2014年06月03日

熊本日帰り旅2014(#4)でんでんnimocaラッピングの市電

熊本市電では、今年3月28日より、ICカード『でんでんnimoca』を導入しました。
nimocaはもちろん、SUGOCAやはやかけん、Suicaなど全国各地のIC交通カードが利用できます。

4月の消費税増税以降も、市電の運賃は150円均一で据え置かれています。


そんな中、通町筋あたりで、でんでんnimocaラッピングの車両を見掛けました。
8200形の8201、しらかわ号に施されています。
水色の車体にnimocaのフェレット、くまモン、ひごまる君が描かれています。



目立つわけですが、反応はいまいちかな…(^^;
撮影時の運転士さん、女性でした。今後、増えてくるんでしょうね。

ところで、ラッピングの掲出期間はいつまでなんでしょう。
熊本市電は、よくわかりませんね。


8200形は、1982年に営業用車両としては、日本で初めてVVVFインバータを搭載した車両として、2編成が製造されました。
形式名は、1982年に製造されたことに由来するのだとか。(^^;

1983年に、鉄道友の会のローレル賞を受賞しています。



しかし、通町筋は熊本市の中心部とあって、交通量も人も多いです。
くれぐれも気を付けて撮影しましょう。(^^)



同じカテゴリー(熊本)の記事
 熊本市内を歩く(#5)森本襖表具材料店 (2017-10-14 10:00)
 今春復活した熊本市電の5014ABを見る (2017-08-14 10:00)
 熊本市電最古の1060形1063号を見る (2017-08-12 10:00)
 熊本城を見る2017(#10)熊本地震から2年目の夏(20170808) (2017-08-10 10:00)
 ユネスコ無形文化遺産登録記念イベントで九州5大祭りが集う!(#4)特別巡行_八代妙見祭 (2017-05-17 10:00)
 ユネスコ無形文化遺産登録記念イベントで九州5大祭りが集う!(#1)5大祭りの紹介 (2017-05-13 13:30)

Posted by けいたん at 09:00 │熊本熊本市電