2012年08月17日

西鉄電車の現況

7月2日から9月7日までの平日の日中時間帯、西鉄天神大牟田線では一部列車の車両数を1両削減して運転されています。
これは、九州電力の節電要請にこたえるものです。

節電要請が始まる前までの、通常の運用では見られないような車両の運用が行われているのも、事実です。


エフェクト加工で、ちょっと昔風にしてみました。

5000形と6000形の3両編成による、普通電車です。(いずれも高宮駅にて撮影)







JR九州では3両編成は見られますが、西鉄では殆ど増結用に使うため、こうした光景は滅多にありませんね。
(西鉄大牟田駅で甘木行きを見たことがありますが、柳川駅で車両交換されます。)


節電要請期間以降、どうなるかは、公式リリースがないのでわかりませんが、このままでも良いかもしれませんね。
ただし9月以降、学生の夏期休暇が終わるので、今以上の車内混雑が心配です。



今年は、例年以上に猛烈な暑さが続いています。
節電をすることも大事もですが、バランスよい食事をしたり、こまめな水分補給も忘れないようにしたいですね。
何よりも、熱中症にならないように。無理して暑いのを乗り越えるのではなく、いざとなったときはエアコンをつけたりしましょう。



同じカテゴリー(西鉄(電車))の記事
 今春復活した熊本市電の5014ABを見る (2017-08-14 10:00)
 3000形『水都』運行開始&8000形『水都』退役へ (2017-07-24 10:00)
 7050形の大木町のおお貴族ラッピングを見る (2017-04-15 10:00)
 西鉄8000形が今夏引退へ (2017-04-13 10:00)
 西鉄9000形を見る (2017-03-22 10:00)
 西鉄天神大牟田線の井尻~雑餉隈間の仮線路を見る(20170318) (2017-03-21 10:00)

Posted by けいたん at 09:00 │西鉄(電車)