2018年09月05日

大仁田さんに再会じゃ~!(20180902)

9月2日、佐賀県上峰町にある吉野ヶ里温泉卑弥呼乃湯の15周年記念のイベントに、元プロレスラーの大仁田厚さんがゲストで登場されるということで行って来ました。(^ω^)
(上峰町にあるけど、すぐに吉野ヶ里町との町境に位置しています。)

大仁田さんとは4月の神埼市長選以来の再会となりました。

神埼は福岡から山を越えたらすぐなんですけど、連絡を取り合うことがなかなか難しいですし、こういう機会があればと…実現しましたね。(大仁田さんの近況はTwitterで見ています。)

神埼市長選の直後、大仁田さんの全日本プロレス時代の師匠だった故ジャイアント馬場さんの奥様だった元子さんが亡くなられたり、プロレス業界のニュースはいろいろ話が尽きないです。

そんな大仁田さんも、女子プロレスのスターダムでプロデューサーに就任されたり、プロレスラーとして本格復帰するとかしないとかで周りもいろいろ話題を振る舞いていますが、膝の状態は決して良くないとのことで、そうなるとやっぱり復帰は難しいのではないかなと。

大仁田さんは現在、神埼に居住しながら、農家のお手伝いなどをされています。
Twitterを見る限り、釣りも趣味なようで、釣りに行かれているようですけどね。

とにもかくにも、元気な姿を見られて、お話しもできただけで、ファンとして嬉しいことです。









餅つきのあとは温泉に…とおもったら、大仁田さんは帰られました。記念撮影などには応じてくれましたよ。

ちなみに法被の下はタンクトップで、多くのデスマッチ、死闘を物語る傷跡も残っていました。(^^)

自分はもちろん、温泉も浸かってきました。
まだまだ残暑厳しいですが、今年の夏の疲れをさっぱりと洗い流しにですね。
露天風呂もあり、想像以上に広々したところで良かったです。  


Posted by けいたん at 10:00撮影スポーツイベント関連佐賀

2018年08月28日

西鉄「TENJIN AMURO MONTH」安室奈美恵さんのラッピング電車!

お待たせしましたー。

8月11日~9月16日までの期間限定!
「TENJIN AMURO MONTH」の一環で、福岡限定ビジュアルとなる、安室奈美恵さんの写真のラッピングが施された電車の紹介です。

ラッピングは、西鉄天神大牟田線の3000形5両1編成(3011F)に施されています。





主に、西鉄福岡(天神)~花畑間の急行列車をにて運行されています。(^^)

ヘッドマークなし、側面ラッピングなので反射などで撮影しづらいですけどね。
(期間中、那珂川あたりで撮れればとおもっていますが、その撮影に時間が取れるか。。)

また、西鉄福岡(天神)駅では、同期間中、初電~終電まで、発車メロディを、安室奈美恵さんの『HERO』をアレンジしたものに差し変えられています。

動画でどうぞ。(^^)



(駆け込み乗車はやめましょう。)

安室ちゃんファンの女性もいらっしゃいますね。
  


2018年08月07日

西鉄「TENJIN AMURO MONTH」安室奈美恵さんのラッピングバス!

8月11日~9月16日までの期間限定!
「TENJIN AMURO MONTH」の一環で、福岡限定ビジュアルとなる、安室奈美恵さんの写真のラッピングが施された高速バス車両が登場しました。

福岡~北九州線、福岡・福岡空港~別府線、福岡・福岡空港~長崎線(九州急行バスによる運行)の3路線で、それぞれ運行されます。
それぞれのダイヤについては、西鉄くらしネットで確認出来るようになるそうです。

運行に先立ち、8月6日に、天神のソラリアプラザにて、展示会が行われました。(^^;)









○北高 8130


安室奈美恵さんの引退まで、いよいよカウントダウンも秒読み段階になりましたね。
西鉄も、思い切ったことをしたとおもいます。(^^)

また、西鉄天神大牟田線でも3000形5両1編成が同期間に運行されます。そちらは追ってレポート予定です。
  


2018年07月27日

かどや食堂のアイスキャンディー

九州北部では今月9日に梅雨明けして以来、暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。外出するのも鬱陶しくなりますね。
連日、熱中症による救急搬送があり、なかには死者まで出ています。
こまめな水分補給(「喉が渇いた」では手遅れとも)、室内ではエアコンをつけて涼しくするなど、対策をばっちりしましょう。


用事がてら、博多区美野島にある『かどや食堂』に立ち寄りました。
店内の食事メニューもおいしいのですが、ここの名物といえば、夏に出るアイスキャンディーでしょう。
今回はこのためです。

ミルクやコーヒー、抹茶などの昔懐かしの味のアイスキャンディーが、1本50円と、子供のお小遣いでも買えるとあって、大人でも大量買いする方もいます。






その場で食べ歩くのもよしですねぇ!
スティックもまた、昔ながらの斜めに刺さっています。

大量買いなら、半晒しの紙袋に入れて、新聞紙に包む、先人の知恵、昔ながらの方法です。
今年はさらに暑いので、保冷剤入りのアルミバッグを持参してくるといいかもしれません。




…………
かどや食堂
福岡市博多区美野島1ー12ー9
営業時間:11:00~1●:00(要確認) 定休日:日曜日
…………

しかし、この暑さはいつまで続くのか。
屋外で撮る機会が多い撮り鉄も自粛しています。
遠出は、来月に数カ所を予定しています。(^^)  


Posted by けいたん at 10:00撮影おやつ地域情報

2018年07月15日

博多祇園山笠2018(#5)追い山

7月15日早朝、博多祇園山笠のフィナーレである追い山が行われました。

(櫛田入り/全コース)

西流  31秒01/31分14秒


千代流 31秒22 /29分00秒


恵比須流 33秒77 /31分52秒


土居流 35秒72 /30分43秒


大黒流 34秒24 /29分26秒


東流  30秒69 /29分17秒


中洲流 37秒78 /33分18秒


・上川端通 60秒24




777年目、平成最後の博多祇園山笠は終わりました。
来年は新元号での山笠となります。どんな風になるでしょうね。

  


Posted by けいたん at 15:00撮影博多祇園山笠地域情報イベント関連

2018年07月14日

博多祇園山笠2018(#4)集団山見せ

博多祇園山笠。
7月13日、博多部から福岡部へと舁き入れる集団山見せが行われました。
今年も多くの地名士が台上がりを務めました。(敬称略)

西流
【表】西村秀夫(総務)、高島宗一郎(福岡市市長)、藤永健一(福岡商工会議所 会頭)


【見送り】荒牧英敏(副総務)、半田俊彦(九州朝日放送㈱ 専務取締役)、秋吉廣行(㈱QTnet 取締役会長)



千代流
【表 】西川裕庸(総務)、村瀬廣記(西部ガス㈱ 代表取締役副社長)、倉富純男(西日本鉄道㈱ 代表取締役社長)


【見送り】田中満義(副総務)、福田裕(福岡市立千代小学校 校長)、渡辺淳司(大和証券㈱ 参与 福岡支店長)



恵比須流
【表】山野竜善(総務)、古賀信行(野村ホールディングス㈱ 取締役会長)、柴田暢雄(コカ・コーラボトラーズジャパン㈱ コカ・コーラ協会副会長)


【見送り】大池正治(流会計)、西高辻信宏(太宰府天満宮 権宮司)、調崇史(福岡市議会議員)



土居流
【表】中山雄介(総務)、伊崎数博(九州電力㈱ 代表取締役副社長)、戸谷弘一(福岡県博多警察署 署長)


【見送り】清水俊次郎(流委員)、向原英作(大口酒造㈱ 代表取締役社長)、長谷川法世(博多町家ふるさと館 館長)



大黒流
【表】茂末新二(総務)、大人形綱邦(全日本空輸㈱ 上席執行役員九州支店長)、飯田和郎(RKB毎日放送㈱ 専務取締役)


【見送り】大塚茂喜(受取町 町総代)、大西俊夫(芦別健夏山笠振興会 会長)、浦川宣(福岡市立博多小学校 校長)



東流
【表】野村昌弘(総務)、大野太三(福岡市土木建設協力会 会長)、渡邊晴一朗(㈱JR博多シティ 代表取締役社長)


【見送り】森任一(流相談役)、富永正博(福岡市議会議員)、宮島哲瑞(博多区区長)



中洲流
【表】比山善博(総務)、辻仁成(芥川賞受賞作家)、柴田裕司(イオン九州㈱ 代表取締役社長執行役員)


【見送り】緑川孝二(副総務)、菅原洋二(㈱福岡放送 代表取締役社長)、中島正裕 (福岡市議会議員)

  


Posted by けいたん at 10:00撮影博多祇園山笠地域情報イベント関連

2018年07月13日

博多祇園山笠2018(#3)追い山ならし

今年の博多祇園山笠もいよいよ終盤。

7月12日、突き刺すような日差しが降り注ぐなか、追い山ならしが行われました。リハーサルですが、本番さながらの迫力でした。


(櫛田入り/全コース)

西流 32秒63/27分03秒


千代流 33秒44/26分45秒


恵比須流 33秒82/28分26秒


土居流 36秒10/27分31秒


大黒流 36秒38 /26分41秒


東流 32秒15 /26分07秒


中洲流 36秒42 /30分04秒


上川端通 1分1秒71




いやぁ暑かったですね。清道を通った後、砂埃が舞っているのがわかります。
  


Posted by けいたん at 10:00撮影博多祇園山笠地域情報イベント関連

2018年07月12日

博多祇園山笠2018(#2)中州流の他流舁き(20180711)

博多祇園山笠は、静から動へ。
7月11日は、他流舁きが行われました。

中洲流は櫛田入りの練習を2回おこなうため、1回目は桟敷席から。見物客が多かったですね〜。



2回目は山留めから。



「博多祝いめでた」を歌わないので、通過直後に博多町家ふるさと館前の道路を通り、先走り。

東長寺前の清道を廻り。



承天寺前の清道を廻り。


その後、旧東町筋を一路北上していきました。



※掲載画像はCOOLPIX B500で撮影。  


Posted by けいたん at 10:00撮影博多祇園山笠地域情報イベント関連

2018年07月09日

デジカメの買い替え



デジカメを買い替えました。

買い替え理由は……ずばり、故障です。(ToT)(ToT)

デジイチはペンタックスのK100Dを使ってきました。もうだいぶ使い込まれています。

ついに、シャッターが切れなくなりました。いわゆるシャッターユニットの寿命ですね。修理なんてすでに受け付けていません。

単3電池で駆動するから重宝していたんですよね。
撮り鉄にものめり込んだ一台です。

結構酷使していましたから、やっと、荷がおりたことでしょう。
約11年間、よくがんばってくれました。

そしてもう一つ。

オリンパスのSH-60。光学24倍の高倍率コンデジです。2015年に購入。

高倍率とともに、USB充電や液晶タッチパネルでピント合わせだったりシャッターが切れるなど重宝していました。
近年、ブログ記事に掲載している画像の多くがこれで撮影してきたものです。

K100Dとともにいろんな場面で活躍してきました。

こちらは、電源入れてもレンズがでなくなりました。それ以前から、他の異常も見られていたのですがね。

まだメーカーが修理を受け付けているので修理に出せないことはなかったのですが、修理費用や、購入時から使っているバッテリーもヘタってきていたこともあり、諦めました。

と、ほぼ同時に故障に見舞われました。ショックですねぇ。(ToT)

そこで、いつもお世話になっているカメラのキタムラへ。(^^)

カメラのキタムラに行けば、ヨドバシカメラの価格を参考により安く、さらに、なんでも下取りでさらに割引が適用されます。

そこで買ったのが、ニコンのCOOLPIX B500。
光学40倍の高倍率のネオ一眼です。上記2機種をほぼカバーできるのがほしかったんです。

単3電池で駆動するほか、スマホへの転送などの機能も充実。
ネオ一眼とはいえ、ファインダーこそついていませんが、チルト液晶なのでどんなアングルからも撮影できるのが良いですね。3インチなので見やすいです。

K100Dで使ってきたエネループをB500で活用していきますよ。

キタムラ価格は21645円(購入日時点)でした。
そこから、下取り割引で500円引き。
なお、下取りに出したのは、だいぶ前にジャンクコーナーで買ったカメラです。K100DやSH-60は思い入れもありますしね~。

JCBギフトカードを支払いに充てて、端数はTポイント利用。
現金負担は16000円で済みました。

さあ、これからはB500の出番です~。
しょせんコンデジなので、暗いところは苦手かも。追い山は、ブレブレだったりザラザラの画像かもしれませんので、その辺はご了承を。
まあ、他にもコンデジが数台あるので、交互に使い分けていくことでしょうけどね。
  


Posted by けいたん at 10:00撮影お知らせ(更新情報その他)

2018年07月02日

博多祇園山笠2018(#1)舁き山一覧 (掲載完了)

今年で777年を迎え、『平成』としては最後の博多祇園山笠。
今年も豪華絢爛な舁き山がお目見えします。


一番山笠 西流 ◎

報文武秀小松君(ぶんぶしゅうなるこまつのきみにほうず)

(冷泉町2-27 前面道路)


二番山笠 千代流 ◎

藤花庸功千代芳(とうかようこうちよにかんばし)

(千代3-19 前面道路)


三番山笠 恵比須流 ◎

山呼萬歳聲(やまはよぶばんぜいのこえ)

(上呉服町12-22 前面道路)


四番山笠 土居流 ◎

歌舞伎十八番 暫(かぶきじゅうはちばん しばらく)

(上川端町9-166 熊本銀行前)


五番山笠 大黒流 ◎

吾在倶(われともにあり)

(対馬小路1-9 前面道路)


六番山笠 東流 ◎

思君慈母成鬼神(きみをおもえばじぼもきしんとならん)

(上呉服町 呉服町ビジネスセンタービル前)


七番山笠 中洲流 ◎

開運七福神

(中洲4丁目 ホテルリソル前)


八番山笠 上川端通 ◎

(表) 義経八艘飛(よしつねはっそうとび)


(見送り) 京鹿子娘道成寺(きょうがのこむすめどうじょうじ)


(上川端町4-235)  


Posted by けいたん at 10:00撮影博多祇園山笠地域情報イベント関連

2018年05月31日

六月博多座大歌舞伎船乗り込み2018(20180530)

5月30日、松本幸四郎 改め 二代目松本白鸚ならびに、市川染五郎 改め 十代目松本幸四郎の襲名披露となる、六月博多座大歌舞伎の船乗り込みが行われました。

白鸚さん、屋形船から立っています。(^^;)



松本白鸚、松本幸四郎親子以外にも、片岡仁左衛門、中村魁春、中村鴈治郎、中村孝太郎、市川高麗蔵、坂東彌十郎、大谷友右衛門、中村梅玉、中村亀蔵、中村壱太郎、大谷廣太郎、片岡松之助、上村吉弥、松本錦吾、澤村宗之助、中村寿治郎、市川笑三郎、市川笑也、市川猿弥と、名だたる豪華俳優陣が乗り込みました。
例年よりも多いですねぇ。(敬称略)

船乗り込みのあとは、ご挨拶。



そして、記念撮影。


久しぶりに博多座の舞台という俳優さんもいらっしゃいましたね。

六月博多座大歌舞伎は、初日6月2日~千秋楽26日まで。
昼の部は、幸四郎さんの早替え宙乗りが楽しみな『伊達の十役』が行われます。
夜の部は、『俊寛』、『口上』、『魚屋宗五郎』、『鏡獅子』が行われます。
  


Posted by けいたん at 10:00撮影地域情報イベント関連

2018年05月29日

西鉄110周年記念ラッピングバス(#2_福岡編)

西日本鉄道(西鉄グループ)は今年110周年を迎えます。
それを記念したラッピングを施した電車とバスを、いずれも期間限定で運行しています。

前回は北九州地区の110周年記念バスをお伝えしましたが、今回紹介するのは、福岡地区と久留米地区の110周年記念バスである『青バス』の復刻デザインのラッピングとなります。

5月25日にヤフオクドーム前のバス発着場で展示を兼ねた撮影会が行われました。
翌26日には、天神の大丸パサージュ広場で展示が行われました。




このモスグリーン調の色合いといい、特に50歳代以上の方にとっては懐かしいと言えるのではないでしょうか。

パサージュ広場で展示されたのは、那珂川営業所所属の1台(9375)でした。
福岡地区では、愛宕浜営業所の9002も合わせて、2台での運行です。

ライオンマーク。西鉄ライオンズがあった時代を感じさせますね。


そうそう、西テツバスと呼ばれていた頃です。



ちなみに、こちらも車内には懐かしのバスの写真のポスターなどが掲出されていたりしていました。

那珂川営業所所属車(画像)は、61番、66番、68-1番、610番、161番にて運用されています。
愛宕浜営業所所属車両は、301番、302番、303番、312番にて運用されています。

なお、同復刻ラッピングの久留米地区では展示会なしでした…。どうも、見に行くしかなさそうですねぇ。
また、電車編はいましばらくお待ちください。最近、撮り鉄も控え目なので…(^^)
  


2018年05月28日

西鉄110周年記念ラッピングバス(#1_北九州編)

西日本鉄道(西鉄グループ)は今年110周年を迎えます。
それを記念したラッピングを施した電車とバスを、いずれも期間限定で運行しています。

電車は、西鉄天神大牟田線の3000形6両1編成にデザインラッピング。
バスは、福岡地区と久留米地区では『青バス』の復刻ラッピング、北九州地区は『路面電車』のデザインラッピングが施されています。

今回紹介する北九州地区では、5月27日からの運行に先立ち、砂津にあるチャチャタウン小倉で展示会が行われました。

北九州地区は、かつて北九州市内に敷設されていた西鉄の路面電車を模したデザインで、1980年代に600形などで塗装されていた赤い電車ですね。

北九州地区では2台運行され、ともに、西鉄バス北九州の八幡営業所の所属です。



9227


9231





車内には、沿線で撮影された懐かしの路面電車の写真などが飾られています。


それ以外はほとんど変化なしにも…。

側面や後部に施された路面電車の車番が、バスの車番になっているのはご愛嬌でしょうね…。



どちらも主に、1番系統(砂津~小倉駅~八幡~黒崎~折尾)で運用されるとのこと。
この路線、小倉から黒崎、折尾方面を結ぶ西鉄バス北九州のメイン路線であり、運行距離も比較的あるので、沿道で見かけることが難しいかもしれないですね…。

北九州には所用で行くことはあっても、一般路線バスに乗る機会は少ないんですよ。
見かけるかどうかも分からないからこそ、この展示会を見に行ったのもありますけど、まさか2台とも展示されるとは思わなかったです。(^^;)
  


Posted by けいたん at 10:00撮影西鉄バス地域情報イベント関連北九州

2018年05月10日

内川聖一選手が2000本安打達成!



2018年5月9日、メットライフドームで行われた、福岡ソフトバンクホークス対埼玉西武ライオンズ戦。

8回表のホークスの攻撃で、内川聖一選手がセンター前ヒットを放ち、史上51人目となる2000本安打を達成しました。

1999本安打目からリーチをかけていながら、14打席ノーヒットが続いていました。





地元ファンがいるヤフオクドームで達成できず、敵地での達成。
打った瞬間、サヨナラヒットを放ったかのように、笑顔にガッツポーズ。
やっと、肩の荷も下りたように見えました。

今季古巣の西武に復帰した松井稼頭央選手、そして、ホークスの王貞治会長から花束が贈呈されました。

観客席には、ゴールデンウィークからずっとついて回っていた家族の姿も見られ、父親の一寛さんは泣いていましたね。


内川聖一選手、おめでとうございます。

35歳9ヶ月、1800試合目での偉業達成は、歴代9位。これで名球会入りです。


ちなみに通算打率のほうは、現役では、ヤクルトスワローズの青木宣親選手に次ぐ、3割8厘台を現在維持しています。


これからは気楽に、ヒットを積み重ねていってほしいと思います。

横浜ベイスターズ時代は遅咲きと言われていたなか、2008年にレギュラー定着、と同時に、右打者最高打率となる3割7分8厘で首位打者を獲得。これはいまだに破られていない記録です。

2011年にホークスへFA移籍してからも好成績を残し、史上2人目となる両リーグで首位打者も獲得。
1000本安打、1500本安打と積み重ねていきました。

本当なら、昨シーズン、2000本安打を達成してもおかしくなかったものの、途中から怪我で悔しい思いをしました。

しかし、クライマックスシリーズでは4試合連続ホームラン、そして、日本シリーズでも敗戦濃厚のなかで同点のホームランを放つなど、勝負強さを発揮しました。


そして、2000本安打まで残り25本で今シーズンを迎えました。

カウントダウンが進むにつれて、毎試合マスコミがついて回るなどのプレッシャーのなかで…ようやく出た喜びは半端ないでしょう。


内川聖一選手が日本球界を代表する最高の打者であることに、変わりはありません。


実は、5月6日のヤフオクドームでのオリックスバファローズ戦を観戦しに行ったのですが、最後…惜しかったですね。達成する瞬間を見たかったです。

8日の大宮では、雨天という最悪のコンディション。
サードゴロはエラーだったものの、これがチームに勝利を呼び込む先制点に結びつけました。

開幕から絶好調の西武の山賊打線相手に、先発の千賀と石川、リリーフのモイネロ、そして抑えの森が、2試合とも無失点で抑えました。
西武は、おとといまで開幕から完封負けがなかったのですね。そして、メットライフドームでの開幕から連勝記録は12でストップしました。


\\右に左に捌け コースを絞って 狙い澄まし 内川打て//


2010年のセ・パ交流戦。横浜ベイスターズ時代の内川選手。懐かしい姿です。


このときはまだ、ホークスに来てくれるとは信じていませんでした。
しかし、本人はこのときにはすでにホークスの強さを知り、覚悟は決めていたという。  


Posted by けいたん at 10:00撮影スポーツ

2018年04月24日

王仁神社

佐賀県神埼市に王仁神社(わにじんじゃ)という神社があります。





鰐大明神と王仁天満宮
この神社の創建は定かではないが、正面の鳥居は元禄十二年(1699年)に氏子三村から寄進されたものです。
御祭神としては鰐大明神と熊野三社が祭られているところから渡海者の安全を祈願されたものと思われますが、当社には王仁天満宮と刻まれた小さな石祠も祭られています。
「王仁」というのは、4世紀後半に応神天皇に招かれて百済から多くの技術者集団をつれて渡来されたと古事記、日本書紀等に記載され、日本に初めて漢字の手本となる「千字文」と儒教の原典である「論語」を伝えた王仁博士ではないかと思われます。
王仁博士の一行は朝鮮半島の南西端にある上台浦(霊巖)から渡来したと伝えられていますが、日本のどこに上陸されたかは記録もなく不明です。
もし、吉野ケ里の渡来人と同じく目の前の有明海から北上したとすれば、ここ竹原地区付近に上陸されたと思われ、ロマンに満ちた夢は大きくふくらんできます。

神埼市
神埼市観光協会

と、現地案内板ではこう書かれています。


王仁博士上陸伝承之地



拝殿裏
熊野社(左)と鰐大明神(右)





ちなみに北東側では、王仁顕彰公園の工事が進められていました。これ、大仁田さんも市長選で問題視していた内容ですね。
工事エリアは立ち入れないので撮影していません。完成したらいつかは行きたいですね。

どうやら、吉野ケ里歴史公園と一体となった整備をしていくそうですが、周辺は小さな集落があるくらい。
現状、王仁神社へ行くためのまともな交通手段もないだけに不安もあります。
果たして、観光客を呼び込めるのでしょうか。
  


Posted by けいたん at 10:00撮影佐賀

2018年04月23日

旧古賀銀行神埼支店

佐賀県神埼市。
櫛田宮の門前町に、『旧古賀銀行神埼支店』の建物が残されています。





国登録有形文化財(建造物)
旧古賀銀行神埼支店

この建物は、古賀銀行神埼支店が設立した明治44年から3年後の大正3年3月21日に新築竣工しました。
外観は、木造の洋風建築で、正面に花崗岩の円柱で支えられた切妻造りの玄関ポーチを構え、左右対称のデザインになっています。外壁は、モルタル洗い出し仕上で、柱や窓の上部に、石状の装飾が施されています。
内部は、客溜まりや執務室・会議室ともに吹き抜けとなっています。
外観は洋風ですが、木造で伝統的な和小屋組で屋根を支えるなど、在来の技術で作られた建造物であり、大正時代の佐賀地方の技術や文化を知る上で重要な建物です。
神埼市教育委員会





以前は、歯科医院になっていましたが閉院して、昨年、整備が完了されています。

建物内部の常時一般公開はありませんが、イベント時などにはあるそうです。
福岡市の赤煉瓦文化館や唐津市の旧唐津銀行のように、常時公開すれば、櫛田宮などと一体の観光資源になるはずですがね。


補足
古賀銀行は、明治18年、両替商の古賀善平が設立しました。
明治から大正にかけ、九州の五大銀行に数えられるまでに成長しましたが、世界恐慌による不況により、昭和8年に廃業しました。  


Posted by けいたん at 10:00撮影史跡・遺産関連佐賀

2018年04月19日

肥前國神埼御荘総鎮守 櫛田宮

佐賀県神埼市。神埼市役所本庁舎の裏に櫛田宮(くしだぐう)という神社があります。



あれっ?「櫛田」と聞くと、「お櫛田さん」として親しまれている、博多祇園山笠でも有名な福岡市にある博多総鎮守『櫛田神社』のことを真っ先に思い出すのではないでしょうか。かくいう自分がその一人ですけどね。





実は、この櫛田宮から分祀されて創建されたのが、博多の櫛田神社という、深い関係があります。
神埼御庄時代、その貿易品や年貢米の積み出し港である博多に分社を作り、櫛田大明神の御加護を祈ったという説が通説です。
つまり、ここ櫛田宮が元宮であるということになるのですね。

ときは昭和になり、博多祇園山笠の資料にも最有力説として記録されていますから、間違いなさそうです。

櫛田宮は、日本書紀などに登場する景行天皇がこの地に訪れた際に建てられたとされています。
(ちなみに、景行天皇は日本武尊(ヤマトタケルノミコト)の父であることも有名です。)
つまり、弥生時代にさかのぼります。となると、ここからほど近い吉野ヶ里があった頃ですね。
また、神埼の地は、平家が支配する荘園があり、平清盛もその勢力のバックボーンとなっていたのだとか…。


境内には多くの文化財があります。櫛田神社と比べたら怒られそうですけど…。

石造肥前鳥居…県重要文化財に指定されています。


琴の楠…伝承では、樹齢1000年を超しています。



祇園社
こちらは須佐之男命(スサノオノミコト)を祀っています。
2011年5月に発生した火事で拝殿が全焼となり、いまは新しく建て替わっています。道理できれいな外観だったこと…。



「神埼そうめん発祥の地」の石碑
寛永十二年小豆島より行脚し来たれる一雲水この地に於て罹病困窮せり 一丁目に住む伊之助深く同情し日夜看護に努めければ病程なく癒へたり
雲水報恩のため素麺製法の秘法を伝授せり 伊之助生涯この道を精進し品質改善に努めしかば名声諸国に広まれり
由来神埼町が名産素麺の町として繁栄し今日に至りしは正に伊之助の道徳にして有志相諮り縁りの地に碑を建立し之を顕彰するものなり


…これからの季節、そうめんが食べたくなりますね~。
親戚がいる縁もあり、昔はしょっちゅう、神埼そうめんももらっていました。いまは他県のそうめん(揖●乃糸とか)に浮気しています。。w


「神埼 発祥の地 櫛山」の石碑
この地は櫛田大明神を最初にお祭りになった場所で 櫛山と称して諸人拝み奉る(肥前古蹟縁起 当宮古文書) 神霊鎮護の神聖なる旧蹟(由緒記)と伝えています。
災難が多かった当地方も櫛田宮をここに祭って以来、幸福の地となり、神幸(かみさき)の里と名付けられ、今は神埼といいます。


…神埼の名前の由来も興味深いものですねぇ。


長崎街道 神埼宿の石碑…長崎街道の宿場町の一つが、ここ神埼宿でした。門前町がちょうどそこにあたります。



大仁田さんの応援&お手伝いで神埼に来たからには、合間を縫って、せっかくの機会に訪問した次第。もちろん、お参りしましたよー。(^ω^)
  


Posted by けいたん at 10:00撮影史跡・遺産関連佐賀

2018年04月18日

高速道路上で虹を見る(20180415)

2018年4月15日、天神高速バスターミナルからわかくす号に乗り、神埼へ向かう途中…

九州自動車道の基山パーキングエリア付近で、西の空に虹がかかっているのを発見しました。






4月15日頃というのは、七十二候の一つ「虹始見(にじはじめてあらわる)」で、雨上がりに虹が見え始める頃とされています。
まさにその日にちょうど虹を見ることが出来るとは、すごい偶然です。


虹の発生場所が、筑紫平野だったので、ほぼ180度ですね。
都市部だと建物に隠れたりで、なかなか見れないものです。

虹を見れたということは、幸せなことも…起こると信じていましたけどねぇ。しかし、これから、いろんないいことがあるかもしれませんですぞ。

(2018年4月15日8:00過ぎ)  


Posted by けいたん at 10:00撮影地域情報佐賀

2018年04月16日

かえんば神埼!大仁田さんの思い、一歩及ばず…



4月15日投開票の佐賀県神埼市の市長選。
結果から先にいえば、大仁田さんは現職の松本市長に約1000票差で落選されました。


今回、市議選が定数に達して無投票で決まったことで、世間の関心も含めて、市長選だけに照準が絞られました。



神埼市の当日有権者数は26,153人。
そのうち、投票者数は17,208人で、投票率は65.80%で、前回(※2010年)より11%近く下がっています。
※2014年は無投票当選。

松本茂幸氏 9002票
大仁田厚氏 8025票
無効票 181票

投票数に対して、無効票が多いようにも思えますが、どちらも期待していないという現れなのか…。



こういう結果が出てしまった以上、悔しいです。

しかし、大仁田さんは、敗戦の弁で、今後も神埼に住み、4年後、今回の雪辱を晴らすことを約束として誓ってくれました。

それを大仁田さん自ら言ってくれるのであれば、今回の選挙で支えてくれた仲間たちは、誰も忘れてはいないでしょう。
そのためには、今日から早速、辻立ちを再会されるなど、再スタートの気持ちに切り替えです。


▼動画でどうぞ。
目頭は赤いですが、大仁田さんは珍しくひどく泣くようなことはなかった。
出馬表明のときから真剣に戦ってきて、悔しさは人一倍あったはずですが…。



自分も、大仁田さんと出会い、お手伝いを通して多くの方々にもお世話になったことに、後悔はありません。
選挙ってこんなものですよね。
なにより、また再会できるといいですよね。それ以前に、神埼市内などどこかでばったり会うかもしれませんが…笑。


神埼市がどう変わったのか。4期目の松本市長の評価を下す4年後の市長選にかかっています。


ちなみに、大仁田さんのプロレスラー復帰は、おそらくありません。だって、もうカラダもボロボロですよ。ドクターストップかかるでしょう。
しかし、興行のプロデュースなんかはしてほしいですけどね。  


Posted by けいたん at 10:00撮影スポーツ政治全般佐賀

2018年04月14日

熊本地震から2年(#1)熊本城天守閣の鯱を見る

今日で熊本地震から2年。
熊本城は大天守閣の上を覆っていた傘状のシートが外され、屋根瓦が葺かれていて、今月末には完了予定ですね。

ところで今月6日には、新しく作り直された大天守の鯱(しゃちほこ)が大天守閣に設置されました。

その鯱は、期間限定で「熊本城ミュージアム わくわく座」(旧「歴史文化体験施設 湧々座」)でお披露目&展示され、間近で観ることができました。
今回は、わくわく座で展示されていたときの様子を紹介します。


昨年8月30日から公開された、新しく作り直された天守閣の鯱。



大天守の鯱は、2月28日まで展示されました。

高さ119cm、幅47cm、奥行73cm、重さ100kg
製作:藤本康祐氏








熊本城の鯱の目は、上を向いているのが最大の特徴といえます。



小天守の鯱は現在も展示中で、こちらは来年の8月31日までの展示予定です。

高さ86cm、幅38cm、奥行60cm、重さ70kg
製作:藤本修悟氏










鯱の製作工程の写真パネルもありました。

1. 粘土練返し


2. 成形


3. 模様付け


4. 乾燥


5. 焼成(窯焼き)





熊本城天守閣の鯱にまつわる、興味深い記録が残っています。

最近だと、2007年に破損が見つかったことで、作り直されていたとういうこと。つまり、熊本地震で落下してしまった鯱は、短い期間だったのですね…。

さらに驚くことに、落下してしまった鯱も含め、藤本家3世代による製作という点です。
藤本康祐氏の父の藤本勝巳氏は7年前に亡くなられましたが、その当時の設計図が残されていたそうです。
もし、設計図が捨てられていたら…作り直されるのはいまよりも遅かったかもしれませんね。


復興に向かって、着実に動いています。
がんばろう熊本、がんばろう九州

先日、大分県中津市耶馬渓で発生した土砂崩れで被災された方々へ、遅ればせながら、お見舞い申し上げます。  


Posted by けいたん at 10:00撮影史跡・遺産関連熊本熊本城