2008年12月23日

大幅遅延!富士・はやぶさが博多で打ち切り!

タイトル長々ではありますが。(^^;;)

おととい東京を21日に発車した下りの寝台特急富士/はやぶさは、根府川で強風規制により抑止があり、それに伴い遅延が発生しました。
さらに、姫路駅線路切り替え工事等の関係で、御着駅に停車でさらに大幅な遅延が発生しました。

結果、富士号は門司にて打ち切りになり、博多で打ち切りが決定したはやぶさ号に併結のまま博多まで向かいました。
博多には4番のりばに15:10着、実に5時間遅れでした。
(途中の岡山や広島で、新幹線への代替輸送となったようで、博多到着時はガラガラでした。)

その後、竹下駅横の博多運転区に回送され、折り返し作業および整備が行われました。


(機関車切り離し後の姿。なんとも無情な結末となってしまいました。(敷地外より撮影))


通常の定刻時刻より約30分弱遅れた18:00に、甲高い機関車の汽笛を鳴らし、博多運転区を出庫し、博多まで向かいました。
結局、博多特発となったそうですが、30分弱の遅れは引きずったままのようです。



余談にはなりますが、博多打ち切りは、今年夏にもありました。そのときも博多運転区で折り返し作業および整備が実施されました。
さらに、機関車故障および機関車差し替えで下関打ち切りとなったときは、実に6時間遅れ。
今回の遅れは、天災によるものと単なる人的ミスともいえる原因が遅れを生んだ結果ではありますが…。
そこまで遅れるぐらいならば、内心、下関で打ち切りでもよかったのではないかと思ってしまいました。


来春のダイヤ改正の概要が発表された直後の災難。
天災による遅延は仕方ないにしろ、今後、ダイヤ改正の日まで、同じようなことはなくしてほしいものです。



同じカテゴリー(ブルートレイン)の記事
 トワイライトエクスプレス、下関へ (2015-05-30 10:00)
 貝塚公園のSL9600型と20系客車が内部公開 (2013-10-20 09:00)
 あの頃の、ブルトレたち。 (2011-07-31 08:30)
 リバイバルみずほ号~筑豊路を走る~ (2009-06-22 00:55)
 リバイバルあかつき号~筑豊路を走る~ (2009-06-20 22:50)
 リバイバルあかつき号 (2009-03-22 01:27)

この記事へのコメント
実は私、そのはやぶさに乗車しておりました。

広島あたりで8時くらいでしたかね・・・

前日東京駅で購入したパンがあったので食料はセーフでした。昼間に本州を走るのもまたいい感じでしたけどね^_^

博多で打ち切りが決まったのに車掌の案内は何も無し・・・でした・・・
Posted by レオレオ at 2009年02月19日 18:28
>レオレオさん、コメントありがとうございます。
ご乗車なされていたのですか。
こういうことは何回あるかわかりませんが、昨年は夏場も含めてとくに多かったように思えます。
車掌からの案内がないというのは苛立ちますね。
Posted by けいたんけいたん at 2009年02月22日 19:45
>単なる人的ミスともいえる原因
人的ミスでは無いと思いますよ。根府川での足止めが致命傷になった感じです。
私も当日、富士の方へ乗車していました。

姫路駅では高架工事の関係で夜は、度々『路線封鎖』をしていました。しかも21日の夜はその総仕上げでした。
(参照: http://www.city.himeji.lg.jp/kouhou/kouhoushi/backnumber/200812/tokushu01.html )

 当日、ご存知の根府川強風の遅延で、『工事開始時間に(午前2時半頃と言ってたような・・)はやぶさ・富士が間に合わなかった』と言うのが本当の原因だと思います。当初は、はやぶさ・富士通過後、工事スタートだったのかもしれません。(推測)

御着は、姫路の一つ手前の駅ですし、駅も大きいとはいえません。本線上での停車でした。と言う事は先行の列車は無しと予測できます。
(運転再開(路線封鎖解除)後は、姫路寸前で上り電車とすれ違いました。どうも始発のようでした。)
 今思い出すと、それの裏付けになるか判りませんが、関西圏では西向きの貨物列車(吹田信、梅小路等)は、当日ドコにも居ませんでした。運休やすでに発車したものと考えられますね。
Posted by パイク at 2009年03月06日 17:19