2013年08月04日

安国寺

天神の中心地から北のほう、渡辺通りと親富孝通りの間にあるお寺さんが、今回紹介する『安国寺』です。

慶長5年(1600年)に、豊前国から筑前国福岡藩初代藩主となった黒田長政が、豊前中津にあった安国寺の住持天翁のために寺を移したもの。
寛永12年(1635年)の火災で焼失してしまいましたが、福岡藩2代藩主・忠之の援助で再興されました。


山門は、高さ18.5メートル!で、寺の外から撮るには、一苦労するスケール!ここまで大きければ、目立たないわけがありません。
平成5年建造ということで、今年で20年!





山門の左右には、仁王像があって、こちらの高さは4.2メートル!と、こちらも西日本屈指の大きさ。
鳥の糞害防止のためワイヤーが張られていますが、下に僅かな隙間を発見。
罰当たりもそこそこに撮影できました。日頃は見ることがないアングルですね。

左側(西の方角)は、口を結んだ『吽形(うんぎょう)像」』。


右側(東の方角)は、口を開いた『阿形(あぎょう)像』。


ん?なにか気づきませんか?
万物の始まりと終わりを表す、阿吽の呼吸という言葉の語源にもなっているそうですね。


本堂
都会にあるとは思えない静かな時間が、ここには流れています。





平成19年には、鐘楼堂も建設され、天井には、龍が描かれています。
毎日午前11時に鳴らされているって、ご存じでしたか?3人がかりで撞くそうです。









天満宮…?調査不足です。





納骨堂?




福岡の医学の発展に尽力をした熊谷玄旦翁の墓碑、
母里家累世の墓碑、博多人情小話「飴買幽霊」の墓碑は、西の方角にあります。




安国寺は一部の月を除き、毎週座禅会を実施しているお寺さんでもあります。
心を鎮めにいくのにもいいかもしれません。


曹洞宗 安国寺
福岡市中央区天神3丁目14−4



同じカテゴリー(名所めぐり)の記事
 那の津往還と那の津幻想 (2017-06-27 10:00)
 熊本市内を歩く(#4)富重写真所 (2017-03-14 10:00)
 熊本市内を歩く(#3)西村邸 (2017-03-10 10:00)
 熊本市内を歩く(#2)味噌天神(201605) (2017-03-06 10:00)
 熊本市内を歩く(#1)上通アーケード・金龍堂まるぶん店のかっぱ像 (2017-02-24 10:00)
 親不孝通りの愛称復活へ! (2017-02-21 10:00)

Posted by けいたん at 09:00 │名所めぐり