2014年06月06日

熊本日帰り旅2014(#6)熊本市電0800形

今回は、熊本市電ではもっとも新しい車両、0800形を。

熊本市電では、西暦年号の下2桁に00を足したのを形式名とする慣例があるのですが、0800形は文字通り、2008年に新潟トランシスで製造され、2009年3月より営業運転がはじまりました。

同じ規格が、万葉線や富山ライトレール、富山地方鉄道(いずれも富山県)などで活躍しています。


超低床の連接電車として、床面に段差がないのが特徴です。
従来設置されていたミラーがなくなり、そのかわり、カメラで撮影したものが運転席モニターで確認できる仕組みがとられているとのこと。

塗装は白と、肥後椿をイメージした赤紫で、正面の窓下に紺色が入っています。

…台車が見えない(^^;


運転席…先進すぎて、よくわかりません。(^^;


車内は、優先座席を除いて、ボックスシート。




通町筋にて。
交通量が多いなかを、走り抜けます。



超低床電車の運用は、電停の時刻表で確認できますが、9700形とともに走っています。
確率は…そう高くないのですよね。(^^;



同じカテゴリー(撮影)の記事
 天神にはかつて西郷どんがいた! (2018-01-17 10:00)
 天然鯛焼 鳴門鯛焼本舗 (2018-01-10 10:00)
 811系リニューアル編成 (2017-12-28 10:00)
 783系ハウステンボス号リニューアル編成 (2017-12-27 10:00)
 西鉄の連接バスの話題2017(クリスマスバージョン) (2017-12-23 10:00)
 太宰府ライナーバス「旅人」の新車を見る (2017-12-20 10:00)

Posted by けいたん at 09:00 │撮影熊本熊本市電