2015年06月22日

戦後70年_博多部にある戦災地蔵巡り

6月19日は、福岡大空襲から70年目となる日でした。

博多部にある4箇所の戦災地蔵にお参りしてきました。
毎年、山笠がはじまる前に行っていますが、今年は節目ということもあり、いろいろ交錯する気持ち。


戦災地蔵は、福岡大空襲の一般戦没者を供養するために、戦後まもなくして、地域ごとに建立されたお地蔵さまのこと。

沖濱稲荷神社(川上音二郎の生誕の地)

(福岡市博多区古門戸町3-8)


須ヶ崎恵比須神社
普段は柵に鍵がかかっていて中には入れないので、柵の外から…。


(福岡市博多区須崎町13-8)


黒田神社


(福岡市博多区須崎町13-25)

西方寺


(福岡市博多区奈良屋町10-11)


福岡市内の戦災地蔵は、ほかにも、東区馬出の宗玖寺の『洲崎地蔵尊』、西区今宿の栄昌寺の『じゅうご地蔵』、中央区大手門の圓應寺の『無縁仏地蔵尊』にもあります。いずれも近いうちに行ってみたいものです。

最近のニュースでは、集団的自衛権だの、いろいろと取り上げられています。同じ過ちは二度と繰り返してほしくない。
戦没者もきっと、そう思われていることでしょう。



同じカテゴリー(撮影)の記事
 福岡城跡に幻の天守閣が現れた (2017-08-16 10:00)
 今春復活した熊本市電の5014ABを見る (2017-08-14 10:00)
 熊本市電最古の1060形1063号を見る (2017-08-12 10:00)
 熊本城を見る2017(#10)熊本地震から2年目の夏(20170808) (2017-08-10 10:00)
 博多人形の窯跡の発掘現場を見る(20170729) (2017-07-31 10:00)
 3000形『水都』運行開始&8000形『水都』退役へ (2017-07-24 10:00)

Posted by けいたん at 10:00 │撮影地域情報