2012年04月23日

電車orバス…どっちに乗る?

鹿家駅に行くのに際して、迷ったことがあります。
地下鉄+筑肥線直通と、昭和バス(いと・しま号)+筑肥線乗り継ぎのどちらで行くかということ。

結論からいえば、今回は天気も味方して、昭和バス+筑肥線乗り継ぎで鹿家駅に行ったのですが、たまたまでしょうが、平日の昼前ということで車内は空いていました。
そして、ほとんどが前原バス停を目前にして、途中で降りていきました。

唐津方面でもそうですが、通勤や通学で競合もあるので、なかなか難しい選択でもあります。


■地下鉄(空港線)+筑肥線直通




まず、地下鉄+筑肥線直通で行った場合、博多駅からでも天神駅からでも鹿家駅まで、運賃は920円となります。
所要時間はほぼ1時間かかります。

地下鉄内のトンネルからの殺風景…いやいや…個人的にはあまり好みではないです。(^^;

全車両がオールロングシート。
103系と303系にはトイレついていますが、あまり利用することもないかなと…。



■昭和バス(いと・しま号)+筑肥線乗り継ぎ


(今年投入された、韓国のヒュンダイ・ユニバースの新車…まだ乗ったことはないですが、乗客の乗り心地の評価はどうなのでしょうね。(^^; )


一方、昭和バスは、博多バスターミナル〜前原・加布里間に『いと・しま号』を運行させています。
これ、赤間急行みたいな感じと思いきや、種別としては、高速バスです。
リクライニング機能つきの4列シートなので苦にはならず。トイレは事前に済ませれば、問題なし。

博多バスターミナルからでも天神からでも、運賃は変わらず、JR筑前前原駅の最寄りバス停となる『前原』で620円、加布里駅の最寄りバス停『赤坂』で700円。

昭和バスの所要時間はほぼ変わりません。

加布里駅から筑肥線に乗り継ぐと、鹿家駅までの運賃は270円。

700円+270円=計970円となります。


昭和バスでもnimocaが利用でき、昭和バスの場合だと乗車ポイントが運賃の5%分加算されます。

昭和バスは対抗策からか、nimocaを使うより、往復乗車券や回数券を使うとさらにお得になってきたりますから、それを考えると、地下鉄+筑肥線直通よりも安くなってきたりすることも…。



同じカテゴリー(乗り物全般(鉄道以外))の記事
 熊本復興飛翔祭でブルーインパルスが熊本の空を飛ぶ!(20170423) (2017-04-24 10:00)
 世界最高峰のヨットレース・アメリカズカップを見る #福岡 (2016-11-21 10:00)
 福岡の空に再びブルーインパルスが舞う(#2) (2016-06-27 10:00)
 福岡の空に再びブルーインパルスが舞う(#1) (2016-06-26 10:00)
 にしてつ花自動車2016 (2016-04-30 10:00)
 福岡都心部で連接バスが走る! (2016-03-25 10:00)