2016年09月27日

福岡空港第1ターミナルビルを見る

後藤寺バスセンターからそのまま急行バスで、福岡空港へ行ってきました。(^_^)

福岡空港では10月4日、福岡空港の第1ターミナルビルを閉館し、国内線の全便の発着を第2、第3ターミナルビルに移管されます。
また、それにあわせて、その2つのターミナルビルの総称が「国内線旅客ターミナルビル」に変更となります。

今回の閉館は2019年に完成、供用を開始する予定の福岡空港の新ターミナルビルの工事の本格着手によるもので、第1ターミナルビルは完全に解体されることになっています。

第1ターミナルビルは1969年4月から供用開始とのことで実に45年以上も経ちますが、ところどころ、昔の空港らしさを残していました。

外観。まさにTHE空港といった感じですねぇ。ネオンも含めて。



ターミナルビル内部。
近年多少のいじりがありますが、現況です。
天井の低さは、やはり昔の空港のターミナルビルらしさ。





最近は、閉館に伴って、昔の写真の展示物などが至るところにあります。懐かしいと、思いを馳せる人はわずか…かも。



出発口前(保安検査場前)


以前はパタパタ式の案内表示が残っていましたね。アナログ時計もありました。(2012年8月撮影)



到着口



送迎デッキ。金網にはレンズ用の穴はなかったですが撮れないことはなかったです。しかし、なんだかねぇ。



その上にある展望デッキへ。
そこへ上がる螺旋階段も特徴的でした。







自分も何度かお世話になってきましたが、なくなるとおもうと、何だか寂しくなります。
  


Posted by けいたん at 10:00撮影地域情報飛行機

2016年06月27日

福岡の空に再びブルーインパルスが舞う(#2)

6月24~28日に福岡市内で行われている、第99回ライオンズクラブ国際大会の開催に合わせて、26日、ヤフオクドーム周辺で、航空自衛隊松島基地所属のアクロバット集団『ブルーインパルス』による祝賀飛行が、無事に行われました。

前日の曇り空から一変して、青空のもとで、予定通りでした。





ヤフオクドームのルーフオープンは行われず。せっかくいい天気だったのに……。(ドームのグラウンドから見えるかどうかは別問題。)







↓動画


次回、福岡市内でブルーインパルスが見られるのは、果たして…。  


2016年06月26日

福岡の空に再びブルーインパルスが舞う(#1)

6月24~28日に福岡市内で行われている、第99回ライオンズクラブ国際大会の開催に合わせて、26日には、ヤフオクドーム周辺で、航空自衛隊松島基地所属のアクロバット集団『ブルーインパルス』による祝賀飛行が行われます。

その予行飛行が、25日に行われました。
生憎の梅雨の曇り空でしたが、予行で、予定の3種目が披露されました。






福岡市内でブルーインパルスが飛ぶのは、ご存知の通り、2011年3月11日、九州新幹線全線開業前日の予行飛行以来です。






↓動画


本番は、今日。
青空に映えるブルーインパルスが見てみたいものです。  


2016年03月11日

東日本大震災から5年



東日本大震災から5年が経ちました。日数にすると、1827日です。5年前も金曜日でした。

2011年3月11日。
九州では、九州新幹線の全線開業を翌日に控えて、開業記念のイベントの準備が着々と進んでいました。

その一つの目玉だったのが、航空自衛隊のブルーインパルスでした。
11日はテスト飛行が行われるということで、博多駅前には多くの人が見に来ていました。

ブルーインパルスは特有の轟音を出し、青空に白い航跡を残して、多くの人の目に焼き付けたのです。
テスト飛行とはいえ、感動的なものでした。

悲劇は、その約2時間後に起きました。
そのときはまだ、大したことはないとおもっていました。

携帯ショップにいた自分。とあるお客さんの携帯電話の具合が思わしくないというのも見かけました。
明らかに、おかしい。

そして、ショップに備えつけられているテレビでは、次々に映し出されていく惨状を目の当たりにすることになります。

太平洋岸から近づいてくる津波の映像をみたとき、周囲は呆然としたり、パニックになったとおもいます。

博多駅をはじめ、翌日行われる予定だった九州新幹線の開業記念イベントやブルーインパルスの本飛行などは、すべて中止になりました。

特急リレーつばめのラストランを見届けて、自宅に帰りました。
自宅のテレビでは、依然として地震の情報を伝えていました。

翌日、津波に飲み込まれてしまい、ひとつの町がなくなっている光景が映し出されているのをみて、言葉を失いました。


5年が経ちますが、何とかしたい。
ただ、その活動の成果を、ネットなどを通じて見るだけしかできない自分に、改めて反省。

あの日のこと、忘れないために。
書くことは繰り返しになるだろうけど、もう一度。

いつかはきっと、被災地のみんなに笑顔が戻ってくる。その日がやってくるまでは。
そして、福博の空に、再びブルーインパルスが飛ぶ日を夢見て。  


Posted by けいたん at 10:00雑談撮影飛行機航空自衛隊

2012年08月22日

LCCの揃い踏み(#3)エアアジア・ジャパン

今日紹介するのは、ANA系列のLCC2社目、エアアジア・ジャパンです。

エアアジア・ジャパンは、ANAと、マレーシアを拠点にするエアアジアの2社による出資です。

ピーチと違い、こちらは成田空港が拠点。ジェットスター・ジャパンと競合することになり、LCCのなかでは後発の8月1日からッ就航しました。

10月には、成田発着で国際便も就航します。


就航目前のテストフライトでは、初号機のJA01AJを見ることができました。(2012/7)

特別塗装というか、筆記調がいいですね。赤い機体はそう見かけないので、遠くからも派手に見えます。



着陸後、そのまま国際線ターミナルの駐機場前にて、離陸待機。目前に見ることができました。





そして、就航後は2号機のJA02AJを見ることができました。こちらは通常塗装となるそう。
そうそう、左右でデザインが違うのも、注目です。(2012/8)

丸ゴシック体はちょっと味気なく感じますね。それでも赤い期待は変わらずです。





よく見ると、初号機と2号機では、エンジンと尾翼の塗りわけも異なりますね。  


Posted by けいたん at 09:00飛行機

2012年08月21日

LCCの揃い踏み(#2)ジェットスター・ジャパン

LCC紹介。今日は、ジェットスター・ジャパンです。

ジェットスター・ジャパンは、JAL系列のLCCで、カンタス航空と共同出資。三菱商事も関わって、3分の1ずつとなっているんですね。

7月3日から就航開始。福岡空港からは成田空港間で運航されていますが、今週24日からは、関西空港間でも就航します。
LCCらしさがよくわかるダイヤとなりそうです。


この日は、3号機のJA03JJを見かけました。(2012/8)
金属剥き出しもようなシルバーベースの塗装がいいですね。

背後には、競合相手のエアアジア・ジャパンの姿が・・・。時代ですね。^^





国際線就航は、2013年度からの予定。

就航初日にトラブルに巻き込まれるなど、不安要素もありますが、まあ長い目で見ていきましょうね。  


Posted by けいたん at 09:00飛行機

2012年08月20日

LCCの揃い踏み(#1)ピーチ・アビエーション

福岡空港は、今年参入した、国内LCC3社がみられる、絶好の空港。
最近撮影した写真から。紹介していこうと思います。(^^)

まずは、3月1日に就航した、ピーチ・アビエーション。
ピーチは、ANA系列のひとつで、関西空港拠点となります。

福岡からは、関西国際空港間で運航されています。


そういえば、ずいぶん前…就航前、テストフライト中の姿を紹介しましたね。


福岡空港で撮影したこの日も初号機のJA801Pを見ることができました。(2012/8)




相変わらず、機体デザインがいいですね。暑さで色褪せそうな感じな色合いですが。

関空からは国際便も就航しており、ますます活躍が期待できそうです。  


Posted by けいたん at 09:00飛行機