2012年10月14日

SL9600型19633号

JR若松駅前に静態保存されている、SL9600型19633号を紹介します。(^^)



・型式…過熱テンダ機関車
・製造所…川崎車両KK
・製造年月日…大正6年12月20日
・総重量…69.33t
・最大長…16.22m
・最大幅…2.616m
・最大高…3.813m
・動輪直径…1.250m
・最大馬力…928馬力
・最大速力…毎時70km


愛称カメ又はクンロクと呼ばれるこの9600型蒸気機関車は、大正6年国産の貨物用機関車として作られました。
昭和48年3月若松機関区において引退するまで55年間走り続け、走行距離は2,825,836kmは、地球を70周、月まで3往復に相当します。

(以下略)


(現地案内板より抜粋)



☆所在地☆ 北九州市若松区白山1丁目
◎かつて、若松機関区があったところです。


屋根もなく、吹きさらしの状態にて25年近く保存されてきているため、ボロボロです。

そろそろ整備してもいいんじゃないかなとも、思えます。



同じカテゴリー(蒸気機関車)の記事
 58654号機が日田彦山線経由で送り込み回送!(20170310) (2017-03-11 10:00)
 10年前の記憶(#2)SLあそBOY (2014-09-24 09:00)
 イムズに段ボール製のデゴイチが現れる (2014-07-19 09:00)
 中の坪公園の29612号蒸気機関車に進展 (2014-02-27 09:00)
 志免町中の坪公園で29612号蒸気機関車を見る (2014-01-14 09:00)
 貝塚公園のSL9600型と20系客車が内部公開 (2013-10-20 09:00)

Posted by けいたん at 09:00 │蒸気機関車