2008年10月04日

山陽・九州新幹線直通用車輌、博多港にて陸揚げ

2日より、山陽・九州新幹線直通用車輌であるN700系7000番台が、博多港にて陸揚げされました。翌3日深夜未明には、トラクターによる陸送が行われ、JR西日本・博多総合車両所まで搬入されました。

この車輌は8両1編成の量産先行車で、今回陸揚げされた編成は、のちに山陽新幹線内で試運転を実施、3年後の九州新幹線全通時にも使用されます。




先頭部は従来のN700系を踏襲しながらも、外観の塗装は様変わりしています。
この写真ではわかりづらいですが、従来の白ではなく、「白藍(しらあい)」という色で、光の当たり具合なんかで薄く水色かかったものです。
帯も青と金のようで、ロゴもWEST JAPANとKYUSHUが一体になっています。普通のJRロゴでないところがいいですね。


JR西日本持ちは、N700系"7000番台"となったわけですが、近い将来投入される、JR九州持ちはどうなるか気になるところです。


写真は、3日撮影分でこちらが1号車になります。
トラクターの頭が北側(海側)だったので、偶然にもこうして真正面からも撮ることができました。これは作業がおわり、トラクターで海側に少しばかり前進したあとです。



同じカテゴリー(新幹線)の記事
 キハ31形の座席にあった収納式テーブル (2015-10-22 10:00)
 博多港でN700Aを見る! (2015-07-11 10:00)
 新幹線ふれあいデーと西鉄電車まつり (2014-10-20 09:00)
 新幹線50周年 (2014-10-01 09:00)
 九州新幹線を撮る2014 (2014-03-16 09:00)
 さくらラッピングの九州新幹線 (2014-03-11 09:00)

Posted by けいたん at 16:55 │新幹線