2015年06月24日

たま駅長、死す!

和歌山電鐵のたま駅長が、22日にお亡くなりになられました。
16歳だったとのこと。人間で言えば80歳過ぎになりますかね。

たま駅長にお会いしたのは、2009年の一度きりでした。



貴志駅の売店の店主が飼っている、普通の三毛猫が和歌山電鐵の乗客増やグッズ売り上げなどにも繋がるなど、貢献度もはかり知れず。

各地の地方鉄道における、猫駅長の元祖とも言える存在。

たま駅長を見たさに和歌山電鐵に乗りに行った人には、いつまでも忘れることはできないでしょう。

社葬が行われるそうで。
天国で、先輩の猫たちに思い出をいっぱいお話されることでしょうね。

たま駅長、ありがとう。



同じカテゴリー(和歌山電鐡)の記事
 貴志駅改築へ (2009-10-29 23:16)
 大阪道中記(5)~和歌山電鐡の車両たち (2009-08-11 13:12)
 大阪道中記(4)~和歌山電鐡のたまスーパー駅長~ (2009-08-09 22:19)