2012年07月11日

博多一番太鼓のわらびもち

チリ~ンチリ~ンチリ~ン♪





博多の夏の風物詩、博多一番太鼓の自転車によるわらびもち売り。


この日は、おじいちゃんではなく、おじさんでした。(^^;
ただ、おじいちゃんもご高齢なので、受け継がれているのは当然かもしれないですね。

その場で食べる場合は、保冷庫に入ったわらびもちをその場できな粉にまぶして、モナカに詰めて、輪ゴムで縛って完成。
100円からというのが、お財布にも優しい。



以前は、爪楊枝が入っていましたが、今はモナカがとけやすいこともあり爪楊枝をなくして、アイスのようにかじるようになっていますね。
もちろん溢れないように、輪ゴムに加えて、ビニール袋に入っています。


夏はわらびもちを出していますが、冬は焼き芋に切り替わります。
わらびもちは何度もいただきますが、焼き芋はまだないですね。(^^;


神出鬼没なので、見かけたときは、いいこともあるかもしれません。



同じカテゴリー(おやつ)の記事
 セブンイレブンの『ふんわりパンケーキ』を食らう (2015-06-12 10:00)
 黒田藩太鼓焼 (2013-09-13 09:00)
 オハヨー乳業の昔なつかしアイスクリン (2013-08-11 09:00)
 みんなに親しまれてきた老舗のパン屋さん (2013-06-03 09:00)
 博多川端シューの川端シュー (2013-04-01 09:00)
 ベローチェのジュレオーレ~抹茶~ (2012-08-19 09:00)

Posted by けいたん at 09:00 │おやつ