2013年12月01日

博多駅前に実物大モデルの零戦!

今月21日から公開の映画『永遠の0』(原作は百田尚樹氏)の撮影で使われた零式艦上戦闘機(零戦)の実物大モデルが、博多駅前に展示されました。

機体は、設計図を基に造られたそうで、 全長10メートル、両翼幅12メートルあるそうです。
当時と同じ軽くて強いジュラルミンを材料に用いて、空気抵抗を減らす加工など細部も再現されたそうです。

多くの人が足を止めて、写真を撮ったりしていました。




展示は、今日まで!お早めに!(^^)


ド迫力ですー!(^^)






天気がよくて、もっといいところに展示されてもよかった気がしてならないです。(^^;


さて今日から12月!今年もいよいよ残りわずか!頑張りましょう!(^^)


◆関連リンク◆

映画『永遠の0』オフィシャルサイト



同じカテゴリー(イベント関連)の記事
 圧切長谷部(レプリカ)の刀身を見る (2017-09-04 10:00)
 ダイエー戦士だった井口資仁選手の引退 (2017-08-29 10:00)
 福岡城跡に幻の天守閣が現れた (2017-08-16 10:00)
 博多祇園山笠2017(#6)追い山!(2017715) (2017-07-15 15:00)
 博多祇園山笠2017(#5)集団山見せ(2017713) (2017-07-14 10:00)
 博多祇園山笠2017(#4)追い山ならし(2017712) (2017-07-13 10:00)