2014年12月12日

雨に濡れる黄色いハンカチ

JR折尾駅の近くを流れる、堀川。
堀川は人工河川で、1891年に、筑豊興業鉄道(現在の筑豊本線)が開通するまで、筑豊炭田から若松港への石炭輸送に重要な役割を果たしていたそうです。
それが認められて、2007年に、近代化産業遺産に認定されました。

その堀川に、先月から、黄色いハンカチが掛けられています。







健さんしのぶ黄色いハンカチ 母校・東筑高近くの堀川
2014年11月24日(最終更新 2014年11月24日 01時02分)


10日に83歳で亡くなった中間市出身の映画俳優高倉健さんをしのび、JR折尾駅 (八幡西区)の近くの堀川に、地元の市民団体「堀川再生の会・五平太」(中村恭子会長、約20人)が23日、黄色いハンカチ約 80枚を掲げた=写真。代表作「幸福の黄色いハンカチ」で多数のハンカチがはためく名シーンにちなんだ。設置期間は未定。

東筑高校(同)出身の高倉さん。同級生によると、堀川沿いは駅と母校を結ぶ道の一つで、高倉さんも歩いていたという。同校の後輩でもある中村会長は「折尾にも縁が深い健さんに、母校の地元から感謝の思いを伝えたい」と話した。

=2014/11/24付 西日本新聞朝刊=
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_kakyushu_keichiku/article/128936


高倉健さんを偲んで…ということらしいですね。
そんな、思い出の場所も、今後の再開発で消滅してしまうかもしれない。

雨に濡れる黄色いハンカチが、大粒の涙をめいいっぱい拭い取っているのようにみえました。



同じカテゴリー(地域情報)の記事
 1年前のホークスタウンモール跡地 (2017-10-12 10:00)
 西鉄8000形の引退イベント実施! (2017-09-29 10:00)
 ホークスのリーグ優勝と楽天の失速を振り返る (2017-09-17 10:00)
 博多人形の窯跡の発掘現場を見る(20170729) (2017-07-31 10:00)
 3000形『水都』運行開始&8000形『水都』退役へ (2017-07-24 10:00)
 博多祇園山笠2017(#6)追い山!(2017715) (2017-07-15 15:00)

Posted by けいたん at 09:00 │地域情報