2013年05月23日

西鉄貝塚線600形

西鉄貝塚線の主力車両といえば、600形。
こちらも1962年から川崎重工で製造された車両で、初期車は50年過ぎています。

貝塚線で活躍する車両はすべて、かつて天神大牟田線で活躍していました。
すこし丸みを帯びた前面が好きです。

(すべて、新宮駅にて撮影)



では、車内のほうへ!


313形同様、普通の座席のモケットは赤、優先席(手前)は青です。




乗務員室後部は、左右どちらも座席が残されています。
どちらかと言うと、右側の座席に腰を掛けるのが、個人的にはお気に入りです。(^^)




運転席。こちらは貫通扉がある関係で横幅も狭め。天神大牟田線当時とほとんど大差なしです。
ワンマン運転ながらも、シンプルです。





313形とともに、これといった置き換え計画は今のところなし。
5000形が来るには不釣り合いな路線です。



同じカテゴリー(西鉄(電車))の記事
 7050形の大木町のおお貴族ラッピングを見る (2017-04-15 10:00)
 西鉄8000形が今夏引退へ (2017-04-13 10:00)
 西鉄9000形を見る (2017-03-22 10:00)
 西鉄天神大牟田線の井尻~雑餉隈間の仮線路を見る(20170318) (2017-03-21 10:00)
 西鉄9000形の試乗会!(20170318) (2017-03-19 10:00)
 西鉄9000形が2両で本線試運転!(20170208) (2017-02-09 10:00)

Posted by けいたん at 09:00 │西鉄(電車)