2011年06月27日

下関駅弁当のふく天うどん

※※はじめに断っておきます。<(_ _)>※※

画像は2008年に撮影したものです。最後に食べたのも、味の評価や値段もその当時のものです。
また、ネット上で見ていたのですが、下関駅弁当さんは、昨年、小郡駅弁当と徳山駅弁当が合併されたとか、それに伴い、駅弁をリニューアルされてたとか、うどんも出汁が変わったとかで、あらゆる情報が錯綜しています。
最近、下関地区には行かなくなっているので、実情が把握できていませんので、最新の詳細情報は割愛します。
なにはともあれ、このブログでは酷評はしないようにはしています。




下関といえば、ふぐ(河豚)…あ、地元の方は幸運もあやかってか「ふく」と呼びますです。

そして、下関におけるうどんで外すことができないのが、ふく天うどんではないかとおもいます。(^^)

下関駅ならびに新下関駅に出店してあり、下関駅弁当が運営しています。

唐戸市場にも、ふく天うどん出しているところはあるみたいですね!


▼ふく天うどん(470円)



麺は細めの麺。出汁はうす味で、九州人なのでやさしめです。
ふぐとうたってはいますが、シロサバフグを丸ごと揚げたのと、すり身のかまぼこが乗ります。
ちなみに、ふく天はサクサクした食感が味わえました。

これで470円だったら満足しますね。



かしわうどん、ごぼ天うどん……ご当地うどんを味わうのも、悪くはないですね!(^^)



同じカテゴリー(駅そば(うどん))の記事
 中央軒の鳥栖駅かしわうどん (2013-03-25 09:00)
 やりうどん(#2) (2012-09-16 09:00)
 寿軒(JR博多駅3・4番ホーム) (2011-04-19 19:15)
 やりうどん (2010-03-10 06:53)