2011年07月19日

天神地下街の石積みの広場

天神地下街を歩いていると、『石積みの広場』と呼ばれるところがあります。



江戸時代、福岡城築城の際に築かれた幅50メートルの『肥前堀』がこの場所を通って東西に延び、両岸には石垣が築かれていたことから、都市の歴史の再構築をテーマとした、出会いの広場として整備されています。

肥前堀という名称は、その建設にあたって肥前の国、佐賀藩の支援を受けて築かれたことから、その名がついたとされています。






同じカテゴリー(福岡市中央区天神)の記事
 プレミアムフライデーが始まりました! (2017-02-24 18:00)
 親不孝通りの愛称復活へ! (2017-02-21 10:00)
 春吉橋の架け替え工事(#5)2016年3月~8月編 (2016-12-22 10:00)
 春吉橋の架け替え(#4)2016年2月~4月編 (2016-12-20 10:00)
 春吉橋の架け替え(#3)2015年12月~2016年1月編 (2016-12-19 10:00)
 天神岩田屋開業80周年で博多券番が披露(20161007) (2016-10-10 10:00)