2015年01月25日

ついにラストラン!西鉄313形

昨日1月24日、西鉄313形がラストランとなりました。
3往復運転されたので、千早、香椎、和白などで撮影することができました。


この日限定のヘッドマークが取り付けられましたね。


これもこれで、平べったいので、ヘッドマークではなくステッカーのようにも見えてしまいますが。


最後の新宮発貝塚行きの到着前から、貝塚駅ではセレモニーが行われました。

(よくみると、後ピンになっていた…


14時23分、入線。 ……モロ逆光でした(^^;



14時42分
ヘッドマークは外されて、出発の合図で多々良車庫に入庫。
これが最後となろうとは…




カウントダウンボードも、こんな感じに。

62年間お疲れさまでした!(^o^)/


600形614Fは…日を改めて撮りに行こうと思います。
こちらのヘッドマークの装着期間は1ヶ月の予定らしいのでね。(^^)



西鉄313形は、日本の鉄道車両で初めて「モノコック構造」を採用した車両でした。
車体の骨組みと外板を一体化させ、 ボディ全体で車体強度を確保する構造。
このモノコック構造はのちに、0系新幹線などにも採用され、313形は、その先駆けといえます。



同じカテゴリー(貝塚線313形)の記事
 西鉄313形のその後(#1) (2015-02-11 09:00)
 引退目前の西鉄313形を撮る! (2015-01-21 09:00)
 西鉄貝塚線の313形、ラストランまで残り14日! (2015-01-10 09:00)
 西鉄313形を撮る(20140928) (2014-09-30 09:00)
 西鉄313形を使った貸切電車が運行されました (2014-08-31 09:00)
 西鉄宮地岳線部分廃止直前の頃の313形(#3) (2014-08-08 09:00)

Posted by けいたん at 09:00 │貝塚線313形