2010年02月13日

鴻臚館跡


鴻臚館(こうろかん)は、古代(飛鳥〜平安時代)の迎賓館に相当する施設で、唐(中国)や新羅(朝鮮)の外交使節や商人をもてなしたほか、日本の遣唐使の送迎にも使用されたとされていたとされています。

1987年に平和台球場の外野席改修中に発見され、かつてテニスコートだった場所には現在、鴻臚館跡展示館として、館内では一部復元されていますが、ここで発掘された状態が見れます。


のちに本格的な発掘調査で平和台球場は解体されましたが、いまもなお発掘は進んでおり、新たな発見が続いているようです。


データ
鴻臚館跡(こうろかん)
所在地:福岡市中央区城内1

国史跡指定日:2004年9月30日
指定面積:48,027平方メートル



同じカテゴリー(史跡・遺産関連)の記事
 福岡城跡に幻の天守閣が現れた (2017-08-16 10:00)
 熊本城を見る2017(#10)熊本地震から2年目の夏(20170808) (2017-08-10 10:00)
 博多人形の窯跡の発掘現場を見る(20170729) (2017-07-31 10:00)
 熊本城を見る2017(#9)天守閣の今後(20170422) #熊本 (2017-04-26 10:00)
 熊本城を見る2017(#8)隈本城(古城)跡(20170220) #熊本 (2017-03-03 10:00)
 熊本城を見る2017(#7)いろんな角度から見た熊本城(20170126) #熊本 (2017-02-08 10:00)