2017年01月11日

若松線の気動車を見る

今回は、若松線の気動車を取り上げます。
なお、昨年末の折尾駅訪問&819系を撮影した日とは別の日に撮影したものですので、あらかじめご了承ください。

前回の記事でも軽く触れたように、今春のダイヤ改正で、若松線は全ての列車が819系に置き換わることで、ついに、気動車による運行がなくなります。

キハ47形


キハ31形


また、今回は取り上げられませんでしたが、キハ47形の片割れとキハ31形が連結された運用も行われているみたいです。


キハ47形は、国鉄時代から、JR九州管内の非電化路線では多く活躍しています。
デメリットといえば片運転台なので、最低でも2両編成で運用しなければならないところで、管内の各地域に転属させたとしても、利用客の減少などで輸送力の過剰になるだけだと思っています。
車齢も高く、もしかしたらこのまま廃車なんてことは……個人的な予想はしていませんが。

一方のキハ31形は、1両単位で運用できるというメリットからも、増結用に使われたり、福岡県内では原田線や後藤寺線でも活躍していますので、数編成だけ予備として残してもよさそうですし、残りを各地に転属させたとしても問題ないと思います。製造から30年ほどなので、しばらくは安泰でしょう。
ただ、国鉄末期に投入された背景で、バス用折り戸を採用していて乗り降りに時間がかかるほか、車体の寸法は前述のキハ47形と比べて短く、さらにトイレが設置できなかった経緯もあるなど、いくつかデメリットもあります。

どうあれ、ダイヤ改正まで2ヶ月切ったわけで、今後の動きからは目が離れそうにありません。  


Posted by けいたん at 10:00ステーション撮影

2016年12月30日

JR折尾駅の鹿児島本線ホームを見る

JR折尾駅の鹿児島本線のホームが、2017年1月2日始発から高架切り替えとなるのに伴って、現行ホームが閉鎖になるため、見納めに行ってきました。
今回は、画像多めです。一度で見せようとおもいます。(^^)

まずは、折尾駅(東口)の仮駅舎

前回とほとんど変わっていませんが……

鹿児島本線の高架はほぼ完成しています。今後、駅本体部ができる予定になっています。


3番ホームの端から見た新しい高架ホームも準備OK段階です。


煉瓦積みの通路なんかも、今後通れなくなります。








3番ホームのホーム上には旧駅舎時代からの名残りがいくつか残されています。これも見納め…。







同じく3番ホームにある、駅構内図。これも1月1日までとなりそうですね。



4、5番ホームにある国鉄時代からとおもわれる駅名標。陣原の部分、黒崎を消した痕が残っています。


同じく4、5番ホームからみた建設中の筑豊本線の高架橋。


今後は、筑豊本線ホームの高架ホームの建設がはじまります。まだまだ先が長い工事となりそうです。
折尾駅周辺は、どういう変貌をするでしょうか。  


Posted by けいたん at 10:00ステーション撮影地域情報

2016年12月12日

マイングリニューアル1周年記念!秋山幸二氏トークショー!(20161211)

昨日12月11日は、博多駅にあるマイングのリニューアルオープン1周年でした。
それを記念して、1年ぶりに、福岡ソフトバンクホークス前監督の秋山幸二氏のトークショーが行われました。(昨年の様子はこちらから)

今年の進行役は、ホークスのオフシャルレポーターでもお馴染みの加藤和子さんでした。鬼橋美智子さんではありません…。(^^;

昨年着用のウインドブレーカーを今年も…変わっていませんね。(しかも、昨年書いたというサイン入り。)


秋山さん、よくマイングを利用しているのだとか。なかなか本人であると気づかないらしいです。自分も気づかなかったですねー。
また、ネットでニュースをチェックしたり、情報収集も精力的に行っているのだとか。ということは、エゴサとかやっているのかな?



(カメラ目線っぽい写真をピックアップ)

如水庵の筑紫もちをご試食。
宣伝をした担当者が面白い方で、説明中は笑いをこらえていましたが。



短い時間でしたが、面白いトークショーとなりましたとさ。



今回は撮影する人は後ろの方からということ、そして日曜日に関わらず、けっこういいのが撮れた印象。デジイチが役立ちました。  


Posted by けいたん at 10:00ステーション雑談撮影イベント関連

2016年03月28日

撮り鉄2016(#6)西鉄紫駅がももクロ仕様に!

以前、西鉄とももいろクローバーZ(ももクロ)がタイアップしたラッピング電車のことをお伝えしました。

そして、もう一つ。3月26日・27日にヤフオクドームで行われたライブに合わせて、この2日間限定で、西鉄天神大牟田線の紫駅に小変化が!

紫駅の東口駅舎(大牟田方面側)の正面。
『西鉄』と『だZ!』が付け加わりました。だいぶ印象が変わるものですね。




東口駅舎の改札内には、昨年、メンバーの高城れにさんが来駅されたときの写真とサインつきのパネルに、メンバー全員のサインが入った、ももクロのラッピング電車に使われているヘッドマークを模したパネルがそして、サインつきの腕章がそれぞれ展示されていました。





駅名標も、特別仕様になっています。
これはこれで、このままでもいいくらい。



実は昨年も、太宰府政庁跡で行われたライブに合わせて、同様の企画が行われていました。そのときは流石に人が多いと思い、撮影に行っていません。
ということもあって、今回が初めてだったり。
(但し、今回は西口駅舎には変化なしでした)

今回も、モノノフさんがたくさん下車されて、思い思いに記念撮影されていました。
次回はあるのか……そこは楽しみに待ちたいですね。
  


2016年01月29日

歴史的大寒波と雪景色を撮る(20160124_福博巡り2)

24日編の続き。

聖福寺を後にして、再び大博通りへ。
東長寺の前も当然、うっすら。もち吉さんは臨時休業となりました。24日は臨時休業となるお店もさすがに多かったですね。


博多駅へ。ペデストリアンデッキから撮影。
タイヤ痕が芸術っぽくてカッコいい。



一般車は少なめ。
タクシーロータリーにはタクシーが1台だけ。中心の待機場には1台もいません。




住吉神社


24日、事故もなく、無事に帰ってこられました。
25日はもっとすごい光景を目の当たりのしようとは、このときは想像もつかず。果たして。
  


Posted by けいたん at 10:00名所めぐりステーション撮影地域情報

2015年05月29日

JR下関駅

かつて三角屋根が印象的だったJR下関駅の駅舎(東口)。
2006年の放火で焼失してしまいます。

その後しばらくは、仮駅舎(?)で営業してきました。
どちらも簡素な印象を受けますね。


▼2012年5月当時の下関駅。


▼同じく、西口。

あちこちごちゃごちゃしていた印象があります。


そして……
昨年春、駅ビルが完成して、ペデストリアンデッキとも直結しています。
駅ビルだけに、複合施設になっていますね。





▼西口。タクシー乗り場のロータリーも整備されています。





画像なしですが、改札口は、中2階に移設。
また、駅改築でしばらく営業休止していた、駅うどんの『味一』も復活しています。  


Posted by けいたん at 10:00ステーション撮影

2014年12月10日

JR折尾駅のいまと過去

筑豊電鉄のイベントにいったあと、所用でその場を離脱。
その後、JR折尾駅まで送ってくださることになりました。

折尾駅には、2年ぶりの訪問となったわけですが…そうです。同じ北九州でも、とくに、折尾や黒崎方面に行くことはほとんどありません。

かつての木造駅舎は、すでに解体されてしまい、仮駅舎になっています。
残念ですが、それが現実でしょう。





雨がしとしとと降り続けるため、早々と撮影して、、おしまいです。
来年、所用で再び来る予定なので、今回は適当に撮るだけですが。(^^;


ここで、かつての木造駅舎を載せておきましょう。
現況を、当時と同じアングルで撮ろうと思ったものの、土地勘がそんなにないせいか、位置関係が掴めませんね。(^^;




  


Posted by けいたん at 09:00ステーション撮影

2014年10月04日

博多駅に潜む金色のカエル

突然ですが、皆さんは、博多駅に金色のカエルがいるってご存知でしょうか?

JR博多シティ開業からもう3年半が経とうとしていますが、これまで拙ブログで紹介していなかったことに気づきました。
まあ、あまり記事にはしたくなかったのも事実だって、幸運を逃しそうで…(^^;


この写真から、どこにいるか、わかります?


もうちょっとズーム!ほら、あそこ!



こいつです。柱をよじ登っているようにも見えますね!(^ω^)





この金色のカエルは、JR博多シティ開業時から、 雨風に耐え、じっと見守っています。

通勤や通学、買い物等で、博多駅を利用されているならば、すでに気づいてもおかしくないとおもいます。(^^;

JR博多シティは、まだまだ謎めいたスポットであることには間違いないですね。

  


Posted by けいたん at 09:00ステーション撮影

2014年05月21日

熊本日帰り旅番外編(#)10年近く前の上熊本駅木造駅舎と青ガエル

今日はちょっと番外編を。

ポータブルHDDの中身を整理した際に見つけた、過去に撮影した画像から。
上熊本駅の木造駅舎が現役だった頃…。



2004年9月上旬撮影。


この日は、青春18きっぷを使って、当時のSLあそBOYに乗車した帰り撮影したものと思います。
ボーダフォンの看板も懐かしい。



2005年4月下旬撮影。
特に目的はなかったと思いますが。





解体されたのは、その後でした。
市民による保存運動も甲斐あって、市電の駅舎として、一部移築されたのは2006年7月のこと。

上熊本駅は、鹿児島本線の立体交差事業や隣接する九州新幹線関連で、2008年1月から仮駅舎で営業していますが、ずいぶんと経過しますね。


2005年4月下旬撮影。
熊電の上熊本駅で撮影した、青ガエルの5102A。


以前にも書いた通り、5102Aは上熊本側が切り妻になりますが、この編成は、運転台が右側にあるのが特徴です。



日頃からカメラを持ち歩き、撮影することをしていたからこそ、いまも残せているんですよね。
常々、写真って記録だと思います。  


Posted by けいたん at 09:00ステーション撮影熊本

2014年03月17日

朝日を浴びて




筑紫口に朝日が降り注ぎ、黄金色に輝く。

そこを行き交う人の影の長さも、この時期らしく。

(2014/3/15 博多駅)  


Posted by けいたん at 09:00ステーション

2014年03月06日

一足早いさくらを求めて

3月1日から4月20日まで、JR博多シティで
『 いちばん はやい さくらさく Hakata Hanami ~さくらイルミネーション~ 』が行われています。



大時計のあるガラス張りの正面もさくらの大木が!そういえば以前はサンタクロースでしたね。(^^;

晴れた日には、周囲のビルの窓にも写り込みます。なかなかいい演出かも!(^^)


ビル全体がさくら色に染まるイルミネーションは、期間中の18:00~24:00です。
こっちも見なきゃ!、といいつつ、その日は忘れていました。(^^;  


Posted by けいたん at 09:00ステーション

2013年12月24日

博多駅でサンタさん



今日は、クリスマスイヴ。
先週、博多駅に行ったとき、JR博多シティの大時計のところにサンタさんがいるのを発見しました。(^^)

必死によじ登ろうとしている姿が印象的でした。  


Posted by けいたん at 09:00ステーション

2012年06月07日

JR博多シティ屋上にホタル!



昨年オープンしたJR博多シティの屋上『つばめの杜ひろば』にて、今年もホタルが見れる季節になりました。

昨年、ホタルの生育に成功し、見事な輝きを見せてくれましたが、今年も順調に育ち、ホタルたちはいつになく輝きをみせています。

都心の、しかも、ビルの屋上でこうしてホタルが見られる事そのものが、かなり珍しい部類に入るのではないでしょうか。

日が明るい頃は、はたしてホタルなんてここに生息してるのかしら…などと、心配するような声も聞こえなくはないが
、日が暮れて暗くなり時間がたつにして、徐々にホタルたちがポツポツと光ってきて、まるで歩調を合わせるかの如く、同時に輝きを見せてくれます。

ホタルのシーズンは、6月中旬までです。

早めに足を運んで見られるのも、いいかもしれません。


最低限のマナーを守って、ホタル鑑賞を楽しみましょう。




外敵の侵入・攻撃を防止するため、蚊帳に被われて、育てられています。
  


Posted by けいたん at 09:00ステーション

2012年04月21日

鹿家駅の木造駅舎を訪ねる



老朽化とともに、駅舎の維持費の負担ができなくなったことにより、近く解体されることになっている、糸島市(旧二丈町)にある、JR筑肥線・鹿家(しかか)駅の木造の旧駅舎。

4月6日付の西日本新聞の記事で、桜との組合せの写真を見て、ふらっと行ってきました。
(※いまは葉桜になっています)


木造駅舎は昭和12年築。
アルミサッシに取り替えられている箇所はところどころ見受けられるが、それでも、ここまでよくも残ってくれたと思います。
因みに、木造駅舎は閉鎖済。新駅舎(待合室風)ができて、旧駅舎に引き込まれていた送電線から延びたケーブル類もまた、すでに外されていました。

▼ホームから見た木造駅舎と103系



▼セピア色に変換すると、レトロ感も…

長年の風雨にさらされながらも、たくさんの思い出が刻まれているであろう、外壁。


木製のラッチ(改札)とベンチも印象的。




その駅舎に寄り添うように咲き誇るソメイヨシノは、駅前の商店の方によると、70年近く前に植樹されたものとのこと。
また、木造駅舎は解体されても、一部、腐食箇所の伐採や剪定はあるものの、残す方向だそうです。

「建物財産標」は、国鉄時代からの建物には、ほとんどつけられています。


駅名板


木造駅舎に掲げられた、駅名標。(ホームから望遠で撮影)
  

Posted by けいたん at 10:00ステーション

2011年07月25日

涼を感じて…



JR博多駅の3階の連絡改札口の電光掲示板の下に取り付けられた風鈴。

伊万里焼の風鈴とのことです。


節電といわれる今年の夏にとっては、見ているだけでも涼を感じることが出来るでしょうか。  


Posted by けいたん at 08:30ステーション

2011年03月04日

JR博多シティ・・・3階コンコース

昨日、無事にオープン初日を迎えたJR博多シティ。
来店客数はなんと、延べ約22万人だったそうです。

今日は、新たにできたJR博多シティ3階の連絡改札口を紹介しましょう。
7日から本格稼働ということで、6日までは無料開放されています。(当然、ホームにはまだ立ち入れない。)


▼連絡改札口(改札外)


▼連絡改札口(改札内)


▼…ちょっと左に目を向けると、タイルの壁面があります。

頭上の4階も喫茶店(ELLE CAFE)になっている模様。

▼コンコースには、電車見ながらコーヒーブレイクができる喫茶スペースがあります。

開放的な空間がまたいいですねぇ~。

▼…電車見るには、ちょっと厳しいかもしれませんが、待ち時間にはぴったりかもです。
(暑いときや寒いときにはこうした屋内で避難できますしね。w)


▼各ホームへはエスカレーターで繋がっています。



しかしながら、JR博多シティ、とても1日では周り切れないかもしれませんね。(^^;)
本当にここは博多駅なのかといった、目を疑うような場所が多かったです。  


Posted by けいたん at 22:18ステーション

2011年03月03日

祝☆JR博多シティ、開業!

今日3月3日、新しいJR博多駅ビル『JR博多シティ』がオープンしました。
地上10階(高さ60m)、地下3階構造、開発面積約2万2000平方メートル、床面積約20万平方メートルと、九州最大規模の駅ビルとなりました。
阪急百貨店、東急ハンズ、アミュプラザ、Tジョイなどが入居しています。

昨日2日は、プレオープン。天気も良かったですし、もちろん行きました。^^


▼9階のテラスから見た、眼下の駅前の様子。


▼最上階(屋上)の『つばめの杜ひろば』から見た、大博通り。


福岡サンパレスはもちろん、志賀島あたりまでしっかり見えます。
ここからだと、夏場は山笠もちらっと見えるかも…。


基礎工事から考えると、4年近く要しての竣工となりますね。


JR博多シティのオープンで、天神地区は集客や売り上げの一部(10%程度という予測)が流されることが危機感みたいですね。

ちなみに今日のオープンには、午後5時現在で11万3000人の来店客数があったそうです。  


Posted by けいたん at 23:34ステーション

2011年01月08日

JR博多シティ(その2)



3月3日のオープンに向けて、試験点灯中の『JR博多シティ』。

新しい博多の夜を演出してくれていますね!!


三脚なしの手持ちで撮影しています。
三脚使うにしても、手前は駐輪場、おまけにバスが目の前を通過するので、ISO感度を高くして、手持ちが一発切りいいでしょうね。^^  


Posted by けいたん at 00:19ステーション

2010年07月10日

JR博多シティ

『JR博多シティ』…JR博多駅ビルの新名称。



来年3月開業に向けて急ピッチに進む、博多駅の工事ですが、クレーンが取り除かれた今、一部を除いて、ほぼ外観は完成したとみてもいいかもしれません。





今月に入って、駅ビル正面に、電波時計が取り付けられました。
また準備中の段階なので、正時をさしていますが、開業後の、九州の玄関口にふさわしいシンボルになることには間違いなさそう。

この時計のところには、喫茶店が入居するらしく、オープンした暁には裏側も見れるとか…。  


Posted by けいたん at 11:49ステーション

2010年03月27日

西鉄天神大牟田線「紫駅」開業

今日3月27日、西鉄天神大牟田線の西鉄二日市〜朝倉街道間に、紫(むらさき)駅が開業しました。


▲紫駅駅舎(東口・久留米方面のりば)

紫駅は、相対式ホームで、改札は上下線分かれて設置されています。


天神大牟田線に新しい駅が開設されるのは、1992年3月に三国が丘駅(津古−三沢間)が開業して以来、18年ぶりとなります。

▼ホーム


▼駅名標
  


Posted by けいたん at 12:40ステーション