2012年05月13日

カレチ一筋で生きるということ

※カレチとは、国鉄時代に内部では「客扱専務車掌」と言われた、一般的には、旅客列車の車掌のことをいいます。


以前、こちらの記事でも紹介したことがある、下関乗務員センターの車掌を勤めていらっしゃる西村さんに、前の記事のキハ47形四国色の譲渡輸送を撮影しに行った日に、思いがけずに再会することができました。


相変わらず、ファンサービスがよくて、みすゞ潮彩号の乗車証明書なんかをいただきました。






乗務されている列車の発車前まで、いろいろ話を聞けたのですが、勤続40余年ということで、あわせて、数ヶ月後には定年退職となるそうです。
40余年もカレチ一筋で進んでこられたのは、なんだか誇らしいですね。
数多くの寝台特急(ラストラン含む)にも乗務されていらっしゃいましたから、下手したら地球何周分もしたのではないでしょうか。

下関だけに留まらず、国鉄時代を含めていろんなところを転々とされていたそうです。


ご本人は写真に撮られるのを恥ずかしがっていましたが、一枚!
話している最中から、西村さんが涙もろくなっていたのは、気のせいでしょうかねぇ。




西村さん、最後の乗務まで頑張られてくださいね!


西村さんのことは、鉄道ファンの間でも知っている方はいらっしゃるので、今回、記事とさせていただきました。(^-^)



同じカテゴリー(雑談)の記事
 熊本地震から1年 (2017-04-14 10:00)
 赤坂門市場の近況(20170314) (2017-03-15 10:00)
 世界一受けたい授業で紹介された福岡市の魅力のまとめ #福岡 (2017-01-29 10:00)
 横綱・稀勢の里誕生で4横綱時代到来! #sumo (2017-01-26 10:00)
 マイングリニューアル1周年記念!秋山幸二氏トークショー!(20161211) (2016-12-12 10:00)
 博多祇園山笠のユネスコ無形文化遺産登録を祝うくす玉割り!(20161201) (2016-12-02 10:00)

Posted by けいたん at 09:00 │雑談