2011年08月22日

貝塚線を撮る!―湘南型フェイス、313形

この日は、西鉄唯一の片開き扉で、湘南型フェイスの313形も運用に就いています。

湘南型フェイスは、前面が2枚窓になっているのが特徴。
313形にはみられませんが、傾斜がついて丸みを帯びているのが、そういわれているのです。



昭和26年製造ですから、来年で還暦を迎えるそう。
ただでさえ、車両の動きが見えない貝塚線ですから、残りそうな勢い…。

余談ですが、宮地岳線時代に活躍していた300形は、一部廃止された2007年に、製造されてから59年で、全車廃車・解体となりました。

ちなみに現在、日中は2編成が多々良車庫にいますが、ラッシュ時間帯は予備車として1編成が残っています。
現時点では、600形1編成が今検査入場中でした。間もなく出場予定みたいでしたが、こうなると実質予備なしの状態…。




折り返し。
パンタグラフが気になって、上下がぎりぎりに…。

前回の600形もそうでしたが、こちらにも指導の乗務員さん(たぶん)が乗っていますね。



同じカテゴリー(貝塚線313形)の記事
 西鉄313形のその後(#1) (2015-02-11 09:00)
 ついにラストラン!西鉄313形 (2015-01-25 09:00)
 引退目前の西鉄313形を撮る! (2015-01-21 09:00)
 西鉄貝塚線の313形、ラストランまで残り14日! (2015-01-10 09:00)
 西鉄313形を撮る(20140928) (2014-09-30 09:00)
 西鉄313形を使った貸切電車が運行されました (2014-08-31 09:00)

Posted by けいたん at 08:30 │貝塚線313形