2009年07月06日

南海高野線6100系、ついに運行終了。

4~5日の2日間、友人が大阪で私用があるというので、JR西日本の新幹線・在来線が乗り放題となる『西日本パス』(2人以上の利用が条件で、指定席も4回まで無料でとれて1人当たり12000円は大変お得!)を使いまして、一緒に行ってきました。^^

大阪でいったん解散し別行動。
自分は5日で運行を終了した、南海高野線の6100系(6107F)を撮影しに行きました。


南海高野線を利用されたことがある人はわかると思いますが、何も変哲もない普通のステンレス車体。
なにか珍しい車両か?といえば、写真では非常にわかりにくいのですが、台車には1970年の運行開始時からパイオニアⅢ台車というのが使われています。当時としては最新鋭だったのですが、部品等の共通化により(同時に6300系へ改番)、この台車を使っている最後まで残った6両1編成が、今回撮影した編成であります。


以下の写真は、すべて新今宮駅で撮影。この日は各停運用に入っていました。

なんば行き


金剛行き


なんば行き


河内長野行き



記念ヘッドマークをクローズアップ。(ヘッドマークそのものは6月から取り付けられていました。)



関西での撮影って、どっちかというと撮影にうるさい(撮影者の罵声等)のが付き物というイメージがあるのですが、今回はそんなことなくてよかったです。運行終了1日前なのに日常のような撮影感覚でした。


6100系は運行終了後に千代田工場に入場。廃車されるのではなく、台車の履き換え等を実施したのちに6300系に改番されて出場予定です。

最終日の5日は地元の鉄道ファンによれば人が多いというのが、想定内に見えているから控えたほうがいいということで、撮影していません。

6100系は、高野線沿線の親戚宅にあるために何度か乗ったことがあります。
ここまで大きく話題になろうとは思いもせず…。



同じカテゴリー(南海電気鉄道)の記事
 大阪道中記(6) 〜南海汐見橋線〜 (2009-08-14 21:25)
 南海電車、その他もろもろ(普通編) (2009-07-10 00:30)
 南海電車、その他もろもろ(特急編) (2009-07-07 11:48)