2008年10月25日

山陽・九州新幹線直通用車輌、公式試運転を実施

10/24、山陽・九州新幹線直通用車輌のN700系7000番台量産先行編成が、博多総合車両所〜博多〜新山口間(新下関〜新山口間は数往復したらしい)を往復とする、公式試運転を実施しました。

前々回も書いたように、N700系7000番台の外観には「白藍」という色が使われており、従来の新幹線とは色違いであることが一発で分かります。



(今回は携帯電話で撮影したのを投稿。)


陸揚げ・陸送から2週間足らずでの報道公開(14日)、3週間目(24日)には公式試運転の実施と、速いペースで進んでいきます。



ところでJR西日本とJR九州では、この直通運転につかう列車名を、20日から11月30日まで募集しています。
詳しくは駅のポスター、チラシをご覧ください。



同じカテゴリー(新幹線)の記事
 キハ31形の座席にあった収納式テーブル (2015-10-22 10:00)
 博多港でN700Aを見る! (2015-07-11 10:00)
 新幹線ふれあいデーと西鉄電車まつり (2014-10-20 09:00)
 新幹線50周年 (2014-10-01 09:00)
 九州新幹線を撮る2014 (2014-03-16 09:00)
 さくらラッピングの九州新幹線 (2014-03-11 09:00)

Posted by けいたん at 10:41 │新幹線
この記事へのコメント
ボディーの色が左右違って見えますね
これも「白藍」の塗装の効果なのでしょうか。
Posted by ちくりんちくりん at 2008年10月28日 06:06
>ちくりんさん
>これも「白藍」の塗装の効果なのでしょうか。
関係者曰く「青磁塗り」ともいわれているそうで、まさにその効果が現れているものと見られます。(^^;)
Posted by けいたん at 2008年11月01日 20:34