2015年10月14日

博多駅前にあった巨大な鈴はどこへ?

写真を撮る趣味をしていて、デジタル化してからは外付けHDDやDVD-Rなんかにバックアップを取ることをしているけど、これまで撮影した画像の整理、閲覧していると、懐かしいものが見つかることもしばしばある。

今回紹介するのは、2007年5月に撮影したもの。



昭和50年に土居流から寄贈されたという、巨大な鈴。
先代の三代目博多駅ビルの駅前広場にあったものだ。

この巨大な鈴は、博多駅の改築工事に伴い、その後撤去された。

撤去当時、この巨大な鈴はJR九州が管理しており、撤去されたあと保管するといわれていたが、撤去されてから今まで、少なくとも現駅ビル(JR博多シティ)の完成して以降、記憶が正しければ、見かけたことがない。



駅前広場の整備後にふたたび置かれるかと思ったのだが……果たして、どこへ行ったのだろう。
博多駅近くのJR九州の本社に保管されているならばいいが。(^^;



同じカテゴリー(アーカイブ(プレイバック))の記事
 2016年を振り返る(未公開分(#2)/熊本市電_夏目漱石記念年ラッピング) (2016-12-09 10:00)
 2016年を振り返る(未公開分(#1)/震災前の熊本城ライトアップ) (2016-12-08 10:00)
 短命に終わった観光列車「あそ1962」 (2016-09-07 10:00)
 キハ31形の座席にあった収納式テーブル (2015-10-22 10:00)
 昨年の今頃… (2011-07-22 08:30)
 787系と車掌さん (2011-06-26 09:00)