2011年07月17日

博多祇園山笠2011(10)山解き

追い山が終わると、『山解き』つまりは、山の解体が待っています。
いまでも、とくに西流では争奪戦となるらしいです。

またもや、中洲流に密着してしまいました。(^^;)
こういうのもなかなか見れないシーン。
博多祇園山笠2011(10)山解き
博多祇園山笠2011(10)山解き
博多祇園山笠2011(10)山解き

山の飾りを外し『素山』になった山台は、来年の当番町に運ばれます。
博多祇園山笠2011(10)山解き
舁き棒は、櫛田神社に大切に保管されるとのこと。

博多祇園山笠2011(10)山解き
博多祇園山笠2011(10)山解き


これで山笠の15日間はおわりです。
さびしいですが、すでに来年に向けて動き出していることには、変わりはありません。



同じカテゴリー(博多祇園山笠)の記事
 櫛田会館は○○の跡地だった!山笠が東長寺前を通る理由もここから! (2021-02-06 10:00)
 小松の親分さん亡くなる… (2020-12-12 10:00)
 博多祇園山笠2020番外編(#3)祇園饅頭 (2020-07-13 10:00)
 博多祇園山笠2020番外編(#2)師弟関係の親子が作る飾り山笠 (2020-06-29 10:00)
 博多祇園山笠2020番外編(#1)川端商店街に法世さんの山笠イラスト入りのタペストリー (2020-06-19 10:00)
 今年の博多どんたくは中止!松囃子と山笠は?【新型コロナ】 (2020-04-07 10:00)