2016年09月07日

短命に終わった観光列車「あそ1962」

2005年8月に運行を終了した、SLあそBOYの後継として、2006年7月にデビューしたのが、今回紹介する「あそ1962」。
豊肥本線の熊本~宮地間を1日1往復運転。

キハ28・58の2両編成で、全車指定席で運行されていました。
車内はボックスシートになっていて、自転車が置けるスペースも確保されているのが特徴的だった。これは駅からそのまま阿蘇方面へサイクリング…という流れだろうか。

列車名のうち、“1962”とは、キハ58-139が1962年に製造されたことに由来する。

運行開始を目前に控えて博多駅で実施されたの展示会にて。





検査明けの出場。(過去記事から)



しかし、そう長くは続かず、2010年12月をもって運行が終了し、短命に終わった、あそ1962。
JR九州の観光列車のなかでは、地味な存在だったのかもしれない。

車両は今も、熊本車両センターに留置されているらしいですが、なにぶん……。

あそぼーい!の運行が開始されるのは、のちのちのことだ。



同じカテゴリー(アーカイブ(プレイバック))の記事
 2016年を振り返る(未公開分(#2)/熊本市電_夏目漱石記念年ラッピング) (2016-12-09 10:00)
 2016年を振り返る(未公開分(#1)/震災前の熊本城ライトアップ) (2016-12-08 10:00)
 キハ31形の座席にあった収納式テーブル (2015-10-22 10:00)
 博多駅前にあった巨大な鈴はどこへ? (2015-10-14 10:00)
 昨年の今頃… (2011-07-22 08:30)
 787系と車掌さん (2011-06-26 09:00)