2018年11月26日

熊本・後藤商店

11月16日夜のこと。
熊本市随一の繁華街の近く、熊本市電の西辛島町電停前に建っている「後藤商店」の建物が、火災で全焼してしまいました。
出火原因は調査中ですが、建物内は無人だったこともあり、幸いなことに怪我人はなしだったそう。

「後藤商店」はかつて、和洋金物などを取り扱う大商家で、全焼した建物は1919年築の木造2階建てで、2003年には熊本市の景観形成建造物に指定されていました。
店舗兼住宅として使われてきましたが、2016年の熊本地震で被災後、今年いっぱいまで修復・改修を行い、その後、貸しホールとして開放する予定だったそうです。

写真は熊本地震から1ヶ月後(2016年5月)の撮影。外壁の一部が剥がれたりしています。



ただただ、残念としか…

熊本地震で被災した古い建造物はいくつもあり、以前紹介した「森本襖表具材料店」のように、泣く泣く解体を余儀なくされた建造物も少なくありません。(その他、公費負担による解体は終了。)
この後藤商店の建物もまた、地震により被災していますが、辛うじて、修復・改修を進めているところでした。

建物は1919年に建てられていますが、1929年に市電開通のために曳屋が行われ、4間ほど移動したという経緯があります。
寄せ棟、平入りの木造2階建てで、瓦は代島屋の屋号が入った特注品だったそうです。
外壁について、かつては黒の漆喰塗りで、胴蛇腹、軒蛇腹があり、窓回りには洋風の意匠が見られていました。



後藤商店
熊本市中央区辛島町60  


Posted by けいたん at 10:00撮影地域情報熊本

2018年11月14日

福岡市長選に泣く子も黙る救世主が現る!?

んちゃ! ヽ(д )

何もネタがなくて更新が止まったのではありません。

クダラナイ言い訳はそっちのけ…

福岡市長選挙の投票日(11月18日)まで1週間を切りました。
いきなりですが、今回の市長選、過去と比べても盛り上がりに欠けていると思います。

というか、150万超えの政令市で、現職の高島市長と新人の神谷氏の一騎打ちです。
高島市長が初当選を果たした8年前の2010年は、当時の吉田市長も含め8人が立候補し、4年前の2014年は、高島市長と吉田前しら6人が立候補…そして、今回は現職と新人の2人のみ。隠し球となる候補者はなし。

市長は初日に小呂島と玄界島に渡られました。
また、2週間で市内の全校区を回れるように調整しているのだとか。

ですが、2人の公開討論会も予定もなしと、やっぱりイマイチです。




ところが……

どうした、福岡市ーー!!

ということでして、泣く子も黙る(かどうかは別して、)救世主が現れましたねぇ。

コマーシャルやポスターには、ウルトラマンとウルトラの母が起用されています。
(ウルトラの母は、JR博多シティ以来の約2年ぶりに福岡上陸となるんですなぁ。)




あなたの一票、ウルトラ大事!

その甲斐あって(?)、期日前投票を済ませた有権者は、前回比より増えているそうな。

しかし、円谷プロもあまりに緩すぎです。世代を超えて愛されるヒーローだからいいけどさぁ。誰が呼んだんだろう。




そして、もうひとつ。





……。

これは、なんですか!?

草を生やす※つもりかな?
(※ 笑い→warai…wを連打すると草に見えることからw)

投票前トレーニングと称しています。
筋トレしながら…体がガタガタになって、しまいには動けなくなって、投票所まで足を運べなくなってしまうのでは?w

例えば、これとか。

福岡市長選挙 投票前トレーニング STEP①足腰(大臀筋・大腿四頭筋)
http://youtu.be/jqyvZdYkKFw


しかし、このおにいちゃんは誰ね?わたしゃ、知らんたい。


…………

とにもかくにも、ここまでの高島市政を見返して、これからの4年間をどちらに任せるべきかを、票に投じるようにしましょう。

今回は、選挙権が18歳に引き下げになって初めての福岡市長選なので、若者がどう評価を下しているかも、出口調査では注目の的といえそうです。
期間限定ですが、期日前投票の投票所を市内の大学に設置したのも評価できます。