2014年06月16日

和白干潟

福岡市郊外、博多湾の北東側に位置したところにある、和白干潟。
貴重な生物、野鳥の飛来する場ともなっています。



かつては、博多湾の港湾開発で、和白干潟全面を埋め立てるという計画がありましたが、市民団体の反対もあり、人工島(アイランドシティ)の計画に変更になった経緯があります。
そのアイランドシティの埋め立てで、生態が変わったともいわれていますが…。

干潮時は、くるぶし程度まで浅くなるため、潮干狩りが楽しめます。
足下には、あらゆる生物が。クラゲまでうちあがっています。






RKB毎日放送のラジオ塔もあり、比較的広範囲に電波を届けています。


ぽっこりした山(?)は、牧の鼻丘陵。


アイランドシティのアイランドタワーなども見えます。



干潮時も、長靴があったほうがいいですね。運動靴では汚れますから。

いつまでもこの自然を残してほしいものですね。


和白干潟へは、JR香椎線・西鉄貝塚線の和白駅から歩いて行けます。(^^)



同じカテゴリー(地域情報)の記事
 1年前のホークスタウンモール跡地 (2017-10-12 10:00)
 西鉄8000形の引退イベント実施! (2017-09-29 10:00)
 ホークスのリーグ優勝と楽天の失速を振り返る (2017-09-17 10:00)
 博多人形の窯跡の発掘現場を見る(20170729) (2017-07-31 10:00)
 3000形『水都』運行開始&8000形『水都』退役へ (2017-07-24 10:00)
 博多祇園山笠2017(#6)追い山!(2017715) (2017-07-15 15:00)

Posted by けいたん at 09:00 │地域情報