2010年12月07日

高島宗一郎を支えた屋台骨の存在、ほか…

先月注目していたニュースは、やっぱり、福岡市長選です。
投票率が43.67%と熾烈な戦いだったことには間違いありません。

当選した高島宗一郎さんは、自民党と公明党からの支持をもらいました。言葉が難しいですが、推薦というか、擁立でしょうね。

なかでも、それらを総括する選挙対策本部の最高顧問として、麻生太郎元首相が就任したのですが、告示後、麻生さんは頻繁に福岡入りされました。
自分も、何度かお会いしました。

選挙活動の最終日となる13日夜にあった天神ツインビルでの最後の街頭演説のあとのこと。
選挙事務所に戻ってきて、選挙活動の締めとなる『マイク納め』となったのですが、そこに麻生さん本人(と、河村建夫氏。ちなみに石破茂氏はいませんでした。)がいらっしゃいました。(^^;)

マイク納めが終わり、各人がこれまでお世話になった、選対や県や市の議員の先生などの方々に挨拶して回ったりしたのですが、最後、麻生さんとツーショットを撮影ならびにガッチリと握手する機会がありました。(^^)




麻生さんは常ににこやかな表情で、テレビよりは生で見たほうがグンといいです。とても70歳には見えませんよ。
投票日の翌14日には東京に戻られて、選挙事務所には顔を出されないということで、実質、今回の福岡市長選で会えるのはこの日が最後だったのです。

告示後、麻生さんをはじめ、自民党の大物議員が高島さんを後押しするために福岡入りされました。
街頭演説や個人演説会のお手伝いを通して(一部、プライベートとして聞きにいったりもしました)、高島さんの演説とともに大物議員の演説も聞きましたし、本当にいい経験ができました。



――――――――――――――


さて、いよいよ今日7日火曜日、高島さんが第35代福岡市長に就任されます。歴代の福岡市長では一番若い市長となります。

自分はTwitterで「大名なう」を通して、大名という地域がどういったものかを見つめてきました。
大名は変わろうとしています。たとえば再来年には、大名・舞鶴・簀子の3つの小学校が生徒数減少で統廃合が予定されています。高島さんも市長という立場として、これから地域の方々と話を聞いたうえでしっかりまとめていこうと、僕におっしゃってくださいました。

「大名なう」を中心にいろんなイベントが大名地区では進んでいますが、高島さんがまだ知らないことも多くあるので、この機会に高島さんに知り合えたわけですから、伝えていきたいとも思っています。(個人的に話せる機会があるかは別ですが。)
これぞ、高島さんが言ってきていた「発信力」の支えでしょう。

もちろん大名のことだけでなく、こども病院が移転するかどうかの問題にしろ、吉田市政で残していって解決されたかはっきりしない課題が、高島さんに山積しているのは確かです。
やはり、市民と一緒になって、良し悪しを見る必要は出てくるでしょう。

福岡市民の一人として、選挙に投票したり、議会を傍聴するだけしか市政に参加する機会がないですが、そこは仕方ないです。
これから4年間、市民の目線にたった市政をおこなってくださることを期待しています。



同じカテゴリー(福岡市長選2010)の記事
 福岡市長選、新人の高島氏が当選 (2010-11-15 10:10)
 激戦!福岡市長選2010(その2) (2010-11-12 00:24)
 激戦!福岡市長選2010(その1) (2010-11-10 09:08)