府市最大の大型駐車場です。
最近は、隣国からの観光客が急増し、ますます需要が増えています。  


Posted by けいたん at 09:00撮影西鉄バス地域情報イベント関連

2016年03月25日

福岡都心部で連接バスが走る!



2台のバスをつなぐことで、より多くの乗客を一度に運べる「連接バス」※の試運転が、福岡都心部で始まり、昨日昼過ぎ、天神で目撃しました。(^^)

この連接バスの運行の構想は、1年前に遡ります。
天神、博多駅周辺と、博多港周辺の中心3拠点を結ぶ循環BRT(バス高速輸送システム)を、福岡市と西鉄が共同で構築。
2016年度から運行を開始し、2020年度までに循環ルートでの本格運用を目指すとしています。

▼白ベースの車体です。もしかしたら、今後、塗装などが施されるかもしれないですね。

車体の全長が18メートルということもあり、昭和通りの天神橋口交差点(渡辺通り)もこんな感じ。





最後尾には注意書き。車体メーカーのロゴもついています。



連接バスはスウェーデン製で、乗客定員が130人と通常の大型バスの約2倍。
まず2台を導入して、運行上の安全性や課題確認を行いながら段階的にシステムを形成し、15台まで増やしてゆく計画だそうです。

目撃したのは、そのうちの1台。
○愛とあるように、愛宕浜営業所の所属となるようです。車番とナンバープレートのナンバーが同じということにも注目。

▼昨年の福岡市発表時点での計画運行図


福岡都心部の交通手段の楽しみが増えそうですね。

※「連接」・「連節」、どちらも正しい表記ですが、拙ブログでは「連接」と表記します。
  


2016年01月28日

歴史的大寒波と雪景色を撮る(20160124_福博巡り編1)

24日撮影分の続き。
舞鶴公園へ行ったあと、昼食も兼ねて、さすがにいったん帰宅しました。

まずは午前中、舞鶴公園へ行く途中に撮影したものから。

近所の大正通り。ご覧のように、道路はアイスバーンで一面の真っ白。これもなかなか見られない光景です。


そして、けやき通り。
途中で、激しく吹雪いてきました。西鉄バスも後輪にチェーンをつけての運行されていました。(24日、福岡市内の西鉄バスは20時で運休となりました…。)



ところ変わって、大名。雪だるまができていました。


警固公園も、一面の真っ白。



ソラリアターミナルビル(西鉄福岡駅改札口そば)から、天神きらめき通りを見下ろしてみました。


さらにそこから、櫛田神社へ。

前日の23日に設営されたばかりの、日本一のお多福面。



手水舎。一部が凍りついて、氷柱もできています。柄杓も凍っています…。




博多町家ふるさと館と…ここでまた吹雪いてきました。


大博通りに出てきました。いつもは交通量も多い主要道路もこの状態。




聖福寺へ。
猫たちはいませんでした。もしかしたら、寒さをしのいでどこかに行ったのかもしれませんね。




ということで、24日編は、まだ続きます。
  


Posted by けいたん at 10:00撮影史跡・遺産関連西鉄バス地域情報

2015年06月07日

西鉄バスもAKB48選抜総選挙仕様に!

福岡で初めて、ヤフオクドームで開催された、AKB48選抜総選挙。

西鉄バスによるヤフオクドーム行きの臨時バスも運行されましたが、通常の方向幕ではなかったことも、少し話題になりました。





前面をよーく見ると
【AKB48選抜総選挙会場】という表示。



側面は、2012~2014年のセンター(1位)になったメンバー(元を含む)、大島優子、指原莉乃、渡辺麻友に、今年の???の表示!


※ 今年のセンター(1位)は、HKT48の指原莉乃が2013年以来の返り咲きになりましたね。


後面は、博多弁で【みんなは誰が好いとうと?】!



西鉄の細かい演出には、いいね!といいたいですね。
プロ野球や他のライブなんかにも応用してほしいです。(^^)
  


Posted by けいたん at 10:00撮影西鉄バスイベント関連

2015年06月04日

小倉から福岡空港行きの高速バスに乗る

北九州へ行く際、いつも天神高速バスターミナルからの高速バスを往復で利用しています。
天神だと自宅からも近いですし、JRよりも安上がりですし…(^^;



今回の下関行きの帰りには、珍しく、小倉駅前から福岡空港行き高速バスに乗りました。
運賃は1230円と、天神高速バスターミナルまでとは100円しか差額はないです。


途中までは、ひきの号とほぼ同じルート。
福岡都市高速は千鳥橋ジャンクションで分岐して、空港通ランプで下りて、国内線ターミナル到着です。
国内線ターミナルで降りたので、国際線ターミナルまでのルートは、……ですが。(^^;


車体は、西日本車体工業のB型高速。61代なので西工末期ですね。



車内は、空港連絡バスとして、運転席うしろが座席ではなく、トランクケースが置けるスペースになっていました。(^^)




時間が合えばまた乗りたいですけど、家のある場所を考えれば、遠回りになってしまうのが欠点です…。
本数も少ないですし、小倉からの帰りに福岡空港にはそこまで用はないですし。(トイレ休憩くらい。)


あ!北九州の方なら、うまくいけば、レベルファイブスタジアムでのアビスパ福岡のサッカー観戦なんかにも使えそうですけどね。



(ちなみに、その後、福岡空港からは乗り継ぎ割引を使って博多駅まで行きましたとさ…。)  


Posted by けいたん at 10:00撮影西鉄バス

2014年09月26日

福岡シティループバス『ぐりーん』

2008年9月から運行してきた西鉄の福岡都心ループバス『ぐりーん』が今月末(最終運行は28日)で運行終了となります。
ここ最近は、福岡オープントップバスが好評ということもあり、完全に移行になるかたちですね。


ぐりーんは、西鉄の創立100周年記念事業として、JR九州の鉄道車両を中心に手掛ける水戸岡鋭治氏が、外観ならびに内装のデザインを担当されました。一般車両からの改造ということもあり、目を疑いました。

運行当初は毎日運行されていましたが、利用客低迷もあって、土日祝日のみに縮小。


専用車両は4台あり、一般の路線バスとは仕様が違うため、車両の去就が気になるところです。





ぐりーんは、前乗り後ろ降り。東京や大阪の均一運賃区間のバスと同じです。
これがちょっと混乱する原因を作ったのではないでしょうか。









正面のLED行き先表示は固定。


(川端町・博多座前)


(駅前一丁目)


6年間の運行というのは、短いような長いような…。

(特記がない限り、百道浜営業所(敷地外)で撮影。)  


Posted by けいたん at 09:00西鉄バス

2013年06月25日

雨の日のオープントップバス

日曜日、用があって近くを通りがかったとき、KBCシネマ裏のバス折り返し場に、西鉄の福岡オープントップバスが止まっていました。

雨の日は運休します。
でも、雨の日でもバスは雨ざらし。

2台が仲良く並ぶわけもなく…。なんだかなぁ。




  


Posted by けいたん at 09:00西鉄バス

2013年05月01日

バスがある光景




天神の中心を南北に通る大動脈、渡辺通り。


そのなかでも、昭和通りとの交差となる『天神橋口』交差点。


フタタ側からみる光景は、いつ来ても、見飽きない。


深夜帯を除き、バスを見ない時間帯はないからだ。


大きな車体を、見事なハンドル裁きで曲がるのだ。


今日も、安全運行で!


(2013/4)  


Posted by けいたん at 09:00西鉄バス

2013年03月07日

WBC仕様の福岡オープントップバス

実は先月から運行されていた、WBCのステッカーが貼られた、福岡オープントップバス。

車両点検などもあり、追っかけることが厳しく…
遅れ馳せながら、ようやく撮影することができました!

車両点検ということで1台が運用に入るわけですが、時間の問題もあり、本数を削減しての運行です。


この日は、青が運用に就きました。



赤は教習車で非営業運転。
青が出発した間もない直後に、福岡市役所前で撮れました。




昨日までヤフオクドームで行われた1次ラウンド。
日本は2勝1敗で、明日から東京ドームで行われる2次ラウンドに進みます。

3連覇に向けて、2次ラウンドでも頑張ってほしいですね!  


Posted by けいたん at 09:00西鉄バス

2012年11月07日

福岡オープントップバスの乗客数が5万人突破!

西鉄が、今年3月24日から運行させている
屋根無しの2階建ての『福岡オープントップバス』ですが、今月2日に累計乗客数が5万人を突破されたそうです。


オープントップバス5万人

3月から福岡市内で運行している屋根のない2階建て観光バス「オープントップバス」の累計乗客数が2日、年間目標の5万人を突破した。主要発着点に近い福岡市役所では、市や運行する西日本鉄道の関係者らが出席して記念式典が行われ、5万人目となった鹿児島市●●●の主婦、●●●●●さん(62)に記念品が手渡された。
 バスは、市と西鉄が「福岡の新たな観光の目玉に」と、3月24日に運行をスタート。現在は市内のJR博多駅や海沿いを眺めたり、夜景を楽しめたりする3コース(各約60~80分)を1日計10本運行している。
 ●●●さんは、長女の●●●●さん(37)(鹿児島県姶良市)と2人で、福岡市を訪れ、初めて乗ることにしたという。市内のホテル食事券を受け取り、「5万人目と聞いてビックリした。普段と違う目線からの景色が楽しみです」と笑顔でバスに乗り込んでいた。

(2012年11月3日 読売新聞)



福岡の新たな目玉として投入されたわけですが、意外と、好評なことが伺えます。

悪天候時や山笠期間中などの一部の日は原則運休ですが、それ以外の日には、毎回多くの人が乗られてるのが見てとれます。






梅雨時を除いては天気に恵まれたことも、乗客数アップの貢献に繋がったことでしょう。

10万人、50万人……と、あっという間に達成しそうな気がしますね。(^^;


※引用した記事内の個人情報の一部を伏せさせていただきました。  


Posted by けいたん at 09:00西鉄バス

2012年04月16日

FUKUOKA OPEN TOP BUS

ご無沙汰なブログ更新であります。(^^;
実はいろいろとバタバタしていたり、そうではなかったり…まあ、そんなところですね。



さて、3月24日から運行開始されて好評中の「FUKUOKA OPEN TOP BUS(福岡オープントップバス)」を紹介しようと思います。

ところでこの専用車両(2台)、購入にかかった費用のうち4分の3を福岡市が負担していまして、西鉄が運行しています。


コースは3つ用意されています!


1…シーサイドももち・福岡城址コース(運行便数:5便、所要時間:約60分、運行車両:ブルー)
天神・福岡市役所前 → (都市高速 天神北ランプ〜百道ランプ) → シーホークホテル → 福岡タワー → 大濠公園・福岡城址 →天神・福岡市役所前





2…ベイサイド・博多街なかコース(運行便数:5便、所要時間:約60分、運行車両:レッド)
天神・福岡市役所前 → 博多ふ頭・ベイサイドプレイス → 博多駅 → 櫛田神社 → 天神・福岡市役所前





3…福岡きらめき夜景コース(運行便数:1便、所要時間:約90分、運行車両:レッド)
天神・福岡市役所前 → (都市高速 呉服町ランプ〜百道ランプ) →シーホークホテル → 福岡タワー → 天神・福岡市役所前




====


乗車料金(乗車券代)は、大人1500円、小児750円。
この料金には、各コースの乗車券でそのコースのみ、また、福岡シティループバス「ぐりーん」ならびに福岡都心フリーエリアの一般路線バスに1日乗り放題の特典がついてきます。



乗車券は、福岡市役所1階ロビーの乗車券カウンターで発売されています。(土休日も開庁)
途中乗車の際は、乗車時にアテンダントから購入することになります。


乗車に際して、予約は基本的に不要!
「天神・福岡市役所前」からの乗車に限り、事前申し込みが可能となっています。
安全上の問題から、定員乗車のため、満席時は乗車できません。また、3歳未満の乗車もできません。

交通規制や悪天候時など、西鉄側の判断で運行が休止されたり取りやめになることがあります。
傘(日傘含む)の使用は禁止されており、雨天時の雨合羽は用意されているそうですが、日焼けや熱中症、防寒対策等は自己責任です。



今回の画像はすべて、運行開始前の試乗会の時に撮影したものです。
運行開始以降は、市役所のロータリーに乗り上げてくることはありません。(^^)  


Posted by けいたん at 10:00西鉄バス

2012年01月29日

電動バスの実証実験

1月22日〜27日の期間限定で、国内で二例目となる「電動バス」(電気バス)の実証実験が、千早駅〜アイランドシティ(香椎照葉三丁目)間<留学生会館前経由>で行われました。


もちろん、乗ってきましたよ。
天神から千早駅までバスで来たので、しっかり乗り継ぎ割引適用させました。

アンケートもあり、回答してきました。


三菱ふそう純正のアクアブルーベースの車体。(^^)


車番は4644、香椎浜営業所所属になっていました。ナンバーも含めて一時的なものでしょうけどね。


走行時間に反して、充電時間もそれなりにかかります。


電源供給口は、一般の電気自動車と同じです。


スタンドなど電気設備は仮設のものです。
見にくいですが、充電完了まで38分40秒。40分近くかかるみたいですね。



走行時の時速は40キロを切ります。
一般道はまだしも、都市高速など定則の60キロでも走れるような区間では厳しいと思います。
これらも踏まえて、課題になりそうですね。



アイランドシティ内の香椎照葉三丁目バス停は、今のところ転回場のみ。
しかも、一部分を除いてアスファルト舗装ではなく砂利です。


既存の香椎浜営業所にかわる営業所がいずれは出来る予定ですが、いつになるやら…。



アイランドシティは何度か訪れていますが、まだまだ発展途上ですね。
新こども病院も着工していません。

電動バスが行き交う姿が見られる頃には、どこまで発展しているでしょうか。楽しみですね!  


Posted by けいたん at 09:00西鉄バス