2014年09月26日

福岡シティループバス『ぐりーん』

2008年9月から運行してきた西鉄の福岡都心ループバス『ぐりーん』が今月末(最終運行は28日)で運行終了となります。
ここ最近は、福岡オープントップバスが好評ということもあり、完全に移行になるかたちですね。


ぐりーんは、西鉄の創立100周年記念事業として、JR九州の鉄道車両を中心に手掛ける水戸岡鋭治氏が、外観ならびに内装のデザインを担当されました。一般車両からの改造ということもあり、目を疑いました。

運行当初は毎日運行されていましたが、利用客低迷もあって、土日祝日のみに縮小。


専用車両は4台あり、一般の路線バスとは仕様が違うため、車両の去就が気になるところです。





ぐりーんは、前乗り後ろ降り。東京や大阪の均一運賃区間のバスと同じです。
これがちょっと混乱する原因を作ったのではないでしょうか。









正面のLED行き先表示は固定。


(川端町・博多座前)


(駅前一丁目)


6年間の運行というのは、短いような長いような…。

(特記がない限り、百道浜営業所(敷地外)で撮影。)



同じカテゴリー(西鉄バス)の記事
 西鉄「TENJIN AMURO MONTH」安室奈美恵さんのラッピングバス! (2018-08-07 10:00)
 西鉄110周年記念ラッピングバス(#2_福岡編) (2018-05-29 10:00)
 西鉄110周年記念ラッピングバス(#1_北九州編) (2018-05-28 10:00)
 西鉄の連接バスの話題2017(クリスマスバージョン) (2017-12-23 10:00)
 太宰府ライナーバス「旅人」の新車を見る (2017-12-20 10:00)
 博多駅前通りの陥没箇所が仮復旧(20161115) (2016-11-16 10:00)

Posted by けいたん at 09:00 │西鉄バス