2018年05月29日

西鉄110周年記念ラッピングバス(#2_福岡編)

西日本鉄道(西鉄グループ)は今年110周年を迎えます。
それを記念したラッピングを施した電車とバスを、いずれも期間限定で運行しています。

前回は北九州地区の110周年記念バスをお伝えしましたが、今回紹介するのは、福岡地区と久留米地区の110周年記念バスである『青バス』の復刻デザインのラッピングとなります。

5月25日にヤフオクドーム前のバス発着場で展示を兼ねた撮影会が行われました。
翌26日には、天神の大丸パサージュ広場で展示が行われました。




このモスグリーン調の色合いといい、特に50歳代以上の方にとっては懐かしいと言えるのではないでしょうか。

パサージュ広場で展示されたのは、那珂川営業所所属の1台(9375)でした。
福岡地区では、愛宕浜営業所の9002も合わせて、2台での運行です。

ライオンマーク。西鉄ライオンズがあった時代を感じさせますね。


そうそう、西テツバスと呼ばれていた頃です。



ちなみに、こちらも車内には懐かしのバスの写真のポスターなどが掲出されていたりしていました。

那珂川営業所所属車(画像)は、61番、66番、68-1番、610番、161番にて運用されています。
愛宕浜営業所所属車両は、301番、302番、303番、312番にて運用されています。

なお、同復刻ラッピングの久留米地区では展示会なしでした…。どうも、見に行くしかなさそうですねぇ。
また、電車編はいましばらくお待ちください。最近、撮り鉄も控え目なので…(^^)
  


2018年05月28日

西鉄110周年記念ラッピングバス(#1_北九州編)

西日本鉄道(西鉄グループ)は今年110周年を迎えます。
それを記念したラッピングを施した電車とバスを、いずれも期間限定で運行しています。

電車は、西鉄天神大牟田線の3000形6両1編成にデザインラッピング。
バスは、福岡地区と久留米地区では『青バス』の復刻ラッピング、北九州地区は『路面電車』のデザインラッピングが施されています。

今回紹介する北九州地区では、5月27日からの運行に先立ち、砂津にあるチャチャタウン小倉で展示会が行われました。

北九州地区は、かつて北九州市内に敷設されていた西鉄の路面電車を模したデザインで、1980年代に600形などで塗装されていた赤い電車ですね。

北九州地区では2台運行され、ともに、西鉄バス北九州の八幡営業所の所属です。



9227


9231





車内には、沿線で撮影された懐かしの路面電車の写真などが飾られています。


それ以外はほとんど変化なしにも…。

側面や後部に施された路面電車の車番が、バスの車番になっているのはご愛嬌でしょうね…。



どちらも主に、1番系統(砂津~小倉駅~八幡~黒崎~折尾)で運用されるとのこと。
この路線、小倉から黒崎、折尾方面を結ぶ西鉄バス北九州のメイン路線であり、運行距離も比較的あるので、沿道で見かけることが難しいかもしれないですね…。

北九州には所用で行くことはあっても、一般路線バスに乗る機会は少ないんですよ。
見かけるかどうかも分からないからこそ、この展示会を見に行ったのもありますけど、まさか2台とも展示されるとは思わなかったです。(^^;)
  


Posted by けいたん at 10:00撮影西鉄バス地域情報イベント関連北九州

2018年05月10日

内川聖一選手が2000本安打達成!



2018年5月9日、メットライフドームで行われた、福岡ソフトバンクホークス対埼玉西武ライオンズ戦。

8回表のホークスの攻撃で、内川聖一選手がセンター前ヒットを放ち、史上51人目となる2000本安打を達成しました。

1999本安打目からリーチをかけていながら、14打席ノーヒットが続いていました。





地元ファンがいるヤフオクドームで達成できず、敵地での達成。
打った瞬間、サヨナラヒットを放ったかのように、笑顔にガッツポーズ。
やっと、肩の荷も下りたように見えました。

今季古巣の西武に復帰した松井稼頭央選手、そして、ホークスの王貞治会長から花束が贈呈されました。

観客席には、ゴールデンウィークからずっとついて回っていた家族の姿も見られ、父親の一寛さんは泣いていましたね。


内川聖一選手、おめでとうございます。

35歳9ヶ月、1800試合目での偉業達成は、歴代9位。これで名球会入りです。


ちなみに通算打率のほうは、現役では、ヤクルトスワローズの青木宣親選手に次ぐ、3割8厘台を現在維持しています。


これからは気楽に、ヒットを積み重ねていってほしいと思います。

横浜ベイスターズ時代は遅咲きと言われていたなか、2008年にレギュラー定着、と同時に、右打者最高打率となる3割7分8厘で首位打者を獲得。これはいまだに破られていない記録です。

2011年にホークスへFA移籍してからも好成績を残し、史上2人目となる両リーグで首位打者も獲得。
1000本安打、1500本安打と積み重ねていきました。

本当なら、昨シーズン、2000本安打を達成してもおかしくなかったものの、途中から怪我で悔しい思いをしました。

しかし、クライマックスシリーズでは4試合連続ホームラン、そして、日本シリーズでも敗戦濃厚のなかで同点のホームランを放つなど、勝負強さを発揮しました。


そして、2000本安打まで残り25本で今シーズンを迎えました。

カウントダウンが進むにつれて、毎試合マスコミがついて回るなどのプレッシャーのなかで…ようやく出た喜びは半端ないでしょう。


内川聖一選手が日本球界を代表する最高の打者であることに、変わりはありません。


実は、5月6日のヤフオクドームでのオリックスバファローズ戦を観戦しに行ったのですが、最後…惜しかったですね。達成する瞬間を見たかったです。

8日の大宮では、雨天という最悪のコンディション。
サードゴロはエラーだったものの、これがチームに勝利を呼び込む先制点に結びつけました。

開幕から絶好調の西武の山賊打線相手に、先発の千賀と石川、リリーフのモイネロ、そして抑えの森が、2試合とも無失点で抑えました。
西武は、おとといまで開幕から完封負けがなかったのですね。そして、メットライフドームでの開幕から連勝記録は12でストップしました。


\\右に左に捌け コースを絞って 狙い澄まし 内川打て//


2010年のセ・パ交流戦。横浜ベイスターズ時代の内川選手。懐かしい姿です。


このときはまだ、ホークスに来てくれるとは信じていませんでした。
しかし、本人はこのときにはすでにホークスの強さを知り、覚悟は決めていたという。  


Posted by けいたん at 10:00撮影スポーツ

2018年04月24日

王仁神社

佐賀県神埼市に王仁神社(わにじんじゃ)という神社があります。





鰐大明神と王仁天満宮
この神社の創建は定かではないが、正面の鳥居は元禄十二年(1699年)に氏子三村から寄進されたものです。
御祭神としては鰐大明神と熊野三社が祭られているところから渡海者の安全を祈願されたものと思われますが、当社には王仁天満宮と刻まれた小さな石祠も祭られています。
「王仁」というのは、4世紀後半に応神天皇に招かれて百済から多くの技術者集団をつれて渡来されたと古事記、日本書紀等に記載され、日本に初めて漢字の手本となる「千字文」と儒教の原典である「論語」を伝えた王仁博士ではないかと思われます。
王仁博士の一行は朝鮮半島の南西端にある上台浦(霊巖)から渡来したと伝えられていますが、日本のどこに上陸されたかは記録もなく不明です。
もし、吉野ケ里の渡来人と同じく目の前の有明海から北上したとすれば、ここ竹原地区付近に上陸されたと思われ、ロマンに満ちた夢は大きくふくらんできます。

神埼市
神埼市観光協会

と、現地案内板ではこう書かれています。


王仁博士上陸伝承之地



拝殿裏
熊野社(左)と鰐大明神(右)





ちなみに北東側では、王仁顕彰公園の工事が進められていました。これ、大仁田さんも市長選で問題視していた内容ですね。
工事エリアは立ち入れないので撮影していません。完成したらいつかは行きたいですね。

どうやら、吉野ケ里歴史公園と一体となった整備をしていくそうですが、周辺は小さな集落があるくらい。
現状、王仁神社へ行くためのまともな交通手段もないだけに不安もあります。
果たして、観光客を呼び込めるのでしょうか。
  


Posted by けいたん at 10:00名所めぐり撮影佐賀

2018年04月23日

旧古賀銀行神埼支店

佐賀県神埼市。
櫛田宮の門前町に、『旧古賀銀行神埼支店』の建物が残されています。





国登録有形文化財(建造物)
旧古賀銀行神埼支店

この建物は、古賀銀行神埼支店が設立した明治44年から3年後の大正3年3月21日に新築竣工しました。
外観は、木造の洋風建築で、正面に花崗岩の円柱で支えられた切妻造りの玄関ポーチを構え、左右対称のデザインになっています。外壁は、モルタル洗い出し仕上で、柱や窓の上部に、石状の装飾が施されています。
内部は、客溜まりや執務室・会議室ともに吹き抜けとなっています。
外観は洋風ですが、木造で伝統的な和小屋組で屋根を支えるなど、在来の技術で作られた建造物であり、大正時代の佐賀地方の技術や文化を知る上で重要な建物です。
神埼市教育委員会





以前は、歯科医院になっていましたが閉院して、昨年、整備が完了されています。

建物内部の常時一般公開はありませんが、イベント時などにはあるそうです。
福岡市の赤煉瓦文化館や唐津市の旧唐津銀行のように、常時公開すれば、櫛田宮などと一体の観光資源になるはずですがね。


補足
古賀銀行は、明治18年、両替商の古賀善平が設立しました。
明治から大正にかけ、九州の五大銀行に数えられるまでに成長しましたが、世界恐慌による不況により、昭和8年に廃業しました。  


Posted by けいたん at 10:00名所めぐり撮影史跡・遺産関連佐賀