2011年12月20日

『馬出通り』…今も残る電停跡

福岡市東区に、わずかな距離で存在するバス専用道の途中に『馬出通り』というバス停があります。
もともと路面電車の専用軌道だったところを、廃止後にバス専用道として整備された経緯があります。
なので、いまここに進入できるのは、原則として西鉄バスだけです。




お気づきになられましたか?
このバス停のある場所の地面に注目すると、路面電車時代の電停跡がそのまま使われています。




ちなみに右後方にある「旭軒」のほうにも遺構として、クロス状の架線柱(鉄柱)の跡がいまは電信柱として残っています。

近くのJR箱崎駅周辺が整備されていますが、ここには何気ない日常風景が色濃く残っています。



同じカテゴリー(名所めぐり)の記事
 熊本市内を歩く(#5)森本襖表具材料店 (2017-10-14 10:00)
 1年前のホークスタウンモール跡地 (2017-10-12 10:00)
 福岡城跡に幻の天守閣が現れた (2017-08-16 10:00)
 熊本城を見る2017(#10)熊本地震から2年目の夏(20170808) (2017-08-10 10:00)
 那の津往還と那の津幻想 (2017-06-27 10:00)
 熊本市内を歩く(#4)富重写真所 (2017-03-14 10:00)

Posted by けいたん at 09:00 │名所めぐり