2017年12月27日

783系ハウステンボス号リニューアル編成

2017年は、国鉄民営化から30年の節目の年になりました。

JR九州では、博多〜ハウステンボス間を結ぶ、特急ハウステンボス号に充当されている783系のリニューアルを進めています。
485系から783系に置き換わって18年目の大規模なリニューアルですね。

その1編成目が3月18日から運行を開始しました。
いまは2編成がリニューアル済みでいずれも運用に就いています。
最終的にはハウステンボス号編成の全てがリニューアルされる見込みです。

写真はCM-21編成。
いままで、フロント部が赤、スカート(排障器)が緑だったものの、車両外観全体がオレンジベースに様変わりしました。



フロントにグリル状のエンブレムが配されています。このあたりは「ななつ星in九州」にどことなく共通しますね。





車内もリニューアルされているようですが、まだ乗車はできていません。


みどり号編成とも併結されるため、乗れる機会は少なからずありそうです。



▼動画




同じカテゴリー(ローカル線(JR線))の記事
 JR熊本駅完全高架化切替完了!懐かしの写真(#2)熊本駅前と市電のようす (2018-03-23 10:00)
 JR熊本駅完全高架化切替完了!懐かしの写真(#1)煉瓦造りの機関庫 (2018-03-19 10:00)
 JR博多駅に謎の物体が姿を現す!(#2) (2018-03-02 10:00)
 JR博多駅に謎の物体が姿を現す!(#1) (2018-02-23 10:00)
 博多駅と釜山駅の姉妹駅締結30周年記念プレート (2018-02-07 10:00)
 JR九大学研都市駅のホームドアの実証実験を見る(20180130) (2018-01-31 10:00)