2017年04月24日

熊本復興飛翔祭でブルーインパルスが熊本の空を飛ぶ!(20170423)

4月23日、熊本城二の丸広場において『熊本復興飛翔祭』が行われました。

熊本地震から1年、ようやく復興への歩みが始まった熊本。
「笑顔と活力、そして応援の気持ちを届けたい」ということで、航空自衛隊松島基地に配属されているブルーインパルス(T-4練習機)が熊本の空をダイナミックに飛びました。
前日22日の事前飛行とともに、青空の広がる好天に恵まれました。

築城基地から熊本市の上空に入り、時間までは待機という感じでした。

3号機には、地元・熊本出身の上原広士さん(1等空尉)が操縦されているとのことで、そちらも期待が集まっていました。

熊本市内をブルーインパルスが飛んだのは、2007年以来10年ぶりだったそうです。

それでは一部ではありますが、ブルーインパルスの展示飛行をご覧あれ。(^^)





さくら
1つの円の長さ約300メートルなので、だいたい1500メートル四方とのことです。全部収まらない…。


ハートマーク
上空の風が弱いことで、さくらのスモークが僅かに残っています。








名残惜しみのスモーク


(写真はすべて23日撮影分)

どうでしたか。
発表によると、約6万人が二の丸広場へ見に来ていたというから驚きです。(事前飛行も半分くらい見に来ていたとか。)

途中、ドクターヘリや航空機への支障で、数分間の中断もありましたが、無事に最後まで行われました。(事前飛行では、直前に、熊本城内にある国立医療センターへのドクターヘリの着陸がありました。)

その後、益城町、南阿蘇の上空を飛び、築城基地へ帰っていきました。

展示飛行後、特設ステージでは、越後英さん(3等空佐)と元廣哲さん(3等空佐)のトークショーが行われました。(左が越後さん、右が元廣さん)
司会進行役のTKU(テレビ熊本)・後藤祐太(※)アナウンサーとともに。(※祐は、示偏の旧字体。)


今回、ブルーインパルスの飛行しているパイロットが装着にしているヘルメットには、くまモンとひごまるのステッカーが貼られています。


後藤アナ…ヘルメットを被られました…(笑)。
ブルーインパルスは練習機とはいえ、戦闘機といっしょで、“G(重力加速度)”が体にかかるもの。ヘルメットはバイク用と異なり、かなりがっしりしているそうです。



熊本市では、2日通して最高気温が23度を超えました。(22日は24.4度、23日は23.2度まで上がりました。)
空気が乾燥してカラッとしている一方で日焼けへの対策…怠ってはいけませんね。事前飛行の22日のときにすでに日焼けしました。(-_-)
朝晩は冷え込みが厳しく、23日朝は8.2度でした。気温差は実に15度と、服装の調節にも困りますね。

次回、熊本市内を飛ぶのはいつになるのかな。だいぶ先になるかもしれませんね。
自分にとっては、昨年の福岡でのライオンズクラブ国際大会の開催以来のブルーインパルスの飛行が見られて良かったです。天気も良かったですもんね。
  


2016年11月21日

世界最高峰のヨットレース・アメリカズカップを見る #福岡

11月18日~20日の3日間、第35回アメリカズカップ(「ルイ・ヴィトン・アメリカズカップ・ワールドシリーズ」/2017年開催)の予選(第9戦目)の福岡大会が、福岡市中央区地行浜で開催されました。

アジアで開催されたのは、1851年から開催されているアメリカズカップの歴史上初めてのことでした。

………
アメリカズカップとは、1851年にロンドンの万国博覧会の記念行事として開催されたヨットレースに、アメリカのチームが参戦して優勝カップを持ち帰ったことから始まる、世界最高峰の国際ヨットレースのことです。
そのこともあり、『海のF1』とも呼ばれています。

1851年と言うと、ペリー来航の2年前!そんなに歴史が…びっくりするしかない。
………

【出場チーム】

フランス: グルパマ・チーム・フランス
イギリス:ランド・ローバー・BAR
日本:ソフトバンク・チーム・ジャパン
ニュージーランド:エミレーツ・チーム・ニュージーランド
スウェーデン:アルテミス・レーシング
アメリカ:オラクル・チーム・USA

日本は、ソフトバンクグループがスポンサーとしてサポートするソフトバンク・チーム・ジャパンが、日本のチームとしては15年ぶりとなる挑戦しています。



と、前置きが長くなりましたが。
20日、実は能古島まで行ってきましたが、遠すぎたかもしれません。
まあ、人ばかりいるところよりは、のんびりしていてよかったですけど。(会場の観覧エリアは有料)(^^;;

正午過ぎ、室屋義秀さんによるエアショーが披露され、この日のレースの始まりを告げました。
(航空自衛隊のブルーインパルスのときといっしょで白の航跡ですが、天気がスッキリいかないと映えないのは残念。)





レースが行われる外側では、海上からの観覧も可能だったので、漁船などとコラボしているように見えるのが、いかにも、日本らしい光景です。

能古島からなので、霞んでいるようにしか見えませんでしたが、レース中、風がないのか、ちょっと苦戦しているようにも見られました。(※画像は補正しています)







レース終了後、対岸に戻って、愛宕浜海浜公園へ。波が時化てきて、風も強く…(^^;
結果は、イギリスが1位、日本は惜しくも5位に終わりました。

日本、アメリカ、スウェーデン


ニュージーランド、イギリス、フランス



その後、スウェーデンとイギリスのチームは近くまで来ました。
小戸ヨットハーバー停泊だったのでしょうかね。




そう簡単には見ることができないヨットレースを、アジアでははじめて福岡の海上で見られただけでもすごいこと。福岡では今度はいつ開催されるのか…とか、言っていられないとおもいますけどね。
  


2016年06月27日

福岡の空に再びブルーインパルスが舞う(#2)

6月24~28日に福岡市内で行われている、第99回ライオンズクラブ国際大会の開催に合わせて、26日、ヤフオクドーム周辺で、航空自衛隊松島基地所属のアクロバット集団『ブルーインパルス』による祝賀飛行が、無事に行われました。

前日の曇り空から一変して、青空のもとで、予定通りでした。





ヤフオクドームのルーフオープンは行われず。せっかくいい天気だったのに……。(ドームのグラウンドから見えるかどうかは別問題。)







↓動画


次回、福岡市内でブルーインパルスが見られるのは、果たして…。  


2016年06月26日

福岡の空に再びブルーインパルスが舞う(#1)

6月24~28日に福岡市内で行われている、第99回ライオンズクラブ国際大会の開催に合わせて、26日には、ヤフオクドーム周辺で、航空自衛隊松島基地所属のアクロバット集団『ブルーインパルス』による祝賀飛行が行われます。

その予行飛行が、25日に行われました。
生憎の梅雨の曇り空でしたが、予行で、予定の3種目が披露されました。






福岡市内でブルーインパルスが飛ぶのは、ご存知の通り、2011年3月11日、九州新幹線全線開業前日の予行飛行以来です。






↓動画


本番は、今日。
青空に映えるブルーインパルスが見てみたいものです。  


2016年04月30日

にしてつ花自動車2016

ゴールデンウィークはどういう計画をされていますか。
熊本地震の影響で、九州方面は観光客減少など、経済的な影響も出ないとも言えないですが、福岡では、博多どんたく港まつりが行われますね。

昨日4月29日、ヤフオクドームでのホークス対西武戦は『どんたく博多デー』として開催。毎年行われていますね。
試合終了後、にしてつ花自動車がグラウンドに登場、一足先に御披露目されました。



熊本地震に伴って、急遽、『どんたく WITH THE KYUSHU 熊本・大分の復興に向けて』のスローガンが全車両の車体に掲げられています。


A編隊1号車『よかとこ、ふくおか』


A編隊2号車『妖怪ウォッチ』


A編隊3号車『うらしまたろう』



B編隊1号車『魔法つかいプリキュア』


B編隊2号車『かしいかえん60周年/動物戦隊ジュウオウジャー』


B編隊3号車『まつりでGo!Go!がんばれホークス&アビスパ』



本運行は、5月2日夜から。3日と4日は、どんたくパレードにも登場。
5日は、かしいかえんで展示されます。


ぼちぼち、ブログ更新の再開をしていこうと思います。日常のことを中心に。  


2016年03月25日

福岡都心部で連接バスが走る!



2台のバスをつなぐことで、より多くの乗客を一度に運べる「連接バス」※の試運転が、福岡都心部で始まり、昨日昼過ぎ、天神で目撃しました。(^^)

この連接バスの運行の構想は、1年前に遡ります。
天神、博多駅周辺と、博多港周辺の中心3拠点を結ぶ循環BRT(バス高速輸送システム)を、福岡市と西鉄が共同で構築。
2016年度から運行を開始し、2020年度までに循環ルートでの本格運用を目指すとしています。

▼白ベースの車体です。もしかしたら、今後、塗装などが施されるかもしれないですね。

車体の全長が18メートルということもあり、昭和通りの天神橋口交差点(渡辺通り)もこんな感じ。





最後尾には注意書き。車体メーカーのロゴもついています。



連接バスはスウェーデン製で、乗客定員が130人と通常の大型バスの約2倍。
まず2台を導入して、運行上の安全性や課題確認を行いながら段階的にシステムを形成し、15台まで増やしてゆく計画だそうです。

目撃したのは、そのうちの1台。
○愛とあるように、愛宕浜営業所の所属となるようです。車番とナンバープレートのナンバーが同じということにも注目。

▼昨年の福岡市発表時点での計画運行図


福岡都心部の交通手段の楽しみが増えそうですね。

※「連接」・「連節」、どちらも正しい表記ですが、拙ブログでは「連接」と表記します。
  


2016年01月23日

西鉄タクシー「受験にキットカット号」運行中!



福岡西鉄タクシーおよび久留米西鉄タクシーで、1月16日~3月8日までの期間限定で、ラッピングタクシー「受験にキットカット号」が運行されています。
久留米西鉄タクシーでは4回目、福岡西鉄タクシーでは初めてとのこと。

さらに乗車された受験生ならびにその家族、各タクシーで先着2000名に、キットカットがプレゼントされるのだとか。

久留米西鉄タクシーについては、久留米市にある高良大社にて合格祈願のお祓い済みとのことです。

運行初日に早速、天神で1台見つけてしまいましたが。(^^)
乗らなくとも、ふと、見つけてみるのもおもしろいかもしれません。  


Posted by けいたん at 09:00地域情報乗り物全般(鉄道以外)

2015年07月19日

セイカの南国白くまの人力車が登場!

櫛田神社そばにある、博多町家ふるさと館前に、一風変わった人力車がお目見えしました。


セイカの南国白くま号とついた、シロクマがモチーフの人力車です。

口を大きく開いています。


側面。車輪にも注目。


後ろはこんな感じ。


博多一番太鼓のわらびもち、食われました!
冗談ですけど。(^^;


期間限定みたいです。5分500円で乗ることもできます。
インパクトが強すぎるのもあって、なかなか乗りにくいかも…(^^)
  


Posted by けいたん at 10:00乗り物全般(鉄道以外)

2015年05月03日

博多港に日本丸が寄港(#2_20150502)

昨日は、ライトアップされた、海上保安庁の日本丸を撮影しに行きました。
ゴールデンウィーク後半ということもあり、多くの見物で賑わっていましたが、なんとか撮ることができました。(^^)

空が徐々に暗くなる変化にも注目してくださいね。(^^;


19:25


19:36


19:40


20:02






おまけ…月齢 13.3のお月さま(^^)


明日が満月です。(^^)  


Posted by けいたん at 10:00乗り物全般(鉄道以外)

2015年05月02日

博多港に日本丸が寄港(#1_20150501)

昨日、博多港中央ふ頭に、海上保安庁の日本丸が寄港しました。

博多どんたく港まつりの港本舞台の目玉として、5日までの予定です。船内の一般公開も行われるみたいですね。
また、4日までは、19時~22時の予定でライトアップも行われるとのことです。


昼は逆光ですなぁ…(^^;;



こっちからの方がいい感じ。(^^)



ちょいと加工


ライトアップは撮影せず。
  


Posted by けいたん at 10:00乗り物全般(鉄道以外)

2015年04月04日

インキューブでバス降車ボタンの展示会!





30年に渡りバスボタンをコレクションされている石田岳士さんが所有する、約125種類のバスの降車ボタンを展示、さらにそれを押せるイベントが、福岡市天神のインキューブ(4階ステーショナリーコーナー)で、昨日から5日まで行われています。

会期中は、石田さん本人も来店されているので、わからないことを聞くのもいいかもしれませんね。
禁断の押し放題と謳っているだけあって、どれもガチで押し放題です。


元祖降車ボタン。50代あたりから懐かしいという方も多いでしょうね。


最近見るレシップの降車ボタンももちろん!


紐で引くタイプ…なかなか見ませんね!(*_*)



降車ボタンって一見同じように見えても、音が違っていたり、個性的。

海外のもありますよ!
左から2つ目のドイツのとイタリアの降車ボタンには、画像では見にくいかもしれないですが、点字がついています。


韓国のは、西鉄バスが使っているレシップのボタンと同じ音。



これは、乗務員用のリセット装置。これも連動しているので、リセットしたければ押せます。(^^;



さらには、整理券発行機も。整理券の券面はイベント仕様になっています。(^^;



こうしたイベントはそうはないとおもうので、必見です!
  


2015年03月31日

最近の撮影から(クラウンとライオン像)

再編の撮影から。(^^)


1つ目の話題。

ソラリアプラザで、トヨタのクラウンの展示がありました。

クラウンといえば、黒のイメージが強いです。
ピンククラウンも最近は見かけるようになりました。


そして、明日から1ヶ月限定で受注生産による新しいクラウンが。

若草色のクラウンと空色のクラウン。
屋内展示なのが悔やまれますが、色合いが本当に美しかったです。



若草色のクラウン



空色のクラウン





2つ目の話題。

福岡三越のライオン広場に鎮座するライオン像。

ホークスのユニフォームを着用して、プロ野球の開幕を迎えました。





ちなみに背番号は、3254。
そうです、3(み)2(つ)5(こ)4(し)。語呂合わせも素晴らしい。



肝心のホークス。開幕戦は、昨年と同じロッテとの対決、開幕投手は摂津。
昨年はロッテに開幕を3勝したのですが、今年は1勝2敗と負け越してしまいました。
今日からはオリックス戦。オリックスも開幕で西武に3連敗してしまい、まさかの大失速。
しかし、ブランコ、中島、小谷野と補強しているので、油断禁物。
さあ、どうなりますか。  


2014年11月21日

幸せを運ぶタクシー

福岡市内を中心に走るタクシー会社、パンダタクシー。

パンダタクシーといえば、初乗りが福岡で一番安いことでも知られています。

そんなパンダタクシーには、1台だけ変わったタクシーがあることをご存知でしょうか。
福岡の方ならば、ご存知かもしれませんが…。

行灯に注目!
通常のパンダのキャラクターが!




リボンして、ハートを持っているのです!

女の子のパンダのタクシーは、同社に1台しかないらしい。ドライバーも女性です。

それに指定予約もできないらしいので、たまたま乗れたり、見かければ、幸せになれるそうな。(^ω^)



見かけることはあっても、目の前を通過される一方でなかなか撮れなかったのですが、ようやく、撮影できました!

でも、勝手に撮ってしまったので、ドライバーさんには申し訳ない気持ちでいっぱいです。(..)  


Posted by けいたん at 09:00地域情報乗り物全般(鉄道以外)

2014年05月07日

海上自衛隊のミサイル艇のしらたかとおおたかを見る

昨日6日、5日から博多港に来ていた、海上自衛隊のミサイル艇『しらたか』と『おおたか』に見てきました。

どちらも、佐世保基地に所属。
九州に配備されているミサイル艇はこの2隻のみで、山口から沖縄の海域での沿岸防備が主な任務になるそう。

100km以上の距離も射程圏に入るミサイルや、レーダーに捉えられにくいステルス性能などを備えているのだという。
海自の艦艇でも最速級の約80km/hで航行できる馬力も併せ持っています。

▼ おおたか



▼ しらたか








博多ポートタワーの展望室から。(^^)

手前がおおたか、奥がしらたか。



時間が過ぎていたので、船内のようすは見れませんでした。次回リベンジかな、と。(^^;;
  


2014年01月28日

福岡モーターショー2014

1月24日~27日、マリンメッセ福岡、福岡国際センター等で、福岡モーターショー2014が開催されました。
ちょうど機会があったので、行ってきました。(^^)


マリンメッセ会場には、あの“奇跡の一本松”を鋼鉄で1/10の大きさで忠実に再現された『希望の一本松』が展示されました。

メーカーを超えて技術者たちが集い、ひとつのものを作り上げる。素晴らしいものです。


では、展示された全車種を紹介…ということはさすがにあれなので、国産車の一部を。順不同です。(^^;

■スズキ X-LANDER


■トヨタ FT-86 Open concept


■トヨタ PINK CROWN

最近、街中でも時々見かけるようになりました。インパクトあるピンク色には目を引きます!

■スズキ ALTO ECO


■ダイハツ DECADECA

驚きました。ある意味、キャンピングカーいらなくなりそうな予感。。

■日産 NISSAN New Mobility CONCEPT


■日産 e-NV200


■日産 Blade Clider

羽根のようなドア…(^^;

■トヨタ AQUA G SPORTS


■ダイハツ RMZ



いやぁ、マリンメッセ会場だけでも十分お腹いっぱいになりました。
もちろん、国際センターにも行きましたけどね。

毎回の盛況ぶりを見る限り、次回も楽しみですね。(^^)  


2013年01月22日

下関の2階建てロンドンバス

下関の2階建てロンドンバスについて。




下関で運行している2階建てロンドンバスは、ルートマスターという車種で、イギリスのアソシエーテッド・エクイッブメント社が、1959年から1968年までの間に2876台も製造され、そのうち2760台がロンドン市内で活躍してきました。

2005年に第一線からは引退するものの、現在でも一部の車両がロンドンの観光路線で活躍しています。

ロンドンバスの活躍を後世に伝えるプロジェクトの一環で、ロンドン交通局から外国の自治体へ送られた6台のうち1台が下関で活躍することとなったというわけです。

運行当初より、サンデン交通に運行委託されています。
2階建てロンドンバスは、土日祝限定で、下関駅ー城下町長府間を4往復しています。
途中、唐戸、御裳川、市立美術館前に停車。通常の運賃で乗車できます。



●主な仕様●
全長:8.395m
全高:4.38m
全幅:2.43m
エンジン:5,900cc/ディーゼルエンジン
座席定員:65人(乗務員席:2人、1階:27人、2階:36人)




ナンバープレートの19-62は、この車両が製造された1962年を現すそうです。
…ということは、50年も活躍してきているということになります。

下関駅前のロータリーに停車するため、乗り継ぎにも便利です。





コカ・コーラの広告が目立ちます。
すごくコンパクトに見えますが、通常のバスより車高が高いですよ!


バス停は専用のものが用意されています。





ということで2008年から運行開始以来、市民や観光客に親しまれて来ましたが、今年3月いっぱい(最終運行は3月24日)で運行終了とのこと。
市は、5年間の運行計画に基づいての予定通りの運行終了という発表をしています。

今後は、市立美術館などに展示される予定になっています。  


Posted by けいたん at 09:00乗り物全般(鉄道以外)

2012年07月29日

JR九州バスのフルラッピング車(#2)

今回も、 JR九州バスのフルラッピング車を。




JR九州と吉本興業がコラボした企画『笑う。鹿児島』のラッピングです。
右側面はお笑い芸人は載っていませんが、九州・山陽新幹線仕様のN700系の側面がドーンと載っています。(^^;

貸切用の車両のようですが、この日の運用はさっぱりです。


福岡200か22-29  


Posted by けいたん at 09:00乗り物全般(鉄道以外)

2012年07月25日

JR九州バスのフルラッピング車

珍しく、バスの話題を。(^_^;)

JR九州バスによる、JA共済のフルラッピングです。




車両番号:8230
筑豊200か・104 U-UA440NSN <92年式>

元は、西武バスに所属していた車体。
真っ赤な車体に、黄緑ベースのラッピング。屋根やクーラーキセはそのままなので、違和感あります。

もう20年も活躍しているんですね。ラッピングされたところ見ると、引退も近いか?

博多バスターミナル~直方駅間の一般路線バスとして充当されていました。
西鉄バスの天神~赤間営業所間の26番(26A)も長距離ですが、こちらも負けていませんね。



#山笠期間中に撮影した一枚です。(^^;  


Posted by けいたん at 09:00乗り物全般(鉄道以外)

2012年04月23日

電車orバス…どっちに乗る?

鹿家駅に行くのに際して、迷ったことがあります。
地下鉄+筑肥線直通と、昭和バス(いと・しま号)+筑肥線乗り継ぎのどちらで行くかということ。

結論からいえば、今回は天気も味方して、昭和バス+筑肥線乗り継ぎで鹿家駅に行ったのですが、たまたまでしょうが、平日の昼前ということで車内は空いていました。
そして、ほとんどが前原バス停を目前にして、途中で降りていきました。

唐津方面でもそうですが、通勤や通学で競合もあるので、なかなか難しい選択でもあります。


■地下鉄(空港線)+筑肥線直通




まず、地下鉄+筑肥線直通で行った場合、博多駅からでも天神駅からでも鹿家駅まで、運賃は920円となります。
所要時間はほぼ1時間かかります。

地下鉄内のトンネルからの殺風景…いやいや…個人的にはあまり好みではないです。(^^;

全車両がオールロングシート。
103系と303系にはトイレついていますが、あまり利用することもないかなと…。



■昭和バス(いと・しま号)+筑肥線乗り継ぎ


(今年投入された、韓国のヒュンダイ・ユニバースの新車…まだ乗ったことはないですが、乗客の乗り心地の評価はどうなのでしょうね。(^^; )


一方、昭和バスは、博多バスターミナル〜前原・加布里間に『いと・しま号』を運行させています。
これ、赤間急行みたいな感じと思いきや、種別としては、高速バスです。
リクライニング機能つきの4列シートなので苦にはならず。トイレは事前に済ませれば、問題なし。

博多バスターミナルからでも天神からでも、運賃は変わらず、JR筑前前原駅の最寄りバス停となる『前原』で620円、加布里駅の最寄りバス停『赤坂』で700円。

昭和バスの所要時間はほぼ変わりません。

加布里駅から筑肥線に乗り継ぐと、鹿家駅までの運賃は270円。

700円+270円=計970円となります。


昭和バスでもnimocaが利用でき、昭和バスの場合だと乗車ポイントが運賃の5%分加算されます。

昭和バスは対抗策からか、nimocaを使うより、往復乗車券や回数券を使うとさらにお得になってきたりますから、それを考えると、地下鉄+筑肥線直通よりも安くなってきたりすることも…。  


Posted by けいたん at 09:30乗り物全般(鉄道以外)

2011年04月05日

那珂川水上バス

3月27日、天神と博多ふ頭・能古島を結ぶ、水上バスが就航しました。



天神中央公園〜ベイサイドプレイス博多間『ベイサイドサファイア号』(51人乗り)が1日6往復(大人片道500円)、
同〜能古島間『花天神号』(12人乗り)が土日祝に3往復(大人片道1300円)となっています。
また、中洲の夜景を楽しめる周遊コース(大人500円)もあります。



この水上バス構想は、福岡県議会議員である樋口明先生(南区選出…4月10日投開票の福岡県議会議員選挙では、南区では無投票当選が確定。)が公約に掲げてきたもので、2003年には試験運航の社会実験が行っていたみたいです。

今回の東北地方太平洋沖地震の発生以前から気になっていることとしては、能古島はそれまで姪浜発着所からしか運航されてこなかったので、天神から発着できる点から、災害発生時は、人の移動はもちろんのこと、物資の輸送にも役立つのではないかということですね。



まだ利用は少ないようですが、これからの行楽シーズンやデートコースに、水上バスを加えてみるのもいいかもしれませんね。  


Posted by けいたん at 08:55乗り物全般(鉄道以外)