2018年04月16日

かえんば神埼!大仁田さんの思い、一歩及ばず…



4月15日投開票の佐賀県神埼市の市長選。
結果から先にいえば、大仁田さんは現職の松本市長に約1000票差で落選されました。


今回、市議選が定数に達して無投票で決まったことで、世間の関心も含めて、市長選だけに照準が絞られました。



神埼市の当日有権者数は26,153人。
そのうち、投票者数は17,208人で、投票率は65.80%で、前回(※2010年)より11%近く下がっています。
※2014年は無投票当選。

松本茂幸氏 9002票
大仁田厚氏 8025票
無効票 181票

投票数に対して、無効票が多いようにも思えますが、どちらも期待していないという現れなのか…。



こういう結果が出てしまった以上、悔しいです。

しかし、大仁田さんは、敗戦の弁で、今後も神埼に住み、4年後、今回の雪辱を晴らすことを約束として誓ってくれました。

それを大仁田さん自ら言ってくれるのであれば、今回の選挙で支えてくれた仲間たちは、誰も忘れてはいないでしょう。
そのためには、今日から早速、辻立ちを再会されるなど、再スタートの気持ちに切り替えです。


▼動画でどうぞ。
目頭は赤いですが、大仁田さんは珍しくひどく泣くようなことはなかった。
出馬表明のときから真剣に戦ってきて、悔しさは人一倍あったはずですが…。



自分も、大仁田さんと出会い、お手伝いを通して多くの方々にもお世話になったことに、後悔はありません。
選挙ってこんなものですよね。
なにより、また再会できるといいですよね。それ以前に、神埼市内などどこかでばったり会うかもしれませんが…笑。


神埼市がどう変わったのか。4期目の松本市長の評価を下す4年後の市長選にかかっています。


ちなみに、大仁田さんのプロレスラー復帰は、おそらくありません。だって、もうカラダもボロボロですよ。ドクターストップかかるでしょう。
しかし、興行のプロデュースなんかはしてほしいですけどね。  


Posted by けいたん at 10:00撮影スポーツ政治全般佐賀

2018年04月14日

熊本地震から2年(#1)熊本城天守閣の鯱を見る

今日で熊本地震から2年。
熊本城は大天守閣の上を覆っていた傘状のシートが外され、屋根瓦が葺かれていて、今月末には完了予定ですね。

ところで今月6日には、新しく作り直された大天守の鯱(しゃちほこ)が大天守閣に設置されました。

その鯱は、期間限定で「熊本城ミュージアム わくわく座」(旧「歴史文化体験施設 湧々座」)でお披露目&展示され、間近で観ることができました。
今回は、わくわく座で展示されていたときの様子を紹介します。


昨年8月30日から公開された、新しく作り直された天守閣の鯱。



大天守の鯱は、2月28日まで展示されました。

高さ119cm、幅47cm、奥行73cm、重さ100kg
製作:藤本康祐氏








熊本城の鯱の目は、上を向いているのが最大の特徴といえます。



小天守の鯱は現在も展示中で、こちらは来年の8月31日までの展示予定です。

高さ86cm、幅38cm、奥行60cm、重さ70kg
製作:藤本修悟氏










鯱の製作工程の写真パネルもありました。

1. 粘土練返し


2. 成形


3. 模様付け


4. 乾燥


5. 焼成(窯焼き)





熊本城天守閣の鯱にまつわる、興味深い記録が残っています。

最近だと、2007年に破損が見つかったことで、作り直されていたとういうこと。つまり、熊本地震で落下してしまった鯱は、短い期間だったのですね…。

さらに驚くことに、落下してしまった鯱も含め、藤本家3世代による製作という点です。
藤本康祐氏の父の藤本勝巳氏は7年前に亡くなられましたが、その当時の設計図が残されていたそうです。
もし、設計図が捨てられていたら…作り直されるのはいまよりも遅かったかもしれませんね。


復興に向かって、着実に動いています。
がんばろう熊本、がんばろう九州

先日、大分県中津市耶馬渓で発生した土砂崩れで被災された方々へ、遅ればせながら、お見舞い申し上げます。  


Posted by けいたん at 10:00名所めぐり撮影史跡・遺産関連熊本熊本城

2018年04月06日

かえんば神埼!大仁田さんに1日密着!?

昨日4月5日、佐賀県神埼市に行ってきました。
8日告示、15日に投開票の神埼市長選に立候補を予定されている大仁田厚さんを励ましに行きました。2月の事務所開きのとき以来です。(^^)


大仁田さんが2月から辻立ちを初めて以来、毎週木曜日の早朝は、飯町交差点で辻立ちされていることを、ほぼ毎週、ツイッターで把握済みだったので、今週もひょっとしたら…ということで、天神高速バスターミナルから佐賀行きのわかくす号に乗り、高速神埼で降車、そこから飯町交差点へ向かいました。

途中で、赤いウィンドブレーカーの人たちと『かえんば神埼』の幟が見えてきた。
スピーカーから大仁田さんの挨拶するのも響いている…間違いなかったです。

「おはようございます」だけでなく、手を振ってくれたドライバーには「ありがとうございます」とも。



大仁田さん、気温上昇で、すでに汗びっしょりです。ロングジャンパーじゃ当然でしょう。(^^)





…と、辻立ちが終わるまで、そばで見ました。


大仁田さんの事務所スタッフの方曰く、挨拶を返してくれるドライバーが、辻立ちをはじめた頃よりもだいぶ増えたそうだ。認知度も増してきたということだろう。
子供たちは春休みだったため少なめです。


辻立ちが終わり、大仁田さんに改めて挨拶。

どっちみち、事務所へお邪魔するつもりだったこともあり、『一緒に乗っていけよ!』と言われたので、事務所スタッフの方の車で同乗することにしました。


事務所では、はがきへの宛名シールの貼り付けなどのお手伝いしました。
事務所内にはボードがあって、寄せ書きができるようになっています。もちろん、書いてきましたよ。


一方の大仁田さんは、夜から行われる現職の松本茂幸市長との公開討論会の原稿作りで大忙し。
発言に制限時間が決まっているので、それに収まるようにしなければならなかったそうです.
アナウンサーなどでもないと時間配分って掴めないでしょう。大仁田さんが三度の飯よりもプロレスやってきて、2分以内で終わるような試合はないのでね。

ちなみに、市民ではないものの、その公開討論会も見て来ましたよ。(神埼市中央公民館で開催)
※事前に主催者が許可した者以外、撮影や録音が禁止だったので写真なし。

両者のいろいろなことが聞けて良かったです。



なんだかんだいって、早朝から12時間以上近く、大仁田さんを間近で見ました。(原稿作りのときこそ、大仁田さんは別室におられましたが、支援者の訪問などでときどき顔を出してきます。)
さすがにこんな長丁場は、プロレスの試合会場でもないだろう。

事務所スタッフの方々もみんな優しかったですね。
帰りも途中まで送ってくださり、ありがとうございました。


今度は、8日、出陣式にお邪魔しようと思っています。あのときの、あの人がくる予定らしいですよ。
式が終わったら、また、お手伝いがあるでしょうからねー。(法定ビラへの証紙貼り付けなんかがあるはずです…。)  


Posted by けいたん at 10:00撮影スポーツ政治全般佐賀

2018年03月26日

【ランパスdeランチ】カトマンズ カレーショップ

ランパスdeランチ。もうかなりランパス使っていろんなところへ行っていますが、ブログへの反映が追いついていない状況が続いています。。(_ _;)


今回は、博多駅エリアから、はかた近代ビルの地下にある「カトマンズ カレーショップ」です。地下にありますが、すぐにわかる場所にあります。


インド料理の専門店で、ランチタイムには今回のランパスにも載っている「サービスセット」が人気だそうです。


ランパスではその「サービスセット」、790円が500円になります。

カレーは36種類のスパイスを独自に配合し、チキン・シュリンプ・キーマエッグ・ベジタブルの4つから選べ、辛さ調節もできます。ソフトドリンクも何種類からか選べます。

カレーはチキンで、辛さは2辛、ドリンクはラッシーにしました。チキンは沈んでいますが、骨無しです。







カトマンズ カレーショップといえば、何と言っても、ナンのデカさに人気の秘訣があるのではないですかね。ボリューム感もあり、満足できると思います。
ちなみに、ナンの上に乗っているのは、インドの薄焼きせんべいのパパド。これもカレーにつけるのもいいですね。



サラダも美味です。カレーの前というより、一緒に食べたほうが飽きないかも。(あくまで個人的な感想)



ランチタイムにはお弁当でカレーが売られるなど、満足いくこと間違いなさそうです。
外国の料理って、好みによるでしょうけど、ほとんど外れなしがいいですね。

カトマンズ カレーショップ

福岡市博多区博多駅東1-1-33 はかた近代ビルB1

【ランチパスポート利用可能時間】11:00~15:00


追伸 平昌冬季オリンピック。羽生選手の金メダルの瞬間、自分はここにいました。他のお客さんとともに、店内にあるテレビに釘付けでした。w
  


2018年03月23日

JR熊本駅完全高架化切替完了!懐かしの写真(#2)熊本駅前と市電のようす

JR熊本駅周辺の連続立体交差事業による熊本駅の高架化切り替え完了を記念して、懐かしの写真を取り上げる、単発連載企画。

今回は、熊本駅前と市電のようすです。

熊本駅前は、2011年の九州新幹線全線開業に合わせ、東口(白川口)の駅前広場が、今回の高架化に先立つように整備されました。


それ以前はどうだったか…といえば、これらを撮影した、2004~05年当時でさえ、「中心部から遠い」とも言われてきただけに、少し寂しかったですね。

熊本駅前はまだペデストリアンデッキがなかったんですね~。



そうそう、熊本駅は1968年改築で、民営化後に今のように改装されることになります。半世紀だったとは!

4階建てのようにみえて、3階建て。4階にあたる部分は壁だけのダミーです(笑)。


また、2010年には市電の線路の付け替えが行われ、駅前広場に乗り入れる形(と同時に、田崎橋電停まで同時整備)になりました。これによってスムーズに乗り換えができるようになりました。朝は長蛇の列…いまも昔も変わっていません。

それ以前の様子。



当時はまだ、旧来の路線番号でしたね。(しかし、方向幕の傾きはなおらないものか)

いまのようにA系統、B系統と分かりやすくなり、全区間均一運賃になったのも、九州新幹線の全線開業に合わせてからです

祇園橋方面を見る


市電のバックを見ても分かるように、当時はまだ古い建物が駅前には残っていました。